公式LINEで家づくり攻略動画とチェックシートを無料プレゼント!

築10年をむかえる積水ハウスの10年点検をレポート

早いもので我が家も築10年です。 新しい家建てたいです(笑)   今ならこの敷地に平屋建てます 外壁も違うのにします。。 床材も違うのにしたいです。。。 家を建ててみると色々思うものです 。

そして今回の記事は 「10年点検のレポートです!!」

しっかりと体験しておきたかったので 会社の休みを取って見てました 。  このブログを見ている方の 参考になればと思います。

目次

点検項目と内容

あいにくの雨模様です

登場スタッフは3人でした

  1. カスタマーズセンター担当者
  2. バルコニー清掃担当者
  3. 防蟻処理業者

朝の10時開始して 終了したのは11時過ぎでした   それでは各項目見ていきましょう👀

 

床下点検

階段下収納から床下点検口があります 。  点検口の上に物だらけでしたので まずはどける作業から。。。   大分ホコリがたまってました(^^;

よくよく考えたら事前にしておけば。。。   当社の基礎は基礎下は土間コン仕上げです 。点検口からのぞいても土は見えません👀

昔の建物とかだと土でしたね 。土間コンの役割としては湿気対策がメインです   。

今回床下にもぐってもらった目的は

 

  • システム配管に異常はないか
  • 水漏れはしていないか
  • 生き物がいないか
  • シロアリはいないか

大きくはこの四点です 。どれもあったら恐ろしい内容です。。

今回は特に異常なしとのことでしたが 部分的に水が入って乾いた形跡があるとのこと。

大雨すぎる時に入ったのか? 庭でプールの水をドバっと捨てた時か? いずれにしても大量の水が動いた時です 。  特に大きな問題ではないとのことで ひとまず安心です。

感じのいい点検スタッフの方でしたm(__)m

 

バルコニーの清掃等

15年住宅営業をしておきながら こんなことがあることも こんなことになっていることも 全く知らなかった項目です(^^;

中々の衝撃映像でした。。。

「改めてバルコニーはいらないな」 「バルコニーはお金かかるな」 「バルコニーは掃除しないとな」 「バルコニーは雨漏れのリスクあるな」   そう感じました 。

我が家のバルコニーは10㎡ほどです 普段は樹脂のタイル調のものがしかれています。

その下はめくって掃除したことナッシング 普通は皆さんしてるものでしょうか??   今回の清掃を有料で受けないと 保証が更に10年延長しない仕組みです (今の仕様は違います)

プロの清掃員の方が作業開始。 みんなで凝視していたので 作業がやりにくかったかもですm(__)m

 

!? おやおや(^^;

予想通り!?

いやいや

予想以上の汚れでした。。。。

これが10年間の蓄積(^^; 清掃員の方に申し訳なかったです。 こんなにも汚れていたのか。。

 

この汚れたシートは撤去して交換です。   ぐるぐる巻いて撤去してくれました。 確かにあれを洗うくらいではもう無理です。   更にシートの下も汚いです(^^; 10年でここまでなるのか。。

 

我が家にはバルコニー水栓がないので 下の庭から ホースを巻き上げないといけません。。   我が家の失敗ポイントの1つです。

  • 清掃の為に必要
  • 子供たちのプールの為に必要
  • カブトムシを飼っていた時欲しかった

こんな時に必要性を感じました  。 今から建てる方においては そんなに高いものでもないので とりあえずいれておきましょう。

 

 

隅っこの方はゴミも溜まっていました。 まわりに山とかある家なら もっと沢山溜まりそうですね。

 

隅の溝部分から丁寧に洗ってくれています。 とんでもない泥水です(^^; 本当に申し訳ない。。

 

みるみるうちに綺麗になっていきました。 流石はプロですね。 嫌な顔一つせずニコニコと作業してくれました。 とても感じのいい方でした

 

