公式LINEで家づくり攻略動画とチェックシートを無料プレゼント!

積水ハウスシャーウッド24坪のローコストハウスの4年後を取材

今回は一旦ラストの動画撮影です!! そして築4年を迎えたあの家です!!  

そうです!!

皆様よくご存知のヒカキン似設計士の家です  

彼の家の経年変化はとても興味深いです。 4年経過していろいろ変化していました 色々深化していました 。  そして色々と勉強になりましたm(__)m

今回も気付きを発信していきます!! 是非ともご覧頂きたい内容です👀  

目次

物件概要

言わずと知れた設計士の自宅です 。  設計士自身が自宅を建てるのは稀です。 当社の中での自宅保有率はかなり低いです 。

 理由は定かではありませんが 一つの形にしてしまいたくないのでは? あくまで仮説です。。  

そんな貴重な彼の自宅は 24坪というコンパクトハウスです。   都心部ではよくあるサイズかもですが 姫路ではあり得ないサイズ感です。

  私の担当物件でも最小です 最小ですが最強です 。

 家づくりにおいて大事な要素が盛沢山 簡単に言うとそんな住まいです。   玄関も部屋もありません 建具は家中でたった一つです。   トイレにのみ扉があります 。そんなトイレは土間トイレです。

施主力が高い設計士だからこそです 改めてその要素をご紹介していきます      

撮影風景

 

まずは外観からの撮影です 。  この門柱が地味にめっちゃかっこいいです。

 新築当初から味わいのある門柱です 。

 カッコいい門柱が少ないので貴重です アイザラの門柱です。   少しお高いですが値打ちアリです 素材感がたまりません。

 

一株植えたヘデラが凄い勢いです   これはどこかを彷彿とさせるやつです 私も体感したあの恐怖のやつです。。

  ワイヤープランツやヘデラは 繁殖力が高いので注意が必要です  

気付いたころには家中浸食されます 彼は家中ヘデラでもいいらしい(笑)

あわせて読みたい
積水ハウスの自宅紹介 強敵ワイヤープランツをやっつけろ!! 今回は 実例紹介シリーズを一旦とばして 自宅にまつわる内容です🏠   以前から問題になっていた ヤツを除去しないと 危機的な状況になっていました(^^;   この...

 

     

ここでカメラマンがある異変に。。👀  

どうやら蜂が基礎の下に入っていったと。。

もしかして!?  

基礎下に巣をつくってるかも疑惑です(^^; 今後ハチの数が多くなってくるといよいよです 。  こういった隙間等は格好の居場所ですね。

 

      

さて突然ですが問題です!!  

この家はみんなでぬりかべをしています 。プロがした面と私達がした面があります  

この写真の面がAです よぉーく見て下さい👀

     

この面もAです  

これはプロでしょうか?

それとも私達でしょうか??

       

続いてBの面です  

写真では分かりにくいかもですが それくらい僅差ということでしょうか。   意外とよく塗れています

 

     

これもB面です。 これが一番ヒントの写真です。  

この部分にプロと素人の差が出ています

答えは分かったでしょうか!?      

正解は。。。。。。        

AがプロでBが私達です!!!  

面の部分はそれなりに塗れるのですが 隅っこを塗るのが大変難しかったです。   なのでB面の隅っこがガタガタです(^^; まぁそれでもそこまで気になりません。

 

みんなでやると楽しいイベントです。 家への愛着も湧きます。

  ご興味ある方はぬりぬりしましょう 。案外素人でも気軽にぬりぬり可能です。 オーナー様宅でも何度か行いました。

 

   

普段の日常に近い風景を撮影しました。   洞窟や洞穴のような空間です。

土間と庭がとても近い関係なので お子様が気軽に庭へ出ていました 。  今回は撮影風景は少なめにして 4年経過して気付いたことを発信します。

 では見ていきましょう👀      

4年経過しての変化と気付き

24坪の小宇宙です  

4年経過して物があふれていないかとか 部屋の仕切りはできているのか? 色々と妄想されると思います 。  どのように変化しているのか 新たに気付いたことは? その辺りを書いていきます。      

天井の高さと居心地

改めて気付いた点です   何故この家の居心地がいいのか そのポイントは天井高にあります

 

   

身長177cmの私が手を伸ばすと 天井に届く高さであります。

約2m30cmの天井高です

 この辺りの感覚は以前に記事にした 伊礼さんの教科書通りの天井高です。

あわせて読みたい
家づくりにおいて天井高は高ければいいというものではない 今回は家づくりにおいて 誤解されることが多い内容です   「天井高が高い=良い」ではないということ   天井高が高いことを 全否定する内容ではございません ...

