いい家づくりをする為に施主が意識すべき力「施主力」について

スポンサーリンク
施主力

今回は超絶メンタル的なお話です

私が常日頃強く意識しているやつです

 

そう!!!

「施主力」についてです!!!

 

家づくりの成功には施主力は必須です

むしろこれさえあれば

家づくりは成功すると言っても

過言ではありません

 

そしてその施主力は高めることができます

 

そもそも施主力に定義はありませんが

私が常日頃意識していることを

思いつくまま書き出していきます

 

ご興味ある方

家づくりを成功させたい方はご覧下さい

 

スポンサーリンク

施主力とは

まずもって施主力ってなんぞや!?

 

あまり検索してもでてきません(笑)

なのでこれは私が思う施主力についてです

 

私がこの施主力を意識しだしたのが

私とよくコンペ受賞している設計士の一言

 

「家づくりは設計力だけではできない。昔は設計力だけでいいと思っていた。でも今はそうは思わない。営業力×設計力×施主力が必要だ」

 

この言葉が妙に納得しました

いつもコンペに入賞するのは同じコンビ

 

設計が偏るのは分かるのですが

なぜかその相棒である営業も同じなのです

(他の支店でも同じ現象が起こってます)

 

別にコンペ入賞≠いい家とは言いませんが

少なくとも何か関係はしていると思います

常識をこえた家づくりができてるはずです

 

その為にはこの3者の力を

合わせる必要性があります

 

そしてお客様と始まりから接している

営業が施主力を高める役割を担います

 

そこを意識して接するのと

意識せずに御用聞きになるのとでは

(契約の為だけに)

施主様の成長度合いも変わってきます

 

 

 

柔軟に考える力

更に抽象的になっていきます(笑)

施主力という言葉を分解して解説します

 

家づくりを柔軟に考える力が必要です

広く寛大な心持ちが必要です

 

家づくりは施主様が大金を払う立場です

失敗したくもありません

 

家づくりにおける営業マンとお客様の立ち位置と関係性について
今回の記事は家づくりにおいて 営業マンとお客様の立ち位置と 関係性についてです この記事を書こうと思ったきっかけが 私がTwitterで交流している ハイムオーナーの八郎さんのラジオです! ...

 

その焦りから守りに入りがちです

冒険する気持ちにはなりません

 

そんな条件下においても

柔軟に考える余裕が必要です

 

 

 

相手を信じる力

更に抽象的なのが続きます(笑)

 

家づくりは一方通行では無理です

相手を信じていないと

相手からも信用されません

 

相手を信じるにも勇気が必要です

この力が強ければ強い程

相手からもおもってもらえます

 

 

 

当たり前を無くせる力

家づくりは固定観念の連続です

 

昨今は情報が溢れている為に

知らず知らずの間に固定観念があります

  • バルコニーはあって当たり前
  • 畳はあって当たり前
  • 窓は南向き
  • 換気=窓だろう

等々言い出すときりがありません

 

そんな当たり前を疑う力が必要です

そこから新たな豊かさが生まれます

 

そしてそこで生まれた豊かさこそ

新しい暮らしとの遭遇です

新しい自分との出会いです

 

段々哲学的になってきました(笑)

 

 

 

楽しむ力

これも超重要です

「好きこそものの上手なれ」

私のことだと思っています(笑)

 

頭は悪いし不器用ですが

ただ単に家づくりが好きなだけ

 

ですがこの力が一番強いのです

人を成長させてくれるのです

 

同じように施主様が家づくりを楽しめたら

自然と家づくりの質が高まります

 

小難しく粗探しばかりしていると

小さな枠にとらわれた家づくりになります

 

 

 

まわりを巻き込む力

施主力の高い方というのは

自然とまわりを巻き込む力があります

 

1から100まで言わなくても

スタッフがその人の為に勝手に動きます

 

10までしかしなくていいところを

50まで頑張ってしまいます

 

それをいやいや行うのではなくて

自然としてもらえる能力です

 

狙ってすることではないですが

施主力の高い方は自然とこうなっています

 

 

 

 

寛大な心

家づくりを慎重になりすぎるが故に

視野が狭くなりがちです

 

粗探しをしがちです

マイナス面ばかり考えがちです

 

楽しいことや豊かなことを見つけずに

ネガティブな要素ばかり探しがちです

 

そこを取っ払う為には

寛大な心が必要です

 

「夏は暑いもの」

「冬は寒いもの」

 

ちょっと極端ですが

それくらいの寛大さが必要です

 

そこから生まれる豊かさがあるはずです

 

 

施主力の高め方

では施主力を高めていくためには

どんなことに気を付ければいいのか

 

これもただの私の持論です(笑)

何の根拠もありません(^^;

 

 

 

担当者の実例を見に行く

私が施主力を育てる時に

一番強く意識していること

 

それが私の担当物件を見に行くこと

これで8割は決まります

 

初対面の前座で何となくのニュアンスや

実例を見る際に意識してもらうことを伝えます

 

そこで伝えるべきは

家(モノ)を見るのではなくコト(物語)です

私とオーナー様との間にある

コト(物語)(信頼関係)を見て欲しいのです

 

そこにふれていると

自然と相手に対する信頼度合いも高まります

 

私も任せてもいいかしら

そんな気分になります

 

綺麗なオシャレな空間を見て欲しい

そんな気持ちは微塵もありません(笑)

 

それはどちらかというとついでです(笑)

なので要望通りの住まいを案内しません

 

