注文住宅における契約から契約後の打ち合わせを経ての流れについて

スポンサーリンク
家づくりの流れ

今回は契約後にフォーカスをあてます

 

無事に契約はしたけども

これからどんな流れになるの??

契約後のコストアップは大丈夫かな?

 

まだまだ不安ですよね。。

 

この記事を書こうと思ったきっかけが

下のとあるツイートからです

 

 

 

確かによく考えてみたら

我々は当たり前の流れでしてますが

お客様からすると未知の世界です

今回はそんな裏側事情を発信します

 

ご興味ある方はご覧くださいm(__)m

 

スポンサーリンク

契約までの流れ

契約後にいきなり行く前に

契約までの流れをサラッとおさらいです

 

 

 

初回面談

家づくりを始めてから

まずは営業マンとのコンタクトからです

 

最近の出会いの方法は多岐に渡ります

  • 展示場へ行く
  • 資料請求を行う
  • 支店に問い合わせする
  • 知人等に紹介してもらう
  • イベントに参加する
  • 来場予約を行う
  • スーモ等の仲介媒体を利用する
  • YouTubeを通じて紹介してもらう
  • インスタ情報からコメントする

おそらくまだまだ方法はあります

 

昔であれば展示場だけでしたが

最近は展示場の来場数も激減しております

今後展示場営業は衰退していくでしょう

 

皆様にとって営業マンの存在は重要です

どのような出会い方が最適か考えましょう

 

私のお勧めはやはり紹介づたいです

 

 

家づくりの良し悪しの大半は営業マンによって決まることについて
今回は家づくりにおいて 「営業マンの役割は超重要!!」 という内容について語っていきます 自分自身が現役住宅営業マンです 自分が優秀だとは思いません(^^; こうあるべきだという気持ちを持ちなが...

 

 

 

 

ライフプラン

家ってどのくらいの金額がするのか

家づくりを始めた方にとっては

まるで未知数です

 

まずは自分達の総額から把握して

それに応じた建築会社に声掛けするのが

効率的な住まいづくりにつながります

 

坪単価100万円時代突入!?大手ハウスメーカーの坪単価について
今回の記事内容は 皆様がよく言われる坪単価です!! 我々業界人からすると 表現がややこしいので嫌です 何をもっての坪単価なのか。。 矩形が複雑だと高くなるし。。 お客様の仕様によって金額変...

 

 

 

 

実例案内+ニーズ調査

総額が大体把握できたならば

気になる会社の実例を見ましょう

 

展示場はいいようにつくってあるので

あまり参考になりません。。

 

現実的な実例をまず見学しましょう

そして自分達の要望を整理しましょう

 

10邸の展示場をまわるよりも3邸の好実例を体感した方がいい話
今回の記事は これから家づくりを始める方にとって とても重要な内容になります 建てる前にこの記事を見れてよかったです 家づくりをスタートされる方の殆どが 頑張って勉強するために展示場に行きます 知...

 

 

要望をうまく伝えるのも重要です

家づくりを成功させる為の上手な要望の伝え方
今回は家づくりを開始される方にとって 意外と重要な内容です そして殆どの人が全く意識はしない内容です 「家づくりの要望の上手な伝え方」 これは提案する我々にとっては とても感じるポイントです ...

 

 

 

要望を伝える前に

固定観念を無くすのも重要です

家づくりの固定観念を取っ払え!家づくりの当たりまえ体操
今回はちょっとコメディーなタイトル 家づくりの当たり前体操です!! 家づくりをしていると 色々な固定観念に襲われます そしてそのまま流されることが多いです これはお客様に限らず 提案する側...

 

 

 

 

プラン提案

いよいよプラン提案です

ここが一番の楽しみかもですね

 

ですがお客様のもっていきかたや

営業マンの進め方によっては

誰がプラン作成しているかは不明です

 

設計がプランをつくっているようにみせて

・営業が作成していることもあります

・実はプラン集のプランなこともあります

・きちんと設計士が作成してる場合もあります

・設計が打ち合わせに登場することもあります

 

 

 

契約までの間取り作成は誰が作成しているのかと意識すべき点
今回の記事は 私はすべての「注文住宅」というものは設計士さんとマンツーマンでやり取りして作っていくものだと思い込んでいた部分もあり、営業マンが間取りは衝撃でした。 その辺、誰かアンケ取ってまとめページ作ってくれると今後の家づくりされ...

 

 

 

 

仕様確認

プランが大体固まってきたら

今度は詳細な仕様確認です

 

ここを怠ってしまうと

契約後のコストアップに直結してしまいます

 

入念に慎重に確認しましょう

営業マンは契約優先で向かってきます

 

注文住宅の契約後に増額になりやすい項目ベスト10について
最近お問合せ内容にて 見積もり内容が適正かについて 質問されることがありました お客様の気持ちになれば 当然不安になる事項だと思います 全ての選択肢を知らない中で ・担当者が勧める仕様で本...