 

        

絶妙な縦横比で構成された空間です。   ウチとソトのつながり感も抜群です。 建具が天井高までピタッとあります。

 

      

南側には吹き抜けもあるので 圧迫感は感じません。

  天井高は高ければというものではありません        

経年変化

4年の年月を感じさせてくれる 様々な素材がありました

 

     

まずは土間テラス部分です。 軒がない部分と軒がある部分で違います 。  

モルタルもよく使う部分と使わない部分や 雨に濡れる部分と濡れない部分で 経年変化の仕方が変わってきます。

モルタル自体は劣化にあまり見えず 味わいが増していく素材だと思っています (どう感じるかは個人差ありますが。。)

 

     

みんなでつくった木塀です。 当時の色味を思い出せない感じです 。

本人曰くもっとグレーを目指してるそうです。 仕事の忙しさにかまけて 年に一度も塗れていないそうです(^^;

メンテをするかしないかによって 円熟味の出方もかわるかと思います。

 

芝生も長く伸びるまで放っておくと 芝刈りしたあとに根元が枯れています。   写真の茶色い部分がそういう場所です 。

まめに芝刈りしていると 密度の濃い良好な芝になります。

 

      

塀の反対側は生垣です 。新築当時はスカスカでしたが 密度も高さも増しています。

植栽を植える際は 新築時をマックスとせずに 少しスカスカ位からでも大丈夫です  

むしろその方がいいです。 私もそれで失敗しています(笑)  

 

照明計画の重要性

彼の住まいは天井に照明がほぼ無いです 私の中での理想に近い照明です。

 おそらく普通の人には理解しがたいです。 少々荒々しい照明計画に見えますが 個人的にはよくできた照明に見えます。

 

      

土間トイレ前にある洗面照明です。   何ともおつな雰囲気の照明です。

 普通なら簡単にダウンライトにしがちです

 

         

トイレは本人も認めてますが 完全に失敗しています(^^;  

元々はフットライトだけだった為 暗すぎて見えませんでした(笑)   血便がでていても分からない暗さです。

トイトレをするお子様も怖いとのこと。 ということで臨時的に足しています。   なのでスイッチには連動せず 追加分は照明器具のスイッチをパチパチです。

 

      

最初からついている照明のスイッチです。 超レトロなタイプのスイッチです。 細部までのこだわりが半端ないです(^^;    

Fontini(フォンティーニ) 5.1トグルスイッチシリーズブラックアルマイト処理 (シングル)PXP-TTS-101-BL-BN《取寄品》☆☆Fontini フォンティーニ スガツネ☆☆デザイン 電気 配線 照明 スイッチカバー リフォーム リノベーション DIY インテリア

価格:18,630円 (2020/8/11 06:57時点) 感想(0件)

 

こういうレトロなタイプのもありますが 案外いいお値段します(^^; ここぞという場所にはおススメです。

 

    

工事現場仮設用のような照明 この荒々しさが家の雰囲気にマッチしています。上級者な照明です 。

 

DIYについて

彼の家はあらゆるDIY品が溢れています

  • 芝生
  • 植栽の植樹
  • 木塀づくり
  • 壁のぬりかべ
  • 下駄箱
  • 室内タイルばり

等々引き渡し後に徐々につくりました   「家はいつまで経っても完成させない」 これは彼の言葉でもあります

 

     

綺麗な造作家具をつくらずとも 残った床材や端材で色々できます   既製品の玄関収納だと10万程かかりますが ほぼ無料で愛着の湧いた収納ができます

 

       

ちょっとしたステップもDIYです 。  そして見事に靴の居場所になっています 余白があればあとでプラスできます。

 

       

洗面台へのステップ台です。 こんなのもつくっちゃいます。   私にはそういう器用さはもっていないので とてもうらやましいです。

 