よくある営業のパターンとして

お客様の要望を一生懸命聞き取りして

その要望に近い実例を探しがちです

 

想像通りの実例を探して見てもらっても

それ以上のものはうまれないと思います

 

そして自分の担当ではない

実例を案内しているので

コト(物語)もそこには存在しません

 

こういったプロセスの違いで

施主力の育ち方は大きく変わっています

 

私が担当する実例は他の営業とは違います

(全国には更にスゴイ猛者がいますが。。)

 

最初からお客様の要望が奇抜なのでなく

施主力を育てているかどうかの違いです

アプローチの仕方が違います

 

なので商品説明はほぼしてません(笑)

家づくりにおいて大事なコトを伝えてます

 

聞かれたら商品説明はします(^^;

10邸の展示場をまわるよりも3邸の好実例を体感した方がいい話
今回の記事は これから家づくりを始める方にとって とても重要な内容になります 建てる前にこの記事を見れてよかったです 家づくりをスタートされる方の殆どが 頑張って勉強するために展示場に行きます 知...

 

 

 

 

情報の取り方を考える

先ほどの話がほぼ全てなのですが

残り僅かに気を付けるべきとして

情報の収集の仕方と心構えです

 

昨今情報が溢れかえってます

自分の物差しや方向性がしっかりしないと

情報に流されてしまいます

 

不安をあおった情報や

失敗や後悔みたいなネガティブ情報に

のみこまれてしまいます。。。

 

ポジティブや楽しい情報も大事です

物事をネガティブな視点から入らずに

ポジティブな視点から入りましょう

 

 

「他人が住めない家」

めっちゃ深い言葉だと思いました

 

表面的な意味をひろうと大変ですが

その言葉の奥底にある意味をひろうと

今回のテーマにも通ずるものが。。。

 

何となく伝われば嬉しいです

 

 

 

施主力が高まる効果

住人十色にでてくる実例は

どれもこれもぶっ飛んでます

施主力が相当高い物件が多いです

 

それはなぜかと言うと

殆どが建築家が建てた自邸だからです

 

色々な住まいをてがけてきた建築家

施主力が究極に高まった施主

そんな施主だからこそできる住まいです

 

勿論中には普通にすごい人もいますが

大体がなにがしかの要因があります

 

施主力が高まった時に

どんなことが可能になるか

過去の記事をふまえて紹介します

 

気になる記事だけ見て下さい

 

 

 

玄関という概念を無くす

間取りを考えていくうえで廊下と玄関をどう考えるかについて
今回は間取りを考えていて思うコト 「玄関とか廊下という概念について」 この部分に対する考え方が 入社した15年前と激変しました 家を建てた10年前と変化しました 10年前の私は玄関という概念があ...

 

 

 

部屋という概念を無くす

間取りを考えるうえで子供部屋の取り方をどうするかについて
今回の記事内容は 子供部屋についてです!! これに関しては答えはありません 価値観と考え方と教育観によります 自分が育ってきた環境も大きいでしょうか 我々大人が思っている以上に 心配してい...

 

 

 

バルコニーという概念を無くす

最近話題のバルコニーは取るべきか取らないべきか
今回の記事は 最近ユーチューブで話題の バルコニーを取るか取らないかです!! 私がチャンネル登録している方々で バルコニーについて発信されているのが ほぼ100%です 私自身こんな...

 

 

 

大きさで物事をとらえなくなる

実例紹介3 悪条件の旗竿地に建つ 90㎡の明るく豊かな住まい
実例紹介シリーズ 第二弾が終了しました 承諾頂いた実例を 可能な限りご紹介していきます🏠 では早速第三弾です!!! 今日のテーマは 旗竿地という 悪条件の敷地において ...

 

LDKの畳数だけ広くしても豊かな住まいにはならない事について
先日お客様を実例案内してきました 34坪の建売 33坪の北向きの家 30坪の二階水まわりの家 29坪の二階水まわりの中庭の家 27坪の旗竿地の中庭の家 建売はダメな例としてあえてです(笑) ...

 

 

 

南という固定観念がなくなる

建ててみて分かった意外とメリットが沢山ある北庭について
今回の記事は意外と盲点なポイントです 庭=南側☀ そんなイメージをお持ちじゃないですか? 北側=暗い 北側=ジメジメしている こんなイメージも連想されるかと思います 当たっている部分もあり...

 

南向き=窓は間違っている! 家づくりにおいて大事な窓の取り方
今回の記事は窓の取り方についてです 以前に書いた家づくりにおいて大事なコト ポイント11の中に入っていた項目です 窓について深くふれてなかったので 今回はフォーカスあてていきます 中々有...

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

とりとめもない私の持論に

最後までお付き合い頂き

本当にありがとうございます

 

これから住まいづくりされる方は

是非とも意識してみて下さい

 

そしてそれを高めてくれるパートナーを

見つけ出して下さい

 

家づくりは誰か一人だけの力では無理です

 

営業力×設計力×施主力=∞ が重要です

 

9月5日(土)19時~

家づくり動画を配信予定です

 

ブログを熟読頂いている方からすると

復習みたいな感じで見てもらえたらと思います

 

チャンネルに関してはラジオを継承して

ファンタジスタ藤本のカモナマイハウスです

 

色々な非難がくることは覚悟のうえです(笑)

いつかこの名前が恥ずかしくない日がくるまで

私は情報発信し続けたいと誓いました!!

 

ブログを読んで下さっている皆様

応援よろしくお願い致しますm(__)m

 

 

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

    コメント