【注文住宅】高額なキッチンショールームを比較見学して感じた事

スポンサーリンク
キッチン

今回の記事内容は

キッチンに関する内容です!!

 

私の貴重な体験談を

記憶の為も含めてまとめます

 

タイトルにもある通り

非常~に高額なキッチンです(^^;

 

あえてどこかは言いませんが

私も正直初体験なのです。。。(笑)

だからこそまとめておきます!!

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

家づくりをしていると

毎回新しい発見があります(^^;

毎回気付くことがあります

 

平穏にお引渡しまでいくことは

まぁほぼほぼありません。。。

 

刺激的なお仕事です!!

 

今回の事例でいくと

今回のプラン的に

キッチンが裏方の位置にあったのもあり

概算で300万円で計上しておりました

 

これで少しこだわっても

そこそこのキッチンなら。。。!!

そう思っていたのですが

結果的に全く足りておりませんΣ(゚д゚lll)

 

 

私の世界の外側でした。。

 

キッチンの世界も広いです(^^;

まだまだ未知の世界がありました

 

今回はその外側の世界のお話です

 

今回経験したことによって

今後はご提案もできます

(機会が今後あるかどうかは不明)

 

そんなハイクラスのキッチンが

どんな世界だったかご紹介します

 

今回のショールーム見学の経緯

今回のプロジェクトは特殊で

基本的に既製品ゼロの家づくりです

 

  • 玄関ドア
  • 窓ガラス
  • 室内の建具
  • 洗面台
  • シャワー
  • トイレ
  • キッチン
  • 外装材

 

等々HMの部材は躯体位です(^^;

どこまで機能美とデザインを追求するか

そんなプロジェクトです

 

せっかく大阪まで見学に来たので

シャワーも確認してきました

 

 

普段カタログの中から

これ!!

みたいなのとは違います(^^;

 

シャワーヘッド一つにしても

沢山あります!!

 

一つ一つ値段もピンキリです。。。

 

 

 

テープのマークは

今回の実際のシャワー室の大きさラインです

 

やはりこの辺りは

図面だけでは想像しにくいです

 

実際のスケール感は

実物を通して確認すべき事項です

 

  • 思ってたより狭い
  • 思ってたより広い

 

出来上がってから感じるのと

出来上がる前に感じるのとは大違いです

 

 

 

天井面の色やパネルを何にするか?

こんなことも考えたこともなかったので

盲点だらけです(^^;

 

高額な商品なだけに

想像と違っていたとか

思ったより安っぽいとかは✖です

 

細かな部分の確認をしておかないと

それが起こる可能性があると感じました

 

 

番外編でヒノキの天井もありました

今回のコンセプトとは違いますが。。

 

注文住宅契約前におけるキッチンショールーム見学のススメ
先日ご契約前のお客様と キッチンショールームに行きました 大体のお客様が キッチンは契約後に決めていると思います そして契約時概算100万円でみていたのが ショールーム見学後には。。。。 ...

 

比較見学して感じた事

では本題のキッチンでございます

 

過去に提案したことのない

超ハイクラスなキッチンです

 

どんなスタッフが案内してくれるのか?

どんな打ち合わせの仕方なのか?

 

営業目線でも勉強になりました

 

 

 

置いてあるもの全てが新鮮で

普段あまり目にしないものばかりです

 

いろんなおさまりや

工夫が随所に凝らしてあります

 

この写真のコンロも

まさかと思ってボタンを押してみると

 

 

やはりそのまさかでした(^^;

ウィーンと出てきました!!

 

これでどこまで吸い込むのか

試してみたいとこではありますが

デザインと機能性は紙一重ですね

 

両方完璧なのは中々ありません

 

 

担当者も商品である

今回の見学でめちゃくちゃ感じたこと!!

 

 

メーカーとしての商品もありますが

そもそもその案内してくれた人自身が

【商品である】ということ!!

 

 

何を言ってるか伝わりにくいかもですが

我々に置きかえても同じことです

 

色んなハウスメーカーがありますが

営業マン自身がその会社の顔であり

商品であるということです

 

それを客観的に説明を受けることによって

とーっても感じました

 

今回は特に

それぞれ比較した方のキャラが

とても違うかったので余計です

 

そういう意識をもって

私自身も営業しないとです(^^;

 

 

コンセプトの違い

コンセプトって大事ですね~。。

本当にそう思いました

 

二社のうち一社は

最初の10分で会社説明から入りました

 

  • 起業の由来
  • 社長の性格
  • どんなコンセプトなのか
  • どんな会社なのか
  • どういう部分にこだわっているのか
  • キッチンをどう捉えているのか
  • キッチンをどういう存在に考えてるか

 

こういう部分からくると思ってなかったので

とても新鮮でした!!

そしてこれは効果抜群です!!