最終的には綺麗に防水シートのはり直し またこれで10年耐えてくれますように。

このシートは熱に弱いです よくBBQをバルコニーでしたい。 そういう要望を聞くのですが 実際はあまりしない方がいいですm(__)m

万が一火の粉が落ちてしまうと 雨漏れのリスクがあります  。

そういった外的要因での雨漏れは 保証対象外となります。 お気を付けくださいm(__)m

そしてこのバルコニーを見て 次建てるならバルコニーいらんな。。 強くそう思いました。。。

あわせて読みたい
バルコニーを取らなくても意外な場所が布団干し場になる現実 今回の記事内容は ちょっとニッチなお話です   【布団干しをどこでどのようにするか】   実際に生活が始まると バルコニー以外で行うことが多いのです  ...

 

目地と屋根確認

10年点検と言えば 屋根もチェックするんだろな? 漠然とそう思っていました。   そして何となくバルコニーからハシゴで? 外から長いハシゴで? 勝手に妄想していたのですが。。

ムムム!?

何やらラジコンのようなものが。。 空を飛んでおります👀 虫が飛んでるような音が聞こえます。

 

まさかのドローン登場です!!

こんなところにも使われるんですね ドローンすごすぎ!!   これから色々な使われ方がしそうです👀

 

風が強めだったので 操縦が難しそうでした。 強風だと無理そうなレベルです。

 

かなり上空まであがって 外壁の目地や隅っこを ドローンで撮影しています。   手元のボタンを押すと写真が撮れます。

 

その技術を利用して撮影したのがコレです 。  こんな風な角度で家を見たことがないので なんだか新鮮です。

我が家は瓦一体型の太陽光なので 地上からは載ってる感はありません。

この辺は見た目をとるか等 賛否両論あるかと思います。   最近は据え置き型のソーラーも スッキリしたものが増えてきました。

瓦一体型の場合は建物の一部と見られて 固定資産税も少し高くなります 「豆知識です」

 

今のところは発電もしてくれています。  鳥の糞とかも見当たりません 屋根も異常なしとのことでした。

 

器用に操縦しながら裏側にまわってます 。建物にあたるかとヒヤヒヤしましたが 全く問題なしでした 。  私ならぶつけると思います(笑)

 

小屋裏確認

つづいて小屋裏スペースです。

そもそも天井点検口はどこに? 案外自分の家のつくりを分かっていません 改めてそう思いました(^^;

 

小屋裏点検口はWICの中にありました!! 相変わらず荷物をのけるところから(^^;

 

小屋裏の点検は中に入るのではなくて 頭をのぞき込む感じでした。 そこでいきなり不思議な行動に!?

「クンクン」

「クンクンクン」

仕切りにクンクンとにおいをかぎだしました

何をしているんだ???

質問してみると コウモリとかが入っていると 一瞬でニオイで分かるそうです。   強烈な糞のニオイがしてくるそうです。 今回は大丈夫そうでした(^^;

確かに実家とかは 一時ネズミが走り回る音がしてました 。  小屋裏に生き物が住みつくことは よくあることらしいです。   絶対あって欲しくないことです 。小屋裏が糞まみれとか嫌すぎです。

 

とりあえず今のところは綺麗です 雨漏れの形跡もありません。

 

鉄骨が錆びたりもしていません 。しかし無駄に小屋裏空間が広いです(^^;

小屋裏収納付ければ良かったです。。。 とりあえずは異常なしでホッとしました

 

かかった費用と内容

10年点検でかかた費用と項目です。   正直防蟻処理だけだと思ってたので 残り二つは予想外の出費です(^^;

こういうことも お客様には伝えてあげないといけない事項です。 リアルな費用を説明します。

 

防蟻処理

防蟻処理をご存じでしょうか? シロアリ対策のことです

10年目に防蟻処理を行うと 10年保証が延長されます

20年目に防蟻処理を行うと 更に10年保証が延長されます

防蟻処理は任意です

10年目で防蟻処理を行わないと その時点で保証はなくなります

10年目に行わずに20年目に行えますが 保証は切れたまんまです。   こんな感じの項目です。

鉄骨の住宅でも シロアリの被害にあうことはあります。  でも俺んちよりもっと食べやすい家あるよ? 防蟻処理は任意なだけにやるかどうか。。 迷うところです。。。

 

