吹き抜けや階段を利用した上下階をつなげる工夫やポイント

スポンサーリンク
吹きぬけ関連

皆様が間取りを考える際に

基本的には1階と2階を分けて考えます

 

勿論それが当たり前と言われたらその通りです

そして私もその考えで自宅をつくりました

 

今の住まい方は上下階完全分離です

 

家の坪数は37坪ありますが

メインで住んでいるスペースは

5m×11mの内

5m×8mのリビングスペースのみです

(大きさの割に小さく住んでます。。)

 

二階はほぼ寝るだけのスペースです

 

ですが二階建ての住まいにおいても

上下階の境界線を曖昧にすることによって

二階スペースもかんじることができる

二階スペースも使い切ることができる

コンパクトでも豊かで居場所が沢山ある

 

そんな住まいの作り方もあります

そしてそういった上下階がつながった所は

体感するととても居心地がいいのです

 

文章や写真では伝えにくいかもですが

まずは上下階を使い切る意識が芽生えるように

そんな気持ちで記事を書きたいと思います

あくまで一つの選択肢としてご覧下さい

 

スポンサーリンク

1階と2階という概念

先ほど述べたように

まずは1階と2階という概念を捨てましょう

間取り図を分離して考えるのを辞めましょう

 

理由があって音を遮断したい時は別ですが

できることならば

2階部分も感じるようにしたいです

 

上下階をつなげるレベルは

と色々あります

私の家はゼロです(^^;

 

ちょっとつなげるだけでも違います

段階別に紹介していきますので

自分達にとって適度な距離感を

見つけてみてください👀

 

 

 

1階と2階を曖昧にする手法

それでは段階ごとに見ましょう

最後のパートはすんごいですよ(笑)

 

 

 

吹き抜けをとる

まずは基本的な取り方ですが

吹き抜けを取るだけで違います

 

 

 

光や音がつながります

そのおかげで気配もつながります

 

 

 

キッチンからの目線です

二階の様子がチラッと見えますね👀

 

たったこれだけの吹き抜けでも

二階を感じることができるのです

二階を一部取り込むことが可能です

 

 

 

 

二階で遊ぶお子様とコミュニケーションです

 

目と目が合う環境があるだけでも

色々な動きがうまれます

たまにおもちゃも降ってきます(笑)

 

 

 

 

二階の階段あがった部分がガラスです

腰壁が無いように見えますね

 

ここに二階の人が立っていると

バッチリつながります👀

 

 

 

 

二階のホールにあがった時も

一階の様子はよく見えます👀

 

これだけ鮮明に見えると

とりあえず見下ろしたくなるのは

私だけでしょうか(笑)

 

嬉し気に下の人に声かけたくなります

こういった効果が吹き抜けにはできます

 

吹き抜けのメリットデメリットについて
初めて家を建てられる方にとって 吹き抜けを取るかどうかの選択は かなり大きな決断事項です!! 我々建築に携わってきた人とは違います 我々は沢山の家を設計してきて どれくらい暑いか寒いのかとか ...

 

 

 

ロフトをつくる

これもシンプルにつながる手法です

 

特に平屋の住まいの場合は

二階部分がないので有効です

 

 

勾配天井とロフトスペースの相性は◎です

これも立派な居場所になります

 

お子様にとっても楽しいスペースになります

 

 

 

 

どのような階段にするかによって

使う頻度が変わってくるかと思います

 

写真のようなタイプでいくと

小さなお子様は使いにくいかと思います

 

しっかりとした固定階段を取ろうとしたら

コストがかかるのと場所をとりますが

使用頻度は格段に上がるでしょう

 

目的によって取り方や上がり方を考えましょう

 

 

 

お子様にとっても上から見下ろす景色は

とても刺激的で楽しいものです

 

親からはいつも見下ろされます👀

この場所からだけは親を見下ろせます👀

 

 

 

階段を利用する

上下階をつなげる方法として

階段を利用するのがやりやすいです

 

 

階段の始まりをあえて広くとってます

 

更に吹き抜けと絡めるだけで

居場所がグッと近まります

 

 

 

