大手ハウスメーカーのメンテナンス費用はいくらみておけばいいか

スポンサーリンク
メンテナンス

今回の記事は

家づくりの計画段階では

忘れがちだけど大事なお話です

 

メンテナンス費用の現状について

お伝えしていきます

 

将来のことを何も考えずに

住宅ローンの支払いだけをしていると

10年後~20年後~30年後位になって

家のメンテナンスに400万円😨

 

そんなお金かかると思ってなかったし。。

そんなお金どこにも無いんだけど。。

 

みたいなことにならないように

どの項目に何年後にどのくらいかかるのか

その辺りをお伝えしていきます

 

これをしっかりおさえていれば

将来その時が訪れたとしても

落ち着いて支払いできるでしょう

 

家づくりに置いてとても大事なコトですので

勉強しておきましょう

 

スポンサーリンク

一般住宅のメンテナンス費用

一般的な住宅でよく言われるのが

30年間で400万円位

というのをよく見かけます

 

これに関してはどこでどんな仕様で建てたか

初期保証が何年あるのか

 

もっと費用がかかる場合も

かからない場合もあります

 

現在検討されている会社さんに

できるだけ詳しく確認下さい

 

初期保証とメンテナンス費用は大事です

営業マンは口だけでごまかしがちなので

資料としてもらっておくのがおススメです

 

 

 

メンテナンス費用と項目

今回説明するメンテナンス費用のモデル

  • 30坪台の総二階の木造住宅
  • 外壁ベルバーン(塗り替え不要)
  • バルコニー有り
  • 屋根はカラーベスト
  • 給湯器等の設備は考慮しないとする
  • 初期保証30年間あり

以上の条件としてのデータです

 

 

 

各お客様のプラン毎に

添付のようなメンテナンスプログラムを作成

間取りや仕様や大きさによって金額は様々です

 

ではどんな項目が

どれくらい経ったらメンテが必要なのか

大きい部分を見ていきましょう

 

 

 

これだけの主要項目があります

給湯器やキッチン等の設備は別です

 

 

 

10年目に必要な項目と費用

・防蟻処理(ぼうぎしょり)13万円

シロアリ対策のことです

そしてこれに関しては任意です

 

私自身ももうすぐ10年を迎えるので

防蟻処理を行うかどうか悩み中です。。

私の先輩はしなかったそうです

 

10年目にこれを行えば

10年保証が延長されます

20年目に行えば

更に10年保証が延長されます

 

これが家が存続する限り続いていきます

この費用は基礎の大きさに応じて変わります

 

注意する点としては

中小以下のビルダーさんの場合は

5年ごとに必要な場合が多いです

 

30年で保証がきれるところもあります

5年ごとに13万円なのか

10年ごとに13万円なのかは

地味に大きい差ですので確認下さい

(契約書の約款にも記載あります)

 

心構えがあるのとないのと大違いです

ちなみに火災保険の方も

最長が10年間の保険になるので

この時点で再加入費用が必要です

ご注意下さいm(__)m

 

 

 

20年目にに必要な項目と費用

・水漏れチェックと洗浄6万円

・防蟻処理13万円

 

大体のビルダーさんやハウスメーカーは

ここで初期保証がきれます

 

そしてここで外壁の塗り替えや

大きな補修費用が発生します

 

家を建ててから20年後というと

お子様が大学に行って下宿。。。

公立大学ならいいですが。。。

みたいなパターンが多いです(^^;

 

私も親に迷惑かけた身ですm(__)m

ようするに一番お金が必要な時期に

追い打ちをかけるかのようなメンテ代

 

ライフプランをしてもらう際に

このメンテ費用も反映してもらいましょう

 

元住宅メーカーでの経験もある

頼れるライフプランナーはこちらです

 

家づくりを知っているので

ローン含めて色々と教えてくれます

住まいとお金のご相談「すまいるLinks」 (姫路のファイナンシャルプランナー鈴江高年 SUZ FP リンケージ)
住宅・投資・金融などのご相談を承ります。住宅ローンのしくみについての理解~お申し込みのサポート、住宅購入における家計の変化、家計収支のバランスの検証、生命保険の選び方など、客観的なアドバイスを通じてお客様の心配事を親切丁寧に解消致します。