お値段的にはこんな感じです 。  基礎の大きさによって違います 。

中小のビルダーさんの仕様だと おそらく5年ごとに防蟻処理です 大手だと10年ごとです

地味に痛い出費ですね まるで車検のようです。   そして任意。。。

迷いに迷ったあげく 我が家はしないことにしました。   20年目の床下点検時に 保証が切れててもするかもです。   推奨は防蟻処理をすることなので ダメな例として見ておいて下さいm(__)m

 

火災報知器交換

ここも盲点でした。   火災報知器は義務付けられてます 。機械ものの設備なので やはり交換が必要とのこと。

 

 

これも地味に痛い出費です。 完全に予想外でした。。。

やはり家を維持していくには お金が必要です(^^;   こういった出費を見越したうえで 日々生活をする必要があります。   家を買う時の値段だけではありません メンテと保証は考えましょう 。

あわせて読みたい
大手ハウスメーカーのメンテナンス費用はいくらみておけばいいか 今回の記事は 家づくりの計画段階では 忘れがちだけど大事なお話です   メンテナンス費用の現状について お伝えしていきます   将来のことを何も考えずに 住...
あわせて読みたい
大手ハウスメーカーの保証について 気を付けるべきポイント 先日の記事に関連して https://fujimonmon.com/maintenance-costs/   今回も重要な項目となります 保証に関するお話です   大手ハウスメーカーの建物は高いで...

 

バルコニーの清掃

先ほどのバルコニー清掃 もちろん無料ではありません(^^;

10㎡までは15,000円でした

ギリギリ10㎡(^^;

それを少しでも超えると25,000円です

一番割に合わないボリュームだったわけです。 でもあれだけ綺麗にしてもらうと 15,000円の値打ちは感じます 。

しかしそもそもバルコニーが無しであれば 必要のない経費です  。 おそらく更に10年後には 莫大な費用がかかります。   それをしないと保証もきれますし 雨漏れのリスクがあがります  。

バルコニー無しにしておけば それも不要です 。  使わなくても他で対応できるなら 極力無い方がいいです 。

あわせて読みたい
バルコニーを取らなくても意外な場所が布団干し場になる現実 今回の記事内容は ちょっとニッチなお話です   【布団干しをどこでどのようにするか】   実際に生活が始まると バルコニー以外で行うことが多いのです  ...

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

無事に点検は終わりましたが メンテの重要性を感じました。

バルコニーの見方も変わりました。 家の手入れも必要です。   普段目の届く部分しかしてないので 細かい範囲も必要です👀

そしてもっと大事なコトは 家に愛着を持てるかどうかです   経年美化する仕様かということです 。

お庭には愛着が沢山ありますが 外装材には愛着が持てません。。   サイディングは新築時が一番です 。そこからは劣化していきます 。汚れる一方です。。。

外構含めて素材を提案する際は 愛着がもてるもの 味わいがでていくものを意識したいです 。  改めてそう思いました。 良い経験ができたので良しとしましょう。

 

【私のブログや動画に共感頂ける皆様へ】

これから家づくりされる方で

ファンタジスタのサポートを受けたい!!

良い担当者や建築会社を紹介して欲しい!!

 

そう思って下さる方は

下記リンクより詳細をご覧下さいm(_ _)m

画期的な仕組みを作りました!!

ファンタジスタ藤本と担当者探し&...
ファンタジスタ藤本と担当者探し&家づくり 元大手ハウスメーカー住宅営業マン【ファンタジスタと担当者探し&家づくり】ただ単に紹介するだけではいい家づくりにならない!?自分自身も家づくりに携わりたい!!そんな思...

ブログランキングにも参加してます!!

応援がてらにポチッと押してね

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる