公式LINEで家づくり攻略動画とチェックシートを無料プレゼント!

自宅積水ハウスの10年点検を終えての報告書内容について

少し前に10年点検を終えました  。 報告書にまとめますと聞いていましたが その書類が先日届きました。

 「10年点検の報告書について」  

せっかくの情報ですので 皆様にも発信しようと思います。   地味な内容ですので ご興味ある方だけご覧下さいm(__)m    

目次

10年点検について

点検口まわりの荷物の事前整理

今回点検してらった場所は

  • 床下点検口→階段下収納
  • 天井点検口→WIC

普段は点検口を見ることもないので どこに点検口があるか忘れるレベルです 。

 点検当日までボーっとしていたので 点検口まわりが荷物だらけでした(^^;  

スタッフの方が来られてから 慌てて物をのける状況になってしまいました 。  事前に整理しておきましょうm(__)m  

 

点検口まわりの事前掃除

先ほどの内容にリンクしますが 点検口にもぐってもらいます。   点検口の中はどうしようもないですが そのまわりはホコリがたまっていました 。

 点検してもらう人に申し訳ないのと お恥ずかしい気持ちで一杯です(^^;  

事前整理のついでにお掃除しましょう      

 

聞きたい質問をまとめておくべき

日頃生活をしている上で 気になることが多々でてきます 。  いざ定期点検を迎えると 普段気になるポイントが吹っ飛びます。

  せっかく来てもらうタイミングなので その時に見てもらえるようにしましょう  。 そうい言いながらも 私自身が今回忘れていました(^^;

  自分に言い聞かせる意味でのアドバイスです  。

 

報告書の項目について

実際の報告書をもとに書いていきます。

  他社さんがどのような仕組みか不明なので これが普通なのかどうか分かりません

  ですが印象としては安心できる書類です。

 将来的にトラブルにならないように この書類を残しておけば安心です  

仮に家を売却する際も 次に住む方が安心できる書類になります。

 

床下点検について

床下点検項目

  • カビがあるかないか
  • 腐朽or菌糸があるかどうか
  • シロアリの被害があるかどうか
  • 床下の温度や湿度がどうか
  • 害虫の有無

上記の内容がチェックされていました。   どれもあればショッキングな内容です。。 今回は全て該当無しでした!!

 

       

普段もぐることのない床下です。

  湿気対策の土間コンがあるおかげで 10年経っても綺麗なまんまです。   昔の家は土の状態でしたので 今よりもっと不安になりますね 。

 最近は根太や束(写真に見えてるやつ)も 鋼製になっています 。  だからこそ防蟻処理を行うかどうか。。 とても迷うところではあります。。。 我が家よりもっと食べやすい家はあるはず。

 

外装部材の点検について

つづいて外装まわりです

  • 外壁やサッシまわり
  • 目地の劣化具合や切れていないか
  • 屋根上に異常がないか

上記についてチェックしていきます

 

   

換気口まわりは異常なしです

 

       

太陽光をこんな角度から見ることがないので とても新鮮です👀   どうやって撮影しているかと言うと

 

     

最先端技術のドローンが登場です。   ヘリコプターのような音がしてました 昔は脚立で登っていたようです。

 

        

一般のサイディングなのと色が白いのと 今より塗装のレベルが低いので 目地も外壁も汚れています(^^;   特に排気口まわりはやばめです。。

今建てるなら白い外壁はしません。。

 

       

10年前の仕様の目地と言えば 20年後にメンテナンスが必要です。   今建てる方の仕様と言えば 30年後で大丈夫なのです 。

 家の単価はあがっていってますが メンテナンスや初期保証は充実しています。

あわせて読みたい
大手ハウスメーカーのメンテナンス費用はいくらみておけばいいか 今回の記事は 家づくりの計画段階では 忘れがちだけど大事なお話です   メンテナンス費用の現状について お伝えしていきます   将来のことを何も考えずに 住...