階段の段差を利用して居場所に

居場所同士が吹き抜けを介してつながります

 

リビングレベルから見上げる景色と

階段途中から見上げる景色は違います

 

二階との距離感がグッと近いです👀

 

 

 

階段途中のスペースです

 

実は家中で一番気持ちいい場所です

家中を見渡せるスペースです

1階も2階も感じることができます

 

 

 

 

こちらも階段スペースを利用です

木貼りの向こう側が階段です

 

 

 

 

階段をただの移動に終わらせず

1階と2階の中間ポイントにします

 

両方を見渡せる場所です

 

 

 

その中間ポイントに居場所を設置

今となってはうらやましい書斎です

 

私がブログを書いている目の前は

子供達がガヤガヤと遊んでいます(^^;

少し隔離したとこで作業したい。。。

適度な距離感が欲しい。。

アフターコロナ後のマイホーム計画に対する変化について
今回はコロナが及ぼした影響についてです! 今現状もコロナと向き合っている状況です これから先どこまで続くかも不明です マスク生活も苦痛です(^^; ですが向き合っていかないといけません ...

 

 

 

階段もここまでビヨーンととれば

もはや階段ではありません

 

立派な居場所です

 

 

 

居場所を渡っていくと

二階らしきスペースにあがれます

 

この居場所をどう使うかは

家族次第です

その時々で使い方は決めて下さい

 

家をつくる時点では

そこまで限定していません

そしてこんな要望は皆無でした(笑)

 

 

 

北向きの吹き抜けなので優しいです

 

南の吹き抜けであれば

暑くて居場所になり得ないかもです

 

 

 

この踊り場で

チーフアーキテクトがお酒飲んでました

竣工パーティーにて気分よさげでした(笑)

 

自分がつくりあげた空間で

お酒と空間に酔いしれてました(^^;

そして最後は酔いつぶれてました(笑)

翌日は体調不良で欠勤(笑)

 

 

 

二階に近づくにつれて景色も変わります

 

毎日の景色がこんな感じだと

階段の上り下りが楽しいはずです

 

 

 

 

このお住まいは実現しなかったのですが

細長い敷地を活かした間取りです

 

家の奥側が階段居場所吹き抜け

ちょうどいい中間ポイントがあります

 

 

 

中間ポイントから見ると

上下階がつながって感じます

分断されてはいません👀

 

こういった場所をつくることによって

1階2階も使い切れるようになります

 

家中感じれるように

できる限りつなげれたらお得ですね!!

 

 

 

 

実例紹介

先ほどの物件を見てからでは

可愛らしく見えるかもですが

少し絡む実例を添付します

 

 

吹き抜けでつながった実例

実例紹介1 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウス
実例紹介シリーズ 記念すべき第一弾です🏠 (本日の実例テーマは) 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウスです🏠 小さな家で 豊かに暮らす 大手ハウスメーカーでも 2000万円台で...

1階ワンフロアー

2階もワンフロアー

 

そのスペースが吹き抜けでつながります

気配も空間もつながります

 

隠し事もひそひそ話もある意味できません

24坪のコンパクトな家だからこそ

上下階をつなげて広く住まいます

 

 

 

階段を利用した実例

実例紹介5 多機能な土間スペースのある 軒長の白ハコ住宅
実例紹介シリーズ🏠 第四弾が終わりました 今回は第五弾です!! 今回の住宅は 多機能な土間スペースのある 軒長の白ハコ住宅です 昔の家には ふんだんに使われていた ...

階段の段差をうまくいかして

コンパクトな居場所をつくっています

 

30坪ない実例ですが

豊かな居場所が沢山ある住まいです

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか

 

少しは1階2階という概念が薄まりましたか

昨今の高断熱高気密の住宅では

こういった提案や空間がしやすいです

 

むしろこっちの方が快適です

1階と2階を分けると寒暖差もできます

体への負担も大きいです

 

上下階をつなげるメリットは沢山存在します

見聞きするだけでは伝わりにくいので

まずは体感しに行ってみましょう👀

 

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

プランの添削やアドバイス希望の方も
気軽にコメント下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

    コメント