 

 

 

30年目に必要な項目と費用

・軒樋と縦樋の交換25万円

・外部付帯・軒天・基礎と板金塗装18万円

・目地の打ち替え50万円

・玄関ドア・サッシ等・換気フード26万円

・ルーフバルコニー32万円

・防蟻処理13万円(任意)

・足場23万円

・外壁塗り替えゼロ

合計187万円

 

ということでこの仕様の場合でいくと

30年間のメンテ費用としては

200万ちょっとでいけます

(設備等は別ですm(__)m)

 

初期コストが高いだけあって

メンテ代は流石に安めですね(笑)

 

そしてベルバーン外壁の

塗り替えが不要な部分が大きいです

 

鉄骨住宅の外壁の場合

同条件の建物とした場合に

塗り替えで80万円~100万円程必要です

(物価単価の変動あり)

これがあるか無いかもかなり大きいですね

 

ベルバーン外壁はツボとか狸の置物みたいに

釉薬を塗ってやいてます

 

狸の置物が色あせしにくいように

外壁も同じ状態を維持できます

 

この外壁に関しては

また別で特集をくむ予定ですm(__)m

 

そして私が着目しているのが

バルコニーの必要性です

 

つけるのとメンテ費用を合わせると

100万円前後のお金が必要です

 

その分利用しているならいいですが

使っていない方もかなり多いです

 

100万円投資して必要かどうか

今一度考えてみて下さい

 

考えて必要と思った方は

それでいいと思いますm(__)m

 

最近話題のバルコニーは取るべきか取らないべきか
今回の記事は 最近ユーチューブで話題の バルコニーを取るか取らないかです!! 私がチャンネル登録している方々で バルコニーについて発信されているのが ほぼ100%です 私自身こんな...

 

30年間住むとローンもあと少しですね💰

仮に当社のメンテ代が

30年間で約220万円だとすると

 

月々約6100円の貯金

年間で約73,000円位の貯金をすれば

将来焦らなくてすみます

貯金額の参考にしてみて下さい

 

 

 

40年目に必要な項目と費用

・屋根メタルーフ重ね葺き153万円

・バルコニー3万円

・水漏れチェックと洗浄6万円

・防蟻処理13万円

・足場工事23万円

合計198万円

 

屋根に関しては

30年目にまとめてしてしまう方も多いです

 

足場工事が一度にまとまりますね

この辺りは状況を見てという感じです👀

 

 

 

50年目に必要な項目と費用

・バルコニー12万円

・防蟻処理13万円

・足場(必要時)11万円

 

どこまでも防蟻処理がきますね(^^;

10年目にあきらめた場合は

かなりの費用がうきますね。。

かなり心が揺らぎます

 

 

 

60年目以降

60年目の内容としては

メンテナンスプログラムに含まれません

 

建物の状況を見た上で

残りどれだけ住むかを考慮して

判断していきましょう

 

60年までの合計額としては

453万円となっております

 

一般住宅が30年間で400万円が目安なので

そこそこ安い金額になっています

 

最初の見積書だけで考えずに

長い目で見たファイナルコストにて

判断していきましょう👀

 

売却する際の

資産価値がどのくらいあるかも

建物によってかなり差が出ますm(__)m

 

考えないといけないことは

沢山ありますね(^^;

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか

おおまかなイメージはつかめましたか?

 

形あるものいつかは壊れます

きちんとメンテナンスをかけて

長く快適に過ごせるようにしましょう

 

個人的には

木貼りの外壁とか杉板とか好きです

ハウスメーカーでは取り扱えませんが。。

 

経年美化していくような

商品がでればいいのにと思っています

 

保証等の観点から

メーカーとしては難しいかもですが。。

 

外構等にはその辺りを意識して

素材選びをしていきたいと思います

 

皆様も人生設計をたてた上で

メンテナンスについても考えて下さい

余裕とゆとりが違ってきますm(__)m

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m

こっちの順位も上げたいぞぉm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m

一位キープ中m(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

お問い合わせはコチラ

    コメント