【夏本番】エアコンのお勧めな設置位置と使い方(つけっぱなし!?)

スポンサーリンク
エアコン関連

おはようございます!!

夏本番って感じが漂ってますね

皆様はエアコンとうまく付き合ってますか?

 

ということで本日の記事内容は

エアコンの効果的な使い方と

設置位置に関するお話です

 

間取りを考えるうえで

適当につけがちな内容です

 

深く考えることによって

設置台数を減らすことができたり

光熱費を抑えれますので

是非とも参考にしてみてください

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

家づくりをしていると

エアコンは各室に一台!!

それが当たりまえ!!

なんて思ってませんか!?

 

私の今の理想形は

一家に一台のみで運用できる方法です

 

今の断熱気密を駆使すれば

間取り次第では実現可能です

使い方と考え方をマスターしましょう

 

 

よくあるエアコンの使い方

最近の皆様はどうかわかりませんが

私自身も陥っていた

よくある使い方はこうではないでしょうか?

 

つけたり消したりする使い方

暑いときにピッ!!

冷えたら勿体ないから消す

いかにも日本人らしい勿体ない精神です

我慢こそ美学的なのもあります

 

私も昔は暑いのを我慢して

できるだけエアコン無しで暮らしてました(笑)

 

エアコンタイマーつけて寝る

寝るときは快適に寝るためにタイマー

朝方になると暑くてもう一度ピッ!!

 

みたいな方もまだまだ多いのでは?

昔はよくやってました(;^_^A

暑くて寝苦しくて目がさめます

 

できるだけエアコンをつけてないので

一見節約に見えますが

実はそうでもないのがこの使い方です

 

 

お勧めな使い方

最近のエアコンは優秀です

めっちゃ高効率です

さらに家の性能も優秀です

 

それだけ設備は進化しているのに

エアコンの設置に対する考え方はというと

昔からあまり変わっていません。。

そこが問題なわけです!!

 

まずはエアコンのクリーニングを

これは性能どうこうではなくて

基本的な部分です

きれいな空気を吸うために

清潔にはしておかないとダメです

 

偉そうに言いながら

我が家もやっとこさ掃除しました(;^_^A

だからこそ思えることです

 

目に見えない空気だからこそ

大事にしたいところです

(肌に触れる床材もね(笑))

 

我が家の床置きエアコンをメンテナンスでクリーニングをしてみて
みなさまおはようございます!! 新しいプロジェクトのプランが楽しくて 四六時中眺めてしまっています(笑) やるべきことがはかどりません(^^; ということで本日の記事内容は 我が家の床置きエアコンでの経...

 

冷気は上から下へを意識する

小学校の理科で習った内容ですが

間取りをつくるうえでは大事です

 

暖かい空気は上に

冷たい空気は下に

この原理を利用すれば

間取りづくりにも応用できます

物事はやはり基本の原理が大事です

 

深く理解することで

間取りづくも変わってきます

 

「暖気は上に・冷気は下に」自然の摂理を理解した上での家づくり
今回は当たり前のことですが 家づくりにおいて大事なことです 分かっているようで 誤解している部分もあるかもなので この機会におさらいです 私自身の体験や経験もふまえて 一度まとめた...

 

冷気を直接浴びない使用方法

寝るときにエアコンの冷気を浴びると

翌朝だるくないですか!?

 

昔はそれが嫌だったから

我慢して汗かいて寝てました

 

各室に一台のエアコン計画だと

この状態に陥ります

 

家全体でのエアコン計画にすると

直接冷気を浴びることはなくなります

 

吹き抜けの上から大きめのエアコンをつけっぱ

冷気は下にの原理を利用すると

吹き抜けも時には有効です

 

二階のホールとかにでっかいエアコンを設置して

居室の扉も開けっ放しにすれば

家中均一な温度にしやすいです

 

これがうまく機能すれば

一階のエアコンはサブ的に使えます

逆に冬場は一階のエアコンがメインです

 

床暖房がある家なら

完全に一台でも可能です

 

高断熱・高気密住宅だとしても冷暖房器具が無ければそもそも寒い
高断熱・高気密論争がアツいです 私は細かいことは詳しくないですし そこに関してはあまり興味もないので 圏外でひっそりしています(笑) ですが少し思うコトがあります その点は家づくりにおい...