        

こんな鳥小屋もつくったそうです(^^; しかし鳥は全く入らないそうです(笑)

 彼と一緒に担当したオーナー様です 。  我々の端材利用提案を受けてくれて 現場で余った床材を棚にしてくれました。

 センス良くつくってくれたので むしろこれがいい!!って感じです。 みんなが愛着のわく棚になりました コストダウンにもなりますね。

 

カーテンの可能性

今回一番衝撃的だったことです

カーテンの可能性が∞であること

今までカーテンを軽視していました 。  彼の住まいは特注の建具を使っているので 気密性とは無縁の生活です(笑)

積水ハウスなのに寒いです(^^;  

最初は我慢していたそうですが ついに昨年の冬にカーテンをつけました 。

 

     

元々はカーテン無しでした。   この建具の手前のひらひらが見えますか? 何ともエレガントなカーテン。 妙にこの家の雰囲気とマッチしています。

 デザイン的に邪魔するのかと思いきや むしろいい感じではありませんか ?

 以下カーテンの効果です  

 

断熱性向上

元々はカーテン無しの窓だったので 断熱性に欠けていました。   レースのようなカーテンですが これだけでも断熱の効果はあります。

 ただしそれを上回る気密性の無さなので 寒いのは寒いそうです(^^;

 

照明が明るく感じる

元々は窓から光がだだもれでしたので カーテンを閉めると明るくなります。

室内に効果的に光がまわります。 カーテンにはそういった効果もあります。

 

視線を遮る

当然ですが中が見にくくなります👀   しかもこの生地は絶妙な透け感です。 中からソトは絶妙に見えます 。

 ザ・カーテンじゃない感じがオシャンティです

 

部屋をつくる

二階の吹き抜けに面した部分です。

  ここも元々はオープンでしたが 吹き抜けの窓から丸見えだったので カーテンで目隠しです。   一階とは生地感の違うカーテンです。

 

        

二階なので遮光性も備えたタイプです。   脱衣室の扉も無しという間取りだったので これで大分安定感がでます。

 

      

こう見るとまるで部屋のような感じです 。カーテンで部屋ができちゃいました。   開ければオープンな空間です。

カーテンで部屋空間を演出もありです 。  音の問題等は残りますが 場合によってはこれでいい時もあります 。

あわせて読みたい
【間取りの悩み】子供部屋・寝室を最初から仕切るか将来仕切るかについて   おはようございます!! 突然ですがみなさま お子様への教育方針ありますか? 子供部屋どうするか深く考えてますか   最近間取り相談に乗っていて 考えるき...

 

風を感じる

窓を開けてるとひらひらと カーテンなので当然なのですが これが妙に居心地良かったです。   森林浴のような効果があるのでは? そういった可能性を感じました 。

 カーテン最強だ!!!  

 

まとめ

いかがだったでしょうか

24坪に夢がつまっています

おそらく色々な手間暇かけたからです。 家にいてそう思いました 。  さらっと完成した24坪だったならば こんなに重みはないと思います。

  そしてこの家は更なる深化をしそうです 。これからお子様がどのように成長されるのか 一緒に見守りたいと思います 。

 今のところは庭をかけまわって 元気いっぱいに過ごしていました。     

最後にこの位置に椅子を置くセンス。 とても絶妙だと思いました。

 

そしてついでに置いてあるテレビな感じ これまたいい雰囲気です  

以上24坪の最強の住まいでしたm(__)m       

【私のブログや動画に共感頂ける皆様へ】

これから家づくりされる方で

ファンタジスタのサポートを受けたい!!

良い担当者や建築会社を紹介して欲しい!!

 

そう思って下さる方は

下記リンクより詳細をご覧下さいm(_ _)m

画期的な仕組みを作りました!!

ファンタジスタ藤本と担当者探し&...
ファンタジスタ藤本と担当者探し&家づくり 元大手ハウスメーカー住宅営業マン【ファンタジスタと担当者探し&家づくり】ただ単に紹介するだけではいい家づくりにならない!?自分自身も家づくりに携わりたい!!そんな思...

 

ブログランキングにも参加してます!!

応援がてらにポチッと押してね

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる