吹き付け外壁とレンガを使って室内と室外をつなげた実例紹介

スポンサーリンク
実例を見たい

公式LINEをスタートしました!!

【登録無料特典】

①要望整理チェックシートプレゼント

②家づくり攻略動画無料配信

③家づくりの知識アップ&レベルチェックゲーム(ブログで学んだ知識で挑戦してみてね♪)

登録はコチラのボタンから

今回は実例紹介シリーズです!!

 

ハウスメーカーには珍しい

吹き付け外壁とレンガを外装材に使用

レンガは室内にも外構の塀にも使っています

 

もちろん意味があっての使用です

どういうことかによっては

少しずつ解説していきますので

最後までご覧くださいm(__)m

 

かっちょいいお住まいです♪

 

スポンサーリンク

計画概要

今回は土地から購入のご計画です

当初は利便性の良い

駅近辺からスタートしましたが

 

  • ご希望の土地の大きさ
  • 建物のボリューム
  • 総額を考慮

以上の理由から

少し範囲を広めて土地探しをしました

 

お客様だけで土地探しをしてしまうと

この辺りのバランスが悪くなりますので

できれば全体のイメージを伝えてから

プロと土地探しすることをお勧めします

 

土地探しは誰とどのようにすすめていくのがベストか
家づくりをすすめていくうえで 土地から探さないといけない方は多いです 土地をお持ちの方はうらやましいです✨ ですが土地を自分で決めれるということは 住んだ後の景色も自分で決めれるという事です 自...

 

 

 

比較的大きめの土地と建物が建ち並ぶ

閑静な住宅街でのご計画となりました

 

周囲には同じように建っているので

いかにして開放的な暮らしを実現するか

そこにフォーカスをあてました

 

住宅が建ち並んでいると

どうしても隣家が映り込みがちです

 

このあたりをクリアーしつつ

明るく開放的な暮らしが実現できると

豊かな住まいになると考えています

 

どのようにして実現していったのか

これから紹介していきます

 

外観内観紹介

今回は良い意味で当社らしくない

外観の雰囲気です

 

嬉しいエピソードとして

家づくりを検討中の方が

急にこの家にピンポンを押されて

 

「どこの会社で建てられたのですか?」

 

格好いい外観だったので

勇気を出してピンポンを押されたそうです

 

そんなこともあるんですね

これはつくり手としては

とても嬉しいエピソードです

 

それでは見ていきましょう👀

 

 

外観

メインを白の吹き付け外壁で

アクセントにレンガをはっています

 

本物のレンガなので

質感は超いい感じです

(お値段もいい感じでしたが(^^;)

 

コストダウンのお話も出ましたが

レンガの部分は残すことができました

ご採用頂いた施主様に感謝です

 

 

邸宅感のある寄棟の外観です

 

門柱や地窓を隠す為の塀にも

ふんだんにレンガをはっています

 

一番背の低い塀部分が

地窓を隠すための塀となっています

 

室内側から見ると

とてもいい感じなので

後ほどご紹介します

 

この塀の意味合いが分かります

(地味にいい仕事してます(笑))

 

 

植栽をチラ見しながら

超絶いい感じのレンガに向かって

一旦ぶちあたるアプローチです

 

玄関ポーチも邸宅感を出すために

通常よりもゆったり設けています

 

そしてこの期待感のまま

玄関もいい感じです

中に入っていきましょう!

 

 

 

 

玄関

玄関に入ると

外壁で使っていたレンガが!!

室内にもアクセントで使っています

 

ウォールナットの挽板と

相性も抜群です

 

タイルも普通にはるのは飽きたので

互い違いにずらしてはっています

個人的にはこの感じが好きです

 

 

土間収納は別でたっぷりあるので

よく使う靴はこちらの収納です

 

玄関に何か飾りたい方にとっては

カウンタータイプの収納がお勧めです

 

 

このオシャレな廊下!!

 

水回りへの通路ですが

途中に吹き抜けをつくっています

 

光が室内にバウンドして入ってきて

とてもやさしい明るさです

 

 

 

ここはケチらずに

吹き抜けの上までレンガをはってます

 

レンガの何とも言えない凹凸感

レンガの何とも言えない質感

 

とても上質な空間演出につながっています

やはり本物の素材感は最高です

 

 

天井までの扉を開けると

レンガがハコのように見えます

 

レンガを中心として

回遊性のある動線です

 

家づくりに失敗しない為の家事動線や生活動線を考えた間取り
今回の記事内容は 図面だけでは分かりにくいけど 住んでみたらよく分かることです 「生活動線・家事動線」について 動線は家づくりに大きな影響があります 少しでも皆様が意識できるように 実例を...

 

 

LDK

レンガを感じながら

LDKに入っていくと

中庭への大開口と

壁面にもレンガを使っています

 

中庭からの採光に加えて

吹き抜けからも光をとっています

 

 

中庭空間には

イペのウッドデッキをつなげています

 

室内の挽板の質感に負けないように

この辺りはコストをかけるべき点です

 

レンガや木の本物素材を使うと

樹脂タイプのデッキだとういてしまいます

 

外構でおススメなウッドデッキの種類や耐用年数と特徴について
今回の記事内容は 以前に購読者の方から 問い合わせを頂いていた内容で まだふれていない部分です 「ウッドデッキの種類と特徴」 これに関しては正解はないですし 大変奥が深い内容です ...

 

 

よぉ~く見て下さい👀

実は外構の塀にもレンガが!!

 

なんとも贅沢ですが

ここも実現したかったポイントです

(またまた施主様に感謝ですm(__)m)

 

少しでもコストダウンする為に

塀の反対側はレンガにしていません

 

そこはコンセプトに反しないので

やるべきコストダウンです

 

家づくりに失敗しない為のプランコンセプトを崩さない打ち合わせ
今回は提案する側が強く意識すること プランコンセプトについてです そもそもこれを意識せずに お客様の要望そのまんまの担当者は その時点でそこ止まりです。。。 優秀な設計士は 必ずコンセプト...

 

 

写真では分かりにくいですが

地窓ごしに低木や植栽が見えます

 

吹き抜けからは空も見えますと

「大地と空を感じれる空間」

 

それに加えて中庭があるので

とても贅沢なLDK空間です

 

しかもカーテンなくても過ごせるので

言うことありません!!

 

 

キッチンはコンロ部分と

作業台を分けたタイプです

 

飲み会やホームパーティーが好きなので

みんなでワイワイできるスタイルです

 

時にはバーのような感じで

奥様がママになって下さります

 

壁面には造作にて収納が並んでます

ガラリ部分にはエアコンも隠しています

 

収納扉の一部を開けると

奥に広いパントリーにつながります

 

外から見ただけでは

想像できない程の収納力です

 

 

お庭スペース

隣家の視線をかわした位置に

うまく中庭を設けています

 

視線がぶつかることはないので

隣家を気にせず暮らせます

 

ナイターBBQ等に備えて

窓の上にはスポットライトもあります

 

この辺りの外灯がないと

室内からお庭の奥行き感が

全く感じられなくなってしまいます

 

考え漏れしがちなので

しっかりと計画しましょう!!

 

家づくりにおいてあまり考えられない屋外照明(外灯)について
今回は屋外の照明についてです 室内側の照明計画については 提案する側も皆さまも一生懸命です そしてソトはノーマークになりがち。。 外構計画も後回しになりがち。。。 室内の照明計画を考える...

 

 

 

二階から見下ろした中庭です

 

こうやったお庭を感じれるのも

とても贅沢なことですね

 

足元まである窓なので

中庭を近くに感じれます

 

 

和室

 

リビングの反対側には

しっかりとした和室があります

 

来客が来られても泊まれます

プライベート空間と離しているので

落ち着いた和室となっています

 

 

反対面はアクセントにしています

 

隣家が建っている側は

地窓と障子にて

外部からの視線を遮っています

 

神棚が必要でしたので

壁面に設置しています

 

この辺りも忘れがちなので

打ち合わせ時点で考えておきましょう

 

 

二階スペース

階段を上がっていくと

先ほどの中庭が見える窓があります

 

足元まで窓がありますが

上の方だけ開けれるようになってます

通風もバッチリです!!

 

 

リビングにつながる吹き抜けは

二階のスペースとゆるくつながってます

 

腰壁の上には間接照明も

外から見た時は

腰壁で目線を遮ってくれます

 

吹き抜けは音が伝わるので

個室は別途しっかり設けています

 

以上で外観と内観紹介は終わりです

 

 

こだわりポイント

今回のお住まいにおいて

特にこだわったポイントです

 

 

レンガをつなげる

コストはかかりますが

室内のレンガと

中庭の塀にもレンガ

 

この素材がつながるのは

地味に大きな効果があります

 

 

写真では伝わりにくいかもですが

とても存在感と連続感があります

大きなコンセプトとなっています

 

分かりやすいように

工事中の写真も掲載します

 

 

中庭の塀にレンガをはる前です

 

普通ならこの状態です

これでも塀があるだけいいですが

せっかくなら!!という感じです

 

 

どう見ても一体的には見えません

 

我々玄人から見ると

惜しいなぁ~と思っちゃいいます(笑)

 

ついつい粗探ししてしまいます(^^;

職業病です。。。

 

家の中で一番気持ちいい場所・室内と室外をつなげるポイント5選
今回は気持ちいい場所特集です!! 「家の中にいて気持ちいと思える場所」 「家の中でソトを感じれる場所」 「ソトみたいなウチ」 「ウチみたいなソト」 こういった境界線が曖昧な居場所は とって...

 

 

カーテンのいらない暮らし

ここはいつも意識してるポイントですが

せっかく大開口をとっても

カーテン閉めっぱなしでは

全く意味のない窓です

 

そんな窓ならば

取らない方がマシ!?

断熱性も落ちるだけです

 

窓を取るのであれば

意味のある窓をとりましょう

 

 

隣家の建ち方や

窓の状況を把握するのも

家づくりにとって重要です

 

敷地を読み解ける者は

家づくりに成功できる人です

 

家づくりの要望を優先せず敷地を活かすために意識すべきポイント
今回はいつも口に出してましたが 意外と記事にしていなかった内容です 「敷地を活かした住まいづくり!!」 超重要なやつです!! 下手したら一番重要かもレベルです ということでこれから家づく...

 

吹き抜けと地窓

LDKの居心地を考えるうえで

地窓と吹き抜けがいい仕事しています

 

中庭だけでも十分ですが

道路面も視界は抜けています

 

こちらも利用できるならば

閉ざすのは勿体ないです

 

道路に建物は建ちません

生涯約束された抜けに対して

居心地アップを求めていきました

 

 

 

外から見ると

二階の大きな窓が不思議です

 

一体中がどうなっているのか

期待感も増幅します

 

低い塀の先に

地窓があるとも思いません

 

 

室内から見上げると

綺麗な空も見えます

(写真の角度では見えてませんがm(__)m)

 

大地や空が室内から感じれると

本当的に心地よいです

 

素材感へのこだわり

設計士が一番こだわったのは

レンガの素材感です

 

最初からこの部分だけは

ぶれていませんでした

 

提案初期の段階から

この素材だけは決まっていました

 

 

何度もコストの話になりました

レンガの話は何度もあがりました。。

 

ですがここが肝でしたので

何とか最後まできました

 

こうやって出来上がった建物を見ると

本当に価値のある素材感です

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

コンパクトな家が多い中

邸宅感のある実例でした

 

コンパクトにつくる場合と

また違ったポイントがあります

 

土地代金にお金が奪われると

ここまで建物にかけれてません

もちろんレンガも無いでしょう

 

どの部分にどこまでコストをかけるか

今回はその辺りが伝わると

この記事をつくった甲斐があります

 

ご協力頂いた施主様に

本当に感謝ですm(__)m

 

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

    家づくりとは関係ないですが

    ネットビジネスや副業に興味ある方は

    イケハヤさんのメルマガがお勧めです

    (私も勉強中です)
    メイン無料メルマガ

    コメント