 

 

 

 

見積もり金額提示

仕様内容に納得ができたならば

最終の条件確認です

 

言った言わないの話にならないように

ここもきちんと確認しておきましょう

 

月末になればなるほど

営業マンの圧力も高まってきがちです

 

向こうのペースに乗ってしまわずに

冷静な判断をするようにしましょう

 

 

「今日決めてくれたらこれだけ値引きします」は大体ウソについて
一生にほぼ一度の住宅購入 「いつ」「どこ」と契約するか悩みます 慎重に考えようとします そんな時に営業マンから悪魔の囁きが。。 「今日決めてくれたら!! これだけ値引きします!!!」 今す...

 

 

 

 

ご契約

契約がゴールではありません

 

信用できる相手(パートナー)と

改めて家づくりのスタートです

 

その図面と見積もりが基準になります

そこからの変更内容に関しては

プラスにもマイナスにもなります

 

注文住宅の契約前に確認すべきポイントベスト10
今回の内容は家づくりをする方にとって とても重要なポイントです 注文住宅の契約前に 確認すべきポイントベスト10です!! 現役住宅営業マン目線なので 皆様が不安に思うポイントとは もしかし...

 

 

 

契約後の流れ

では本題の契約後の流れです

 

 

設計打ち合わせ

まずは確認申請を提出する為に

間取りの確定が最優先です

なので設計士が主体となります

 

契約前までは営業主体ですが

ここからは設計士が主体となります

  • プランの確定
  • 窓の大きさや高さの確認
  • 配置の確定
  • 収納の確認
  • 外観の確認

この辺りがまず行うことです

 

 

ここが煮詰まってきたら

  • コンセントやスイッチの確認
  • 外壁等の外装確認
  • 外構打ち合わせ

このような内容になっていきます

 

 

 

内装打ち合わせ

プランが一通り決まってきたら

今度は内装の話に移っていきます

  • 床材をまず決める
  • 扉の種類や色を決める
  • 壁材を決める
  • 設備を決める
  • 照明・カーテンを決める

このような流れになります

 

照明に関しては

意外と使わない照明をつけがちです

ご注意下さいm(__)m

 

家を建ててみると意外に使わなかった照明が多い部分について
今回は照明計画についてです 照明計画と言っても 今回は使わなくなりがちな照明についてです 家を建ててみると分かることがあります 「意外と使っていない照明がある」 これは家を建てた方であれ...

 

 

 

経過見積もり報告

色々と打ち合わせしていくと

その中で細々と+-が発生しています

 

そこで途中経過として

契約時からの見積もりと比較する為に

途中経過の見積もりをします

 

そこで大体のお客様が大爆発です(^^;

営業マンは大焦りです。。。

 

一旦決めた内容を見返しながら

本当にいるかどうか判断しましょう

 

 

 

最終確認打ち合わせ

契約後の見積もり内容に納得出来たら

最終の確認打ち合わせです

  • 決めた床材について
  • 決めた設備について
  • 決めた外装について
  • これからの工期について
  • 現場監督の紹介

この時点で決めた内容は

基本的には変更できません

 

これから工場に発注をかけて

お客様の部材をつくっていきます

 

途中で変更する場合は

実費が必要になることもあります

 

最後にお客様自信においても

図面内容を確認しておきましょう

今ならまだ間に合います!!

 

 

 

変更契約(着工合意)

全てに納得ができたならば

変更契約書をまきます

 

会社によっては

着工合意とも呼ぶみたいです

再度正式な書類を交わします

 

確定申告等にも必要なので

最初の契約書も含めて

大切に保管しましょう

 

もしも納得いってないことがあれば

ハンコを押さずに話し合いましょう

 

地鎮祭~着工

着工合意が済んだならば

大半の方が地鎮祭を行って

工事の安全を祈願します

 

あとは流れに沿って

工事が進んでいきます

 

当社基準でいくと

着工してから3ヵ月程で完成します

できる限り現場を見に行きましょう

 

 

 

よくあるトラブル

契約後によくあるトラブルについてです

契約後にトラブルが起こってしまうと

せっかくの信頼関係も崩れてしまいます

 

できる限り回避できるように

お互いが意識すべきです

 

 

 

契約後のコストアップ

一番よくあるトラブルです

 

契約後に増額幅が大きすぎて

お客様の納得を得ることができません

 

調子のいい契約をしてしまうと

・こんなはずじゃなかった

・これは含まれていると思っていた

これが積み重なってしまいます

 

そうならない為にも

契約前の確認をしっかりしましょう

 

注文住宅におけるコストダウンの方法20項目をご紹介
注文住宅の見積もりは お客様が見ても分かりにくいです こんな細かい項目の中から 何を削減していいか分からない😨 今日はそんな方の為に 私が日頃の営業活動において いつも意識しているポイント...

