建物の延べ床面積と叶えれる部屋数や間取りや金額について

スポンサーリンク
家の金額

家づくりを始めるにあたって

どのくらいの家の大きさが必要なのか

 

家族それぞれによって違いますが

まったくイメージが湧かないことです

 

最初にお話しをしたお客様は

大体が理想と現実に乖離があります

 

今回はそういった方にとって

大きさや金額の目安になるように

記事としてまとめたいと思います

 

あくまで大手ハウスメーカー金額です

 

ローコストビルダーでいくと

更に500万円以上は安くなると思います

その位の感覚で見て下さい👀

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

まずもって

皆様が最初に思い描く家を建てると

大体が予算オーバーになるか

坪単価100万円時代突入!?大手ハウスメーカーの坪単価について
今回の記事内容は 皆様がよく言われる坪単価です!! 我々業界人からすると 表現がややこしいので嫌です 何をもっての坪単価なのか。。 矩形が複雑だと高くなるし。。 お客様の仕様によって金額変...

 

 

コスパの悪い建て方になります

お客様のご要望をそのまま間取りにしていくとコスパが悪い建て方になる
今回は家づくりのコスパについてです 大体の方が予算オーバーになってしまいます ご要望をそのまま形にすると コスパの悪い建て方になります ほぼ100%予算オーバーになります。。 ・なので何かを変化...

 

 

まずはそうなんだということを念頭において

自分達の住まい方にとって

 

何がマストで

何がベターかをまとめてみましょう

 

 

 

・これは絶対無いと困るもの

・できれば欲しいというレベルのもの

 

「どちらかというとあった方がいい」を

全部取り入れるのは得策ではありません

 

 

 

延べ床面積の参考

では大きさ別での参考です

 

どんなことができるかと

金額の目安を示します

 

ここでいう金額の目安には

  • 太陽光4kw含む
  • 床は挽板
  • オール電化仕様
  • 床暖房無し
  • キッチン概算100万程
  • 照明カーテン概算50万程
  • 基礎補強別途
  • 蓄電池別途
  • 一般的な間取り
  • 税抜きの金額目安

以上のざっくりした条件での話です

 

実際のところは

そのプラン毎に金額は変わってきます

 

 

 

 

~80㎡(24坪以下)

土地が狭小地の場合や

コスト的に抑えたい時や

そもそも大きな家がいらないという人

そういった場合はこの位のボリュームです

 

この大きさで成立させようとすると

普通の考え方では無理です

  • 何かを兼ねることが必要
  • 平面的な広さだけではしんどい
  • 柔軟な考え方が必要
  • 提案者のレベルが求められる
  • 要望を極限まで集約する

みたいなことが必要になります

 

ですがやりがいのあるボリュームです

コンパクトな中に

いかに豊かさを演出するか

 

提案する側の手腕と

住まい手のレベルが最も求めれらます

 

コスト的には

ハウスメーカーにおいても

2500万円前後の金額が可能です

(それでも高いか(^^;)

 

 

 

 

90㎡~100㎡(30坪弱)

私が一番大好きなゾーンです

 

家は30坪位がちょうどいいと思ってます

家族3人~4人にとって

適度なボリューム感です

これ以上必要ない感じが◎です

 

ただしこのボリュームでいく場合も

お客様の一般的な要望は全て入りません

 

このボリュームで豊かに住まうには

何らかの柔軟な発想は必要です

  • 畳コーナーをあきらめる
  • 二階水まわりも検討する
  • 二階リビングも検討する
  • 居室はコンパクトにする
  • 吹き抜けも活用する

等々のゆるーい考え方は必要です

 

一般的な要望をつめこむと

30坪ではまずおさまりません

 

もしもおさまったとしたら

とても窮屈な30坪の家になっています

 

柔軟に考えれたら

30坪でも快適な住まいは可能です

 

価格的には

2800万円~3100万円程です

(仕様によりますが)

 

 

 

105㎡~110㎡(30坪ちょい)

最近他の担当者は一番多いゾーンです

先ほどのよくある要望

  • 畳コーナーが欲しい
  • 水まわりは一階がいい
  • LDK20畳欲しい
  • 土間収納が欲しい

みたいな要望を全て無理矢理つめこむと

このくらいのボリュームになります

 

ここで注意すべきは

要望を叶える為の住まいにならないことです

  • 敷地を活かした住まいになっているか
  • 部屋数だけ増えてないか?
  • 結局よくいる居場所は窮屈でないか?
  • 居場所同士がつながっているか?

上記を注意しないと

坪数の割に大きく感じない

坪数の割に窮屈に感じます

 

このゾーンの価格帯で

3100万円~3400万円位のイメージです

 

 

 

 

110㎡~120㎡(33坪~36坪)

昔はこのボリュームが多かったですが

最近は家の単価の高騰から

先ほどのボリュームにダウンしています

 

36坪位の大きさになると

廊下を取って和室をつくったり

ちょっとした無駄をとったとしても

成立するボリュームになります

 

おそらく大体の要望を叶えれます

ですが下手につくってしまうと

何の特徴もない4LDKになる可能性も。。

 

いい値段するけどそんなに豊かでもない

そんな住まいになる可能性も高いです

 

ちゃんとした明確な理由のある

36坪の住まいであれば大丈夫です

 

とりあえず必要そうだから

この部屋とっておこうみたいな36坪だと

そんな効果的ではないかもです

 

このボリュームの価格帯は

3400万円~3700万円位が多いです

 

 

 

 

120㎡~130㎡(36坪~40坪)

ここまでくると

色々なゆとりを持っていけます

  • ちょっと玄関をゆったりとってみたり
  • LDKをかなり大きくとってみたり
  • ステージスペースをとってみたり
  • ピットリビングにしてみたり
  • 書斎を別でとったり
  • 独立した和室を設けたり
  • 一階に居室を一つもってきたり

色々な選択肢の幅が増えてきます

 

ですがこの大きさに甘えてつくると

同じく大きさの割に居心地は普通

みたいな住まいにもなりがちです

 

このゾーンの価格帯は

3700万円~4000万円程です

 

 

 

 

130㎡~(40坪以上)

これ以上はケースとしては少ないです

 

大体が土地から購入される方なので

40坪以上の大きさの家になりません

  • 元々の土地がある
  • 建て替えである
  • 親と同居する
  • 二世帯住宅
  • 店舗併用
  • お金持ちの方
  • 実家が大きい
  • 親から援助がある

みたいな方のことが多いです

 

ここからは4000万円~です

基本的に家が大きくなればなるほど

坪単価的には安くなってきます

(設備等の占める割合が大きいから)

 

 

 

大きさに対する考え

大きさに対しては常に向き合っています

 

大手メーカーで高くなければ

ここまで大きさと向き合えてないです

 

もしもローコストで働いていたら

甘えて大きく提案したり

部屋数もとりあえずとるでしょう

 

ですがそれが最善とは思っていません

今は大きさと向き合うことができて

本当に良かったと思っています

 

 

 

大きいからいいってもんじゃない

プランを考える際に意識していることが

  • 間取りは居場所を考えることである
  • 間取りは居場所同士のつながり
  • 居場所同士をいかにつなげるか
  • 居心地のいい空間とは
  • 本当に居心地のいい大きさとは
  • 居心地のいい高さとは
  • プランだけでなくソトとのつながり
  • 光の入り方
  • 隣家との関係性
  • 開口部の取り方

大きさや畳数だけにとらわれると

まず失敗すると思います

 

そしてそこしか考えてくれない担当は

表面上しか見えてないと思います

 

大きさ以上に大事なコトや

考えるべきことは山ほどあります

 

大きさを叶える為の家づくりは

豊かな住まいとは直結しません

 

 

 

小さな家は豊かである

  • 天井高までのサッシが使える
  • 動線が良い
  • 建築費が安い
  • 冷暖房効率が良い
  • 内外のメンテナンス費が安い
  • 質にお金を投資できる
  • 掃除が楽チン
  • 敷地にゆとりができる
  • 家族のつながりが増す
  • とにかくコスパがいい
  • まちに対して圧迫感がない
  • 隣家の日当たりが良くなる
  • ミニマムな暮らし方になる

小さいというとネガティブに聞こえますが

小さく建てることには

とてもメリットがあります

 

伊礼智の「小さな家」70のレシピを読んで実例に活かせるコト
今回は少し違ったコンテンツです 私自身が勉強の為に読んだ本の紹介です 伊礼智の「小さな家」70のレシピ エックスナレッジムック / 伊礼智 【ムック】 価格:2,420円 (2020/5/21 08:27時点...

 

 

大体の方が限りある予算です

大きさにお金をかけるのか

質や豊かさにお金をかけるのか

価値観は人それぞれです

 

家づくりにおいて限られた予算をどの部分にコストをかけるべきか
家づくりにおいて予算は限られています (ほぼ大半の方が) その限られた予算をどこにあてるべきか 皆様も非常に悩まれる項目かと思います 我々も同じくとても悩む項目です 生活や住まい方を豊かにする為...

 

 

 

 

実例紹介

大きさ別の実例紹介です

 

他の担当者に比べて

私は圧倒的に30坪以下が多いです(笑)

 

それはなぜかと言うと

大きさにお金をかけたくないからです

  • その分外構工事にお金をかける
  • 床材等の素材にお金をかける
  • 内装の装飾にお金をかける

等々生活の質を高める為にです

 

なので他の担当者と

結局の総額は変わらないかもですが

「かけどころ」が違います

 

豊かな家への考え方の違いです

 

 

 

19坪の住まい(必見!!)

21坪の狭小地に建つ延床面積19坪の豊かな住まい「無床の家」
今回の実例紹介はぶっ飛びです!! 私がスゴイわけでもなんでもないですが 当社スタッフには怪物が沢山います(笑) 私が今も辞めずに楽しめているのは こんなスゴイ人たちのおかげです 今回のお...

 

 

 

24坪の住まい

実例紹介1 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウス
実例紹介シリーズ 記念すべき第一弾です🏠 (本日の実例テーマは) 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウスです🏠 小さな家で 豊かに暮らす 大手ハウスメーカーでも 2000万円台で...

 

 

 

 

27坪の住まい

実例紹介3 悪条件の旗竿地に建つ 90㎡の明るく豊かな住まい
実例紹介シリーズ 第二弾が終了しました 承諾頂いた実例を 可能な限りご紹介していきます🏠 では早速第三弾です!!! 今日のテーマは 旗竿地という 悪条件の敷地において ...

 

 

 

 

30坪弱の住まい

40坪の土地に建つ小さな中庭をつなげて最大限に豊かに住まう家
今回は実例紹介です!! 40坪のコンパクトな土地に建つ 小さな中庭のある30坪未満の建物です 決して大きな土地ではなく 建物も大きくはありません ですが豊かに住まう為の工夫が満載です ...

 

実例紹介編12 ドマニワのある開放的なコートハウス
実例紹介編12です!!! シリーズ1から 熟読頂いている方は 私が言いそうなことも 分かってきたのではないでしょうか 今回も同じ流れでいきます🏠 今回のお住まいは ドマニワの...

 

実例紹介5 多機能な土間スペースのある 軒長の白ハコ住宅
実例紹介シリーズ🏠 第四弾が終わりました 今回は第五弾です!! 今回の住宅は 多機能な土間スペースのある 軒長の白ハコ住宅です 昔の家には ふんだんに使われていた ...

 

 

 

37坪の我が家

えらそうに言っておきながら

我が家は37坪もあります(^^;

 

だからこそ失敗しました

今建てるならば

絶対に30坪以下にします。。。

 

我が家は一階と二階が分断されてますし

使ってない部屋もあります

無駄な廊下もあります

 

結局のところ

考え抜いた30坪よりも

家中を活用できていません

 

そこを皆様にも伝えたいのです。。

 

住宅営業マンの自宅紹介 ディテール(デザイン)編
先日の記事をご覧の皆様から Twitterのコメントにて ・スタイリッシュですね ・オシャレですね というコメントを頂きました ありがとうございますm(__)m オシャレでスタイリッシュな空間の為に ...

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

家の大きさについて

少しは参考になったでしょうか

 

決して小さい家にしなさいとは言ってません

でも本当の豊かさとは向き合って欲しいです

間取りを居場所と考えてもらいたいです

 

日頃皆様が居心地いいと感じる場所

家族が自然と集まる空間

家族が楽しめる場所

家族同士の気配がつながる感じ

 

大きさよりもそこを重視してほしいです

自然と豊かな住まいになると思います

 

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

 

お問い合わせはコチラ

    コメント