 

サーキュレーションを活用

時間をかければ一台で大丈夫ですが

早く効率的に冷気をまわしたい場合は

サーキュレーションが効果的です

 

風を浴びるのではなくて

冷気をまわす方法です

地味に効果的です

 

居室の取り方の工夫

価値観は人それぞれですが

完全個室を設けなければ

冷気は均一にまわります

エアコンの冷気を直接浴びません

 

プライバシー性の話もありますが

ある意味健康的でもあります

 

カーテン間仕切りとかを駆使すれば

理想の環境に近づきそうです

 

注文住宅の間取りにおいて寝室や子供部屋がどこまで個室で必要か
おはようございます!! 今日は一応仕事の日です(笑) 今日も今日とて作業します!! 新しいプロジェクトが開始しそうで ワクワクが止まりません♪ ということで本日の記事内容は 完全に私の偏っ...

 

 

お勧めな設置位置

具体的に間取りにどう落とし込むか

考えていきましょう

 

LDKは見た目も考慮

LDKはやはり見た目重視したい派です

すっきりとした空間に

エアコンがぼっこんなるのは嫌です

 

 

そこをうまく二階のエアコンでカバーできたら

一階のエアコンをサブ的に使えます

つまりは見た目重視でいきやすくなります

 

これが新しいエアコンの新常識!?

(私の中でですが。。(笑))

 

新築時に失敗しやすいエアコンの取り付け位置と配管工事について
今回はまだ触れてませんでしたが 意外と大事で見落としがちな部分 エアコンの取り付け位置と配管について 間取りばかりに意識をやってしまって エアコンをどこにつけるか忘れてる。。 なんてことになって...

 

二階部分に大きめのメインを持ってくる

つまりはこういうことです

吹き抜けや上下階のつながりをつくって

二階に大きめの一台を設置する

一階はサブ的に使用する

(見た目を重視して)

 

二階のエアコンは見た目気にしないので

家の中心に設置します

 

こちらの最近の実例でも

格子の吹き抜けで上下階がつながっているので

二階のエアコンをメインに使われています

 

家中がつながっているので

二階の一台が24時間メインで稼働して

一階のエアコンはサブとして使用しています

(扉の中に隠しているので)

 

【実例紹介】7×7=30坪の住まいに詰め込んだアイデアハウス
おはようございます!! 昨日はオーナー様宅で 撮影という名の楽しいお食事会でした(笑) つくった家を朝から一日体感しました(笑) (暇人です(^^;) ということで本日の記事内容は 体感してきた記...

 

歩ける格子の吹き抜けは

  • 気配
  • 冷気
  • 暖気

いろんなものを通してくれます

 

【間取りづくり】空間をつなげて冷暖房効率と光熱費は大丈夫か?
おはようございます!! 息子が珍しく釣りに行きたいと言うので 久々に行ってきます🐡♪ 釣れるかなぁ。。。 本日の記事内容は 他の間取りや相談を受けていて 「ここちょっともったいないなぁ。。...

 

我が家の使い方

最新の使い方のヒントは

我が家の暮らし方にもあります

 

我が家は吹き抜けもとれてないので

上下階は分断されてます(;^_^A

 

でもエアコンの冷気は直接浴びたくないので

使ってない部屋のエアコンを24時間つけて

扉を開けっ放しにしてまわしています

自分が寝る部屋の扉も開けて寝てます

(扉と個室の意味よ!!)

 

24時間つけっぱなしてると

意外と均一な温度になります

 

各部屋を仕切るから

それぞれで冷暖房を考えると

大変非効率な計画になります

かえって光熱費もかかるでしょう

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

この原理をうまく利用すれば

皆様のエアコン計画は

劇的に変わるはずです

エアコン設置台数も減ります

 

間取りからうまく考えることで

エコな暮らしを目指しましょう

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    コメント