 

 

 

 

言った言わないの話

家づくりで一番多いクレームです

言った言わないの話が多いです

 

認識の違いから発展することもあります

こんなことで小競り合いになるのは嫌なので

打ち合わせの度に記録を残しておきましょう

 

毎回図面の写メを撮るだけでも違います

コマメに写メを撮る癖をつくりましょう

 

 

 

値引き条件の話

値引きには様々な条件があります

  • 着工時期による条件
  • 施工面積による条件
  • 選択している商品による条件
  • 実例見学会による条件
  • 契約のタイミングによる条件

等々色々な条件によります

 

契約後にその条件が外れると

金額条件が変わることもあります

 

契約前に確認しておきましょう

 

 

 

会社側の見落とし

あってはいけないことですが

人間の行う作業なので

実際にゼロではありません

 

会社側に非がある場合は

そこはきちんと話し合いましょう

 

納得いかない内容であれば

我慢せずに話し合うべきです

 

 

 

ローントラブル

家の契約が無事に済んだからといって

  • 車をローンで購入
  • リボ払いを沢山する
  • 他人の保証人になる

等々のことをしてしまうと

ローンの本承認をとれないことがあります

 

そうなってくると

せっかくの今までの時間が

お互い水の泡になってしまいます

 

 

 

外構計画について

外構計画が最も増額しがちです

 

契約前は建物に意識がいきがちです

営業マンも建物の契約に必死です

 

なので概算100万円~150万円で契約して

契約後に200万円~300万円になることは

珍しいことではありません

 

契約前にきちんと確認しておきましょう

 

外構工事において注意すべき点やおススメの部材について
今回の記事はお馴染みTwitter界の #家系ブログを盛り上げる会からのお題 「外構について」ふれていきたいと思います 以前にも何度かふれていますが 外構工事はとても大事なはずなのに 案外軽視さ...

 

 

 

 

値引き戻しについて

このルールに関しては

当社だけかもしれません

 

仮に3000万円の家に対して

3%の値引き(90万円)をした場合

 

契約後に2900万円に減額になった場合

その減額した100万円に対して

値引き戻しが発生します

100万円×3%=3万円

つまり値引き額は87万円になります

 

こういったことも知っていないと

トラブルのもとになってしまいます

 

 

気を付けるべき点

契約後のトラブルにならない為に

気を付けるべき点についてです

 

 

 

ローンの事前審査を早めに出す

家づくりにおいて

ローンの審査を後にまわしがちです

私自身も会社から指摘される事項です

 

まぁ大丈夫だろうという気持ちから

ついつい後回しになりがちです

 

何かの事情があって

万が一審査が通らなかった場合は

お互いの時間を無駄にすることになります

 

できる限り早いタイミングで

ローンの事前審査をだしましょう

 

 

 

契約前の外構内容確認

契約時は概算のことが多いです

注意すべき点として

  • イメージパースかどうか
  • どこまでの内容が含まれているか
  • 詳細な図面はあるか
  • 詳細見積もりはある

特に注意すべきは

提案されたイメージパースです

 

パースに全てモリモリに入っていても

じっさいの概算100万円には

その半分も含まれてないこともあります

 

家づくりにおいて重要な外構工事のポイント5選について
先日の記事において 照明計画の重要性を語りました 今回の内容も負けじと超重要です!! 「外構工事の重要ポイント5選」 私なりのポイントをまとめてみました お客様もメーカー側も 後回...

 

 

 

 

契約前の仕様確認

これに尽きると思います

 

契約前にいかに確認するかで

契約後の増額幅は変わります

 

理想は±0位が理想ですが

増額が100万以内におさまれば

まだいい方かと思います

 

200万円以上あがるようであれば

契約前の見立てと確認不足です

 

 

注文住宅の契約前に確認すべきポイントベスト10
今回の内容は家づくりをする方にとって とても重要なポイントです 注文住宅の契約前に 確認すべきポイントベスト10です!! 現役住宅営業マン目線なので 皆様が不安に思うポイントとは もしかし...

 

 

 

 

記録に残しておく

家づくりノートを一冊つくりましょう

 

計画時点から要望をまとめたり

毎回の打ち合わせの記録をつけましょう

 

打ち合わせ図面は毎回写真で残して

家づくりフォルダにまとめましょう

 

できる限りコマメに確認して

気付いた点は書き出しておきましょう

 

人間は忘れる生き物です

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

契約も大事ですし

契約後も大事な部分です

 

少しでもお互いの信頼が無くなると

その後の家づくりがぎこちないです

どうせなら気持ちよく家づくりしたいです

 

その為にはお互いの努力も必要です

確認と意思疎通を行いながら

着実に進めていきましょう

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

    コメント