田園風景が広がる好立地に建つ深い軒とデッキテラスのある平屋実例紹介

スポンサーリンク
平屋の実例

おはようございます!!

最近筋肉痛が二日後にきます(笑)

これはよく聞く加齢によるものなのか。。

 

ということで本日の記事内容は

平屋の実例紹介です!!

 

今回は私が担当した物件ではないですが

取材させてもらった形式です

 

素敵な平屋になっておりますので

ご覧頂き癒されて下さい♪

(平屋うらやますぃ~)

 

スポンサーリンク

今回の撮影のきっかけ

今回の撮影のきっかけは

とあるインスタの投稿を見かけてです

 

同じ組織で仕事をしている

元設計士だけで構成している

プロジェクトチームが存在しています

 

そのボスが福山雅治似の

HORI設計士です

 

私が入社したての時に

設計士としてブイブイいわしてました

 

「俺のつくるプランはたけぇぞ!!」

みたいなことを言われた経験があります(笑)

 

 

「できるわけねぇだろ!!」

よく怒られた記憶もあります(笑)

 

一緒にコンペを受賞したり

家づくりのイロハを教えてもらいました

 

今の私があるのも

HORI設計士のおかげが大きいです

 

そんなHORI設計士が手掛けた空間で

朝一の撮影を堪能しました♪

早朝から仕事やり終えた感です(笑)

 

ご協力頂いたオーナー様

本当にありがとうございましたm(__)m

 

 

 

敷地状況の説明

まずはいつもの敷地状況からです

今回の敷地状況は私の中で理想です

 

田んぼの中にポツーンと建つ平屋

皆様も一度は憧れたことがあるのでは?

 

もう最強なやつです

いつものような小細工は不要です

道路はザックリ西向きに接しています

 

外観・内観紹介

それでは!!

まずは外観からご紹介していきます

 

写真では臨場感が伝わらないので

最後にルームツアー動画も添付しています

 

外観

平屋×軒は今や安定感がありますね♪

私の中でもマイブームなフォルムです

 

屋根が屋根っぽく見えずに

スパっとした水平ラインが美しいです

 

2,5寸の軒の出MAX出し×平屋

これが最強でございます

 

特に平屋の場合は軒が近く感じるので

軒が深いと軒まわりを有効活用できます

 

軒の下に自転車を置いたり

外部収納を設置したり

敷地まるごと使い切れちゃいます

 

家づくりにおいて失敗・後悔しがちな自転車置き場について
今回のテーマは地味ぃ~なお話です(笑) ですがとぉーっても大事なお話です 住宅営業同士で自宅の会話をしていると 大体の営業が失敗したなぁと思う点 それが自転車置き場なのです(^^; ...

 

さてこの門柱にも工夫が凝らされています

皆様は気付きますか!?

 

普通門柱と言えば

表札×ポスト×インターホンです

良く見える表側につけがちです

 

しかしパッと見分からないですよね

実は。。

 

裏側に隠れてましたぁ!!

しかも黒いシンプルなポスト

私好みでございます(笑)

最近はちょいちょいオサレなポストがあります

 

表札だっていい感じのも増えてきました

あとはカーポートですね。。

 

家づくりにおいて悩ましいカーポートを設置するかどうかについて
今回は皆さまが悩む項目です カーポートを設置するかどうか!! 「欲しいかどうかを問われたら」 欲しいという人の方が多いと思います 「格好いいかどうかを問われたら」 格好悪いという人の方が多いと思...

 

ポストが隠れてることに興奮してると

おやおや👀!?

水栓も隠れてる!?

このパターンは初めて見ました

 

こういったさりげない配慮は

注文住宅において重要です

 

思考停止ではいつけました!!

これでどうでっか!?

みたいなのは×です

 

最近マイブームな割栗石ちゃんも

コロコロ転がっていました

 

自分で転がしてみて分かりましたが

輸送と持ち運び大変です(;^_^A

めっちゃ重たかったです

 

【外構計画】割栗石を使ったおしゃれなロックガーデンがお勧め
おはようございます!! せっかくの長期お盆休みですが 雨やらコロナやらで あまり何もできないですね(;^_^A とりあえずブログ書きます(笑) ということで本日の記事内容は ロックガーデンの勧めで...

 

 

お庭テラス

外構工事はまだ途中ですが

タイルテラスはできていました!!

 

軒が深くて床と同じ高さで

それに加えて田園風景が広がっている

まさに理想すぎます

 

ここでBBQしたくなるやつですね(笑)

 

眺望の良い田園風景に向けて

これでもかと窓が取ってありました

 

もしこれが軒短かったら。。

きっと夏場は灼熱過ぎて。。

カーテンしめっぱなしになって。。

最悪はシャッターまで閉めて。。

 

窓の意味よってなります(;^_^A

これから建てる皆様は要注意です!!

 

自然の力に逆らわない家づくり【パッシブデザイン・パッシブ設計】
今回の記事内容は 家づくりにおいて大事なコトです ですがHMの展示場では あまり教えてくれないことです(^^; パッシブ設計 パッシブデザイン 皆様は聞いたことがありますか? ...

 

Twitterでもちょくちょく質問ありますが

タイルテラスと室内の床高さ

フラットにするのに基礎の換気が関係します

 

基礎の中に湿気がたまらないように

換気が必要になってきます

 

玉砂利で建物際を敷き詰めて

基礎の換気も確保しています

黒い玉砂利渋いっすねぇ

 

外構工事においてウッドデッキ・タイル等選択する際のポイント
今回の記事内容は 外構工事の中でのメインとなる 「テラススペースをどうするか」 大体の方はデッキかタイルかと思います 今回はその他の選択肢も含めて それぞれのポイントをまとめます ...

 

玄関

あえて図面を細かく見ずに

ワクワクしながら見学しました(笑)

 

玄関入るとエコカラットが!!

淡い色合いが内装とマッチしています

 

きれいなカベの天井部分には

ピクチャーレールがついています

 

玄関に何か飾りたい願望がある方は

忘れないようにつけておきましょう

 

シンプルな存在感なので

スマートに飾ることができます

 

LDK

もう既に気持ちいいことは確定してましたが

やっぱり最高に気持ちよかったです(笑)

 

特に田園風景が気持ちいい季節だったので

最高の季節に体感できたのでは?

 

オッサン三人が早朝から集まって

気持ちえぇわぁって言ってました(笑)

(もう仕事終わった感)

 

カメラが広角なのもありますが

そうじゃなくてもすごい広いです

 

二階建てならここまでとばしにくいですが

平屋だと大空間が取りやすいです

暴力的に大空間がとれます(笑)

 

大開口+大空間が可能な家づくりにおける可変性のある間取りについて
この世は大開口+大空間時代です 構造自由度の強化によって 大開口+大空間が可能になりました これまでのような ご要望をパズルのようにひっつけて 4LDKの間取りをつくるような時代は✖ ...

 

見学会の為に

レンタルの家具セットが置いてありました

見学会中に特価にて販売されるそうです

家具の販売スタイルも変化してますね

 

コロナの影響もあって

店頭での販売だけに頼れません

 

家具セットが全部置いてあっても

ゆったりしている空間でした(笑)

(ふつうの家なら手狭になりがち。。)

 

水まわり

今回はキッチンの横の動線から

洗面→脱衣室に行ける動線でした

最近洗面台と脱衣を分けることも増えました

 

廊下に洗面台があるのも

すっかりと見慣れてきました

 

実はリアル幹太くんを見たことがなく

今回初めて見ることができました👀

 

これが噂の幹太くん!!

一度使ってみたいですねぇ

きっと虜になるんでしょうね(笑)

使用者の方のレビューは最高です

 

洗面化粧台と脱衣室を分ける際の【メリット・デメリット】
今回はちょっとした小ネタです 洗面台=洗面所と思ってませんか!? 最近地味に多いご要望として 【洗面台と脱衣室を分けたい】 これが意外と多いです 少しニッチですが 今回はこれについて深堀し...

 

居室とその他

今回地味にいいなぁと思ったのが

居室とLDKとの距離感です

 

平屋を建てるメリットの一つに

全てが一階にあるということです!!

 

二階建ては上下階に分断されます

(当たり前ですが)

 

実際に生活するのはほぼ一階です

(一階がリビングの場合)

 

平屋の場合は居室も含めて感じれるので

扉を開けっ放しにしていると

LDKの一部として使えますし感じます

 

これを廊下と部屋で分断してしまうと

二階建ての暮らしとあまり変わりません

 

せっかく平屋を建てるのであれば

平屋ならではの間取りにしたいですね

 

大きな居室が二室ありました

両方とも将来仕切れるようになっています

 

全ての部屋がグルグルまわれる感じなので

お子様にとっても楽しそうです

我が家はかくれんぼしにくそうです(;^_^A

 

こんな家に住めたら

子供たちももっと楽しいぃだろうなぁ。。

 

扉を開けっ放しにしておくと

色んな視線がつながります

 

天井までの建具になっているので

スッとつながっていますね

 

開き戸にするか引き戸にするか

地味ぃ~に大事なポイントなので

しっかりと考えて下さいね

 

家づくり初期では意外と知らない【引き戸・開き戸・引き込み戸】
今回のブログ内容は初級編です 建築会社従事者の方や 既に家を建てられた方にとっては 特に必要のない情報が多いです これから家づくりをされる方や 現在家づくり中の方 建売住宅を検討中の方等に...

 

家の端っこから端っこが

見事に感じれるような動線でした

これって地味に大事なテクニックです

 

行き止まりだらけの動線は

坪数以上に狭く感じます

 

動線から感じる広さ

視線の抜けから感じる広さ

けっこう大事なポイントです

 

間取りを考えるうえで子供部屋の取り方をどうするかについて
今回の記事内容は 子供部屋についてです!! これに関しては答えはありません 価値観と考え方と教育観によります 自分が育ってきた環境も大きいでしょうか 我々大人が思っている以上に 心配してい...

 

 

体感して感じたコト

自分が担当じゃない物件を見ると

色んな気づきがあります

とても有益な時間ですね

 

エアコンの存在感

いつもエアコンの存在に困ります

絶対に必要な設備なんですが

存在感が中々になります

 

今回は隠せる仕様になっていて

とってもスッキリしていました

 

田園風景をいかすためには

その他の存在感を出来るだけ消すこと

いかに大事かを体感できました

 

新築時に失敗しやすいエアコンの取り付け位置と配管工事について
今回はまだ触れてませんでしたが 意外と大事で見落としがちな部分 エアコンの取り付け位置と配管について 間取りばかりに意識をやってしまって エアコンをどこにつけるか忘れてる。。 なんてことになって...

 

敷地が持つ力

改めて敷地が持つ力を感じました

そしてそれをいかすも殺すも間取り次第

開口部(窓)の取り方も大事です

 

よく相談を受ける間取りを見ると

構造的に窓が連続して取れないとか

大きく取れない案件が多いです

 

そうなった場合に

敷地の魅力が最大限いかせません

 

いつか私もこんな敷地条件で

小さな平屋を建ててみたいです(笑)

(海辺もいいなぁ~)

 

妄想はここまでにして

頑張ってコツコツ作業します(;^_^A

 

家づくりの要望を優先せず敷地を活かすために意識すべきポイント
今回はいつも口に出してましたが 意外と記事にしていなかった内容です 「敷地を活かした住まいづくり!!」 超重要なやつです!! 下手したら一番重要かもレベルです ということでこれから家づく...

 

ワンルームの暮らし

ちゃんとした個室もありましたが

扉を開ければある意味ワンルームです

実際に住んで体感してみたいです

 

二階に寝る部屋がある暮らしと

ワンルームで過ごせる暮らし

きっと全く別物だと感じます

 

【注文住宅】最近大流行な平屋の住まいの魅力13選について
ここ数年の間に 平屋が大流行しております!! 都心部では違うかもですが 昔と比べて激増しております! 平屋の暮らしが魅力的だからです 私もかなり魅了されております(^^; 我が家の...
平屋の魅力を最大限活かすための間取りづくりのポイント5選
おはようございます!! 今日は金曜日!! 私のゴミ出し当番の日です(^^; (どうでもいい話。。) ということで本日の記事内容は 平屋の間取りを考える際のポイントです ニッチなお話ですが ...

まとめ

いかがでしたでしょうか

最近増えてきている平屋ライフ

 

土地が70坪以上あるような方は

是非とも一度は検討してみて下さい!!

意外と平屋がフィットします

 

金額的にも二階建てをちょこっと建てるのと

総額的に変わらないこともあります

是非とも比較してみて下さい

 

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    コメント