築12年のベルバーン外壁と築10年のサイディング外壁の検証

スポンサーリンク
外観について

今回はちょっとだけ商品紹介です

いつもはそこに主眼を置いてないので

ある意味お初かもしれません(笑)

 

塗り替え不要な外壁とか

ホンマに汚れにくいんかいな!?

 

絶対にそう思いますよね(^^;

私もそう思います(笑)

 

なので今回は築10年の我が家と

(サイディング)

 

築12年の先輩社員の家の汚れ具合を

(ベルバーン)

比較してみたいと思います

 

スポンサーリンク

ベルバーン外壁とは

比較にいくまえに

さらっとベルバーンについて説明します

あまりマニアックな話はしませんので(笑)

 

 

ベルバーンのラインナップも増えてきました

 

私が家を建てた頃は2~3種類程しかなく

金額も高額でした

 

なのでサイディングがメインでした

部分的にはるのがやっとという状況です

 

ですが採用率も増えてきて

工場のラインが安定してきたので

コストを抑えてご提案が可能になっています

 

いまではほぼ100%の採用率です

サイディングとの差額もわずかです

 

以下ベルバーンの特徴です

 

 

 

塗り替え不要

何といってもこれが一番のメリットです!!

塗り替え不要な外壁!!

まだ「ほんまかいな!!」がきこえてきます

 

なぜに塗り替えが不要なのか

一番分かりやすいイメージが

ツボや狸の置物の陶器です

 

釉薬を塗ってやいてつくっているので

陶器に似た素材や製法なのです

 

 

ツボを外に放置していても

汚れや色あせは少ないと思います

 

それと似たような感じです

 

 

 

 

狸の置物も同様です

釉薬を塗ってやいてあるので

色や汚れの劣化はしにくいです

 

汚れにくいのは間違いないです

 

 

 

汚れに強いと言えばタイルも連想されます

 

タイル単体で見ると陶器に近いですが

タイルをはっているのは接着剤です

 

重力に逆らって接着されていますし

タイルの隙間に紫外線もあたります

 

接着剤は火に弱いので

火災が発生するとタイルもはがれやすいです

 

つまり完璧な素材とは言えません

タイルがはがれた部分に

新たにはりなおすと色味も違います

 

 

 

 

続いて私も好きな吹付です

 

目地がないので新築時は美しいです

建築美を追求するならいい素材です

 

ですが粘弾性があがってきたとはいえ

軽微な震動を受け続けると

どうしてもひび割れ等が起きやすいです

 

小さな地震やトラックの震動

日々建物は踏ん張っています

 

ヒカキンに設計士の自宅は吹付です

実例紹介1 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウス
実例紹介シリーズ 記念すべき第一弾です🏠 (本日の実例テーマは) 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウスです🏠 小さな家で 豊かに暮らす 大手ハウスメーカーでも 2000万円台で...

 

 

 

新築時は綺麗でも経年劣化します

 

まさに我が家の吹付の塀です(^^;

10年でこの状態です

 

経年美化とは程遠いですね。。。

塗り替え費用が恐ろしい。。。

 

20年もたない気がします(^^;

 

 

 

個人的には焼杉板とか大好きです

 

味わいが増していく素材は素敵です

先人の方たちは本当にすごいと思います

 

メーカーが提供する住宅としては

こういった部材は使用できません

残念ですが我慢です(^^;

 

 

 

 

硬度が硬い

続いての特徴としましては

ベルバーン外壁は硬いです!!

 

どのくらい硬いかと言うと

 

 

釘よりも硬いのです

釘でガリガリやっても大丈夫です

 

それでも信じれない方は

展示場でガリガリしてみて下さい

サンプルが置いてあると思います

 

人力では中々傷つけれません

以上が大きな特徴となります

 

更には見た目の質感がいい感じなので

以下の部分で見ていきたいと思います

 

 

 

ベルバーン外壁の種類

随分と柄と色味が増えてきました

この調子で増えて欲しいです(笑)

 

柄ごとに見ていきましょう👀

 

スレンドボーダー

表面はツルっとした光沢感があります

とても人気のある柄になります

 

最近は黒い外壁もブームです

写真では黒く見えるかもですが

よぉく見ると真っ黒ではありません

 

この外壁を使った実例は以下の記事です

実例紹介編16 ピット畳スペースと階段下を有効活用した住まい
実例紹介編16邸目です!! 本日のお住まいは ピット畳スペースと 階段下を有効活用した住まい🏠です ピットリビングで フローリングのお住まいはありました 今回はそのフローリ...

 

実例紹介編11 軒の深いウッドデッキ空間のある極上の平屋
実例紹介編11邸目です🏠 今回は私の憧れでもある 平屋の素敵なお住まいです✨ 年とったら平屋がいいなぁ なんて思ってませんか? 今は20代~30代の方でも 沢山の方が平屋を建てられ...

 

実例紹介2 ウチとソトをかぎりなくつなげた 焼き鳥ハウス
実例紹介シリーズ 第一弾が終わりました🏠 皆様の参考になっているのでしょうか?? 迷わず第二弾です!!! 本日のお住まいは ウチとソトをかぎりなくつなげた 焼き鳥ハウス🍗です ...

 

実例紹介4 大きな吹き抜けとリビング階段で ZEH取得した住まい
実例紹介シリーズ🏠 第三弾まで終わりました 今回は第四弾です!! 今までと少し趣向を変えて 今回のテーマは 大きな吹き抜けと リビング階段で ZEH取得した住まいです ...

 

実例紹介編17 長さを広さに感じさせるシースルー階段のある住まい
コロナ自粛も解除になり ようやく写真撮影した分の 写真データをゲットできました ということで久々の実例紹介です!! 今回は人気校区での計画でしたので コストを抑える為にあえて細長い土地を ...

 

 

 

 

外壁サンプルだけでは小さいので

大きめの面で確認しましょう

実例を見に行くのが一番です👀

 

イメージと違うは許されない部分です

2択くらいまでしぼれたら

実際に使ってある建物を見に行きましょう

 

 

 

 

スティックボーダー

この柄も人気です

私もよく使っています

 

光沢感はあまりなく

細いラインが入っています

 

この柄を使っている実例は以下記事です

実例紹介編12 ドマニワのある開放的なコートハウス
実例紹介編12です!!! シリーズ1から 熟読頂いている方は 私が言いそうなことも 分かってきたのではないでしょうか 今回も同じ流れでいきます🏠 今回のお住まいは ドマニワの...

 

実例紹介5 多機能な土間スペースのある 軒長の白ハコ住宅
実例紹介シリーズ🏠 第四弾が終わりました 今回は第五弾です!! 今回の住宅は 多機能な土間スペースのある 軒長の白ハコ住宅です 昔の家には ふんだんに使われていた ...

 

実例紹介編12 ドマニワのある開放的なコートハウス
実例紹介編12です!!!シリーズ1から熟読頂いている方は私が言いそうなことも分かってきたのではないでしょうか今回も同じ流れでいきます🏠今回のお住まいはドマニワのある開放的なコートハウスですコートハウスとは塀や...

 

 

 

 

クラフトボーダー

続いてこの柄も人気です

ザラっとした質感が特徴です

色のバリエーションも豊富です

 

実例紹介6 大型分譲地に建っている 街の中で一番開放的な住まい
実例紹シリーズ 第五弾が終了しました まだまだ続きます!! それでは第六弾です🏠 今回のテーマは 大型分譲地に建つ 街の中で一番開放的な住まいです こ...

 

 

 

右側は新色です

赤みがかった色の外壁で珍しいです

あまり需要は無さげです(^^;

 

 

 

 

右側の濃い外壁もよく使います

完全な黒でもない程よい色の外壁です

汚れも目立ちにくいです

実例紹介編14 分譲地北東角地に建つ 明るく開放的な住まい
実例紹介14邸目です!! 今回のお住まいは 分譲地北東角地に建つ 明るく開放的な住まいです🏠 色々な土地は見てきましたが 北東角地は初めてですね🏠 今回はどんな建て方でしょ...

 

実例紹介編13 壁一面の吹き抜けとシースルー階段のある住まい
実例紹介編13作目です🏠 この原稿を書いている5月4日は 私の誕生日であります 別にどうということはないのですが 家族からよりいち早く 母からおめでとうのラインが(笑) これまで健...

 

 

 

 

クシビキボーダー

一番ツルっとした外壁です

個人的にはあまり好みではないです

 

つくられた光沢感というか何というか。。

陶器なら自然な感じがいいです

 

 

 

グレイスボーダー

左手の分がグレイスボーダーです

洋風な外観にする時にむいています

使用頻度はかなり少なめです

 

 

 

汚れ具合の比較

さぁいよいよ見ていきましょうか👀

 

結論からいくと我が家が汚れています

サイディングの完敗です

 

外壁交換してほしいです(笑)

 

 

 

サイディングは一般的にこんな感じですよね

 

光触媒やら何やらあります

多少はマシだとは思いますが

やはり限界を感じます

 

 

 

新築時はこんなに輝いていたのに(笑)

今は見るも無残です(^^;

 

軒がほぼ無いのも関係していそうですね

軒の出がもたらす住まいのゆたかさについて
今回は私が注目している 軒の出について語ります!! 建築する立場としては 重要視している軒の出ですが 家づくりを始めた方からすると 軒の出?くらいの感じが大体です(^^; でも軒の...

 

 

 

光の当たる東面と南面はまだましですが

北面と西面がやばい状況です(^^;

 

近くで見るとうっすらほこりがたまっています

 

 

 

 

外壁も気になるとこですが

吹付の塀の汚れも気になります

 

このままいっそグレーになって欲しい(笑)

 

 

 

 

外壁が白い場合のネックは目地汚れです

 

とくに10年前の仕様は

20年目にやりかえが必要なタイプです

 

今の仕様であれば30年目です

10年も違いがあります

 

 

 

窓まわりのシーリングも汚れています

この写真は10年点検時のドローンの分です

築10年をむかえるマイホームの10年点検をレポート
早いもので我が家も築10年です 新しい家建てたいです(笑) 今ならこの敷地に平屋建てます 外壁も違うのにします。。 床材も違うのにしたいです。。。 家を建ててみると色々思うものです そして...

 

 

 

一階と二階の間の目地も目立ちます

軒が長いとこのあたりもマシなはず

 

今なら軒の長い家にしたいなぁ。。。。

さんざん自宅を下げたところで

築12年のベルバーン宅を見ましょう

 

同じチームの先輩宅です

築12年のベルバーンのお住まい

 

どのくらいの感じか想像してみてください👀

さぁいきますよ!!!

 

この状態です!!!

 

2019年12月に撮影分の写真です

二世帯なので家が大きいのはありますが

それ以上に美しい佇まいです

 

まるで新築時のままのように見えます

軒の出効果+ベルバーン

外壁の色味も関係してそうですね

 

門柱も石ばりなので

先ほどの吹付とはエライ違いです

 

 

外壁の柄と色はこちらです

良い色合いですね

 

最近黒っぽい外壁が流行っているのは

こういった背景があります

 

まわりが田んぼや畑の場合

湿気等によってコケがつきます

 

北面の日当たりが悪い部分は

とても汚れやすいです

 

茶色や黒色であれば

そういった汚れは目立ちにくいです

 

パースを提案する際は

何も言われなかったら濃い色にします

 

それにしても衝撃です

そしてショックです(^^;

 

同じ会社の建物なのに

エライ違いです。。

 

家を建てる際の外壁は重要です

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

我が家をただただ落とす回になりました

ですがこれから家を建てる方には

同じ気持ちになってほしくありません

 

しっかりと軒の出をつくって

汚れに強い外壁にしましょう

 

もしくは愛着の湧く外壁

経年美化する外壁が理想です

新築時だけを考えずに

長い将来も考えましょう

 

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

プランの添削やアドバイス希望の方も
気軽にコメント下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    これからは動画も取り組みます!!

    コメント