 

とても共感できたので

親近感がわいたと共に

後の見方も変わってきます

 

 

取っ手一つや

引き出し一つにも

デザイナーの意図や

配慮が沢山ちりばめられていました

 

最初のコンセプトの説明を聞いていたので

そういう目線で見て触ってしまいます

 

コンセプトがしっかりしていると

ぶれずに強いです

 

これは家づくりにおいても同じです

 

 

もう一社のコンセプトは対称的で

 

キッチンが主役!!

ゴージャスでしょ!!

ラグジュアリーでしょ!!

 

松本潤の道明寺みたいな感じです(笑)

(分かるかなぁ~(^^;)

 

邸宅感のある別荘地に

これでもかっていう感じのキッチン

全くコンセプトが違いました

 

 

別にどっちがいい悪いではなく

今回の建築コンセプトには

どっちが合っているかということです

 

建てる目的やコンセプトによっては

選ぶ選択肢も変わってきます

今回はそれを強く感じました

 

家づくりに失敗しない為のプランコンセプトを崩さない打ち合わせ
今回は提案する側が強く意識すること プランコンセプトについてです そもそもこれを意識せずに お客様の要望そのまんまの担当者は その時点でそこ止まりです。。。 優秀な設計士は 必ずコンセプト...

 

細かな配慮の違い

同じような図面を出されても

全く配慮具合が違います

(パネルの割方等々の細かいおさまり具合)

 

見てる我々全員も

マニアックな人たちです(^^;

 

パッと出された図面を見て

気付いてしまうことがあります。。

 

その瞬間に

フッと感じてしまうこともあります

 

きっと自分たちに置きかえても

あることだよなぁ~と感じました

 

見る人が見たら分かりますよね

 

 

扉の仕上げ一つとっても

手触りまで意識してつくってるそうです

 

確かに触り心地がよくて

なるほどなぁって思いました

 

魂込めてつくってるものは

やはりぬくもりを感じます

 

ちょっとした衝撃でしたが

これ何か分かりますか(^^;?

 

実は食洗器からビーム?がでて

床材に映し出されてます!!

 

手をかざすと手にも映ります

 

ちょっとしたことですが

何か感動です!!

 

絶対必要かと言われると

そうでもないんですが(^^;

これをつくった意気込みがおもろいです

 

 

この写真を見て

皆様は何か感じますか?

 

意識して見なかったら

スルーしちゃうとこでしょう(^^;

 

天板の継ぎ目です!!

 

今回のキッチンは長いので

継ぎ目がでるとのことでした

これも2社で違いがあります

 

この辺りの確認も

しておかないと致命的です。。

 

今回のプロジェクトは

こういう繊細な部分まで重要です

(いつも大事なことですが)

 

提案の仕方の違い

提案の雰囲気と言うか

提案の仕方も全く違います

 

ショールームの雰囲気の違いも大きいですが

会社のカラーなんでしょうか

担当者もそういう人が多いんでしょうか

 

この辺りもHMにも通ずるものがあります

会社のカラーって結構あるもんです(^^;

 

  • 若い兄ちゃん系が多いHM
  • 転職組のおっちゃんが多いHM
  • 圧力の強めな優秀な人が多いHM

これが肌に合うか合わないか

その人によって違いますよね

 

一社目を見学する時の方が

体力気力的に元気だったのも大きいです

 

月末の折衝は後攻の方が有利ですが

ショールームの見学においては

先行の方が有利かもです(笑)

 

 

扉のグレードによる金額差

キッチンにおける最大の盲点が

キッチン扉のグレードです

 

そんなもん知るかいの世界かもですが

色んなグレードがあります(^^;

 

好き放題選んでいると

それだけでかなりコストアップに。。

 

そしてサンプルが小さいので

イメージが本気でわきにくいです(^^;

 

このあたりは失敗できないので

設計やコーディネーターの意見が重要です

 

キッチンパネルのグレードは価格差大!「木調」という言葉は要注意
今回はちょっとした小ネタです ですが見逃していると 契約後の金額UPに直結します 家が完成した後の 質感のしょぼさに愕然とします 「木調」という言葉は深いです キッチン扉を侮っていると ...

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

キッチン一つとっても

色んな見方や考え方があります

 

家づくりにおいても

キッチンの位置づけは大きく変わってます

 

  • 脇役と考えるか主役と考えるか
  • そっと存在するのか
  • ドカンと存在するのか?

 

皆様の住まいの考え方にとって

どちらのスタンスでしょうか?

 

コンセプトを大事にして

キッチン選びして下さい!!

 

 

最後にキッチンは関係ないですが

設計士がこの窓を見て

窓枠が素敵やなぁ~と言ってました

(マニアック(笑))

 

キッチン見ながらも

こんな所に建築を感じてるとは(笑)

建築の世界は奥が深いです(^^;

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    壁紙にあきた方にお勧め
    (ウォールステッカー)

    ソファーを置かずに
    ビーズクッションを置く暮らし

    無印の後付け可能な
    収納の箱

    コメント