 

小屋裏点検について

点検自体は点検口を開けて カメラでチェックする方法でした。   小屋裏にあがるわけではありません。

 

    

雨漏れもなくキレイ状態です 。  少しでも雨漏れがあれば この状態で分かるそうです。

  室内まで影響あるレベルまでくると かなりの進捗状況な感じです。   コウモリ等の生き物が入る場合も 意外とけっこうあるそうです。

 

バルコニー清掃について

これが一番衝撃映像でした(^^;   汚いとは思っていましたが まさかここまでとは。。。   10年間めくって掃除していません。。 皆さんしているのでしょうか。。

 

       

これがそのショッキング映像です(^^;   樹脂タイルの下がとんでもないことに。。 気持ちいいくらいに汚れがとれました(笑)

  シートを15,000円ではりかえてもらいました 。これからは年に一度位は掃除しないと。。   次建てるなら そもそもバルコニーは取りませんが。。。

あわせて読みたい
バルコニーを取らなくても意外な場所が布団干し場になる現実 今回の記事内容は ちょっとニッチなお話です   【布団干しをどこでどのようにするか】   実際に生活が始まると バルコニー以外で行うことが多いのです  ...

 

総まとめ報告

 

チェック項目の総評になります 。

 ここで要補修ヵ所があった場合は 有償の補修工事となります。   今建てる方の保証基準は 初期保証が30年なので安心です 。

 私が建てた頃の仕様は 20年保証ですが10年目の点検の際に 補修が必要な所があった場合は有償です。   条件付きの20年保証ですね 。

 この辺りも会社によって 「30年保証です!!」 そう言いながら20年目に有償補修が条件に。。   そんな会社さんも多いので要注意です。

 

       

住宅履歴関連書類と図面リストです 。  お客様が原本保管している書類と 会社が写しを保管している書類です。

  お引渡し後のオーナー様より こんな書類はありますか? そういった質問がたまにあります。

  当時書類をもらっていないのでは? そういう話になってきた際に こういった書類は大変助かります。

  住宅業界は言った言わないが多いです できるだけ履歴書類や写真に残しましょう。

 

       

10年後~20年後~30年後のメンテ計画です 。

 無計画にお金を管理するのではなくて これを参考にしておきましょう。

  20年後にこのくらいの費用が必要 30年後にはこのくらいの費用が必要 20年後は子供に学費がかかるからとか 資産背景を念頭においておきましょう。  

 

過去の点検補修履歴について

  過去の点検や補修内容の履歴です。 こういった履歴も助かります 。  もし私が死んでしまっても 受け継ぐ子供達も理解できます。

  中古住宅として購入した方にとっても 安心できる材料となります      

 

まとめ

いかがでしたでしょうか 。

 家を建てる前の状態で このような事を意識できると違います  

私はイメージできてませんでした(^^; 住んでから建ててから分かることばかり 。  建てる前から分かっていたら。。。

おそらく全く違う家になってます(笑)  

家を建てる前に考えるべき大事なコト

  • メンテのサイクルと費用について
  • 保証内容について
  • 貯金計画について
  • 経年美化について
  • 愛着の湧く素材感について
  • 軒の重要性について
  • 外構の重要性について

 

【私のブログや動画に共感頂ける皆様へ】

これから家づくりされる方で

ファンタジスタのサポートを受けたい!!

良い担当者や建築会社を紹介して欲しい!!

 

そう思って下さる方は

下記リンクより詳細をご覧下さいm(_ _)m

画期的な仕組みを作りました!!

ファンタジスタ藤本と担当者探し&...
ファンタジスタ藤本と担当者探し&家づくり 元大手ハウスメーカー住宅営業マン【ファンタジスタと担当者探し&家づくり】ただ単に紹介するだけではいい家づくりにならない!?自分自身も家づくりに携わりたい!!そんな思...

 

ブログランキングにも参加してます!!

応援がてらにポチッと押してね

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる