【住宅ローン控除】9月末までの駆け込み契約で気をつけること6選

スポンサーリンク
時事ネタ

おはようございます!!

昨晩は間取り相談でズームをして

工務店さんの図面とにらめっこ👀

自分が本気で関与することによって

どこまでいい家になるか挑戦です!!

(新たな試み)

 

本日の記事内容は

住宅ローン控除に関するお話

今は契約のタイミングが難しいです

 

契約に向けてどんなことを気にすべきか

今のうちにまとめておきます

 

時事ネタ的なお話ですが

家づくり真っ最中の方はご覧下さいm(__)m

 

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

家づくりにはタイミングがあります

恋はフィーリングとタイミングとハプニング

家づくりは人選びとタイミングです(笑)

 

最後は勢いとエイヤーも大事ですが

そこに至るまでに

抑えるべきポイントがあります

 

そこを踏み外すと

あとでもれなく後悔しちゃいますよ(^^;

 

 

現時点の状況

住宅ローン控除が10年か13年か

まさかまだ知らない人はいないですよね?

 

2021年9月末までに契約

2022年(令和4年)12月31日までの入居

これがローン控除13年適用の条件です

 

収入や借入額にもよりますが

金額的には100万円前後に関わる話です

 

ウッドショックもろもろありますが

ローン控除の波も乗っておくべきです

 

ここを深堀すると長くなるので

詳しく知らない方はこの動画が分かりやすいです

(私が説明下手なので代わりにご覧下さい(笑))

 

 

9月末まで契約で意識すべきこと

今の状況が分かったところで

9月末までの契約が条件です

 

とはいえ大きな買い物ですよね

失敗しない為にも

しっかりポイントを抑えておきましょう!!

 

ウッドショック×住宅ローン控除で予想される駆け込み契約について
おはようございます!! 家の金額の高騰 コロナによる経済への影響。。 いったいどこまで続いていくのでしょうか ということで本日の記事内容は 昨今の流れから予想される 今後の住宅業界についてです ...

 

 

1,焦らず慎重に積極的に!!

焦らず慎重に!!

でもアグレッシブに(笑)!!

 

矛盾していますが

タイミングというのがあります

 

この土地気に入ってるけどどうしよう。。

まだ他のHMも見たいし。。

そうこうしてる間に土地がなくなる。。

なんてことは住宅あるあるです

 

来る時に即アクションできるように

以下の下準備はしておきましょう

 

  • 自分達の総額予算の把握
  • 毎月の固定費の整理
  • 毎月の固定費の見直し
  • ローンの事前審査
  • 信頼できるパートナー探し
  • 担当者の実例見学
  • 自分達の要望の整理

 

これらが全て出来ていたら

焦らず積極的に動けます!!

出来ることから先にしておきましょう

 

一瞬の判断が運命の分かれ道 土地購入までの流れについて
今回の記事は 「土地購入までの流れ」についてです めぼしい土地が見つかった!! まずはハウスメーカーをまわろう 候補地が見つかったから 建てたい会社を急いで探していこう!! そうこ...

 

 

2,契約前の精度は高く!!

積極的にとは言いましたが

契約前の精度は高くいきましょう

 

一見矛盾したように聞こえますが

正しく積極的に動けば大丈夫です

余裕です(笑)

 

頑張り方を間違えてしまうと

ただ単にジタバタしただけになり

ライオン(営業マン)に狩られます

 

契約前の確認をしっかりしましょう

  • 外構図面見積もりは大丈夫か
  • 建物見積もり内容は把握しているか
  • そもそもの提案は気に入っているか
  • 担当者に不満はないか

この辺りを主に確認して下さい

 

少しでもひっかかりがあるならば

重点的に補強して下さい

 

注文住宅の契約後に増額になりやすい項目ベスト10について
最近お問合せ内容にて 見積もり内容が適正かについて 質問されることがありました お客様の気持ちになれば 当然不安になる事項だと思います 全ての選択肢を知らない中で ・担当者が勧める仕様で本...

 

 

3,無駄に検討会社を増やさない

期限が迫っているからといって

後悔しない為に手当たり次第検討!!

 

一見アグレッシブな行動に見えますが

これは駄策です

 

この方法の末路は。。

間取りがどこも似たようになり

最後は値引き合戦の勝者がウィナー。。

結局そこかい!!ってなります

 

事前情報をしっかりと取得して

数を絞って検討しましょう

 

沢山検討したところで

訳わからなくなるだけです(^^;

 

営業マンとお客様の巡り合わせによって家づくりの運命が変わる
おはようございます!! 昨晩はズームミーティングからの ズーム飲み会に発展して そのまま洗面所で寝てしまいました。。(笑) 書斎がないので洗面所がズーム室です(^^; ということで本日の記事内容は ...

 

 

4,信じたパートナーと深い打ち合わせを

運命の人と感じれる人と出会えたら

浮気せずに尽くしましょう

(あなただけ見つめてる♪です)

 

アナタが尽くした情熱は

必ず自分に返ってきます

 

アナタの眼力がなくて

見る目がなかったらごめんなさい。。

その時は違う末路もあるかもですm(__)m

 

自分の直感を信じて

任せる力を養いましょう!!

 

【プロジェクトT⑦】修正プランと見積もりの為の仕様打ち合わせ
おはようございます!! 昨日の打ち合わせの余韻が残り 興奮冷めやらぬ状態です(笑) ということで本日の記事内容は プロジェクトTの第7話!! 契約前の仕様打ち合わせ編です ここをしっかりと...

 

 

5,完成時期は要検討!!

ここまで順調にきたとしても

着工時期と完成時期問題があります

 

各社値上がりどうこうとか

部材に限りがあったりします

 

この時期に完成希望と言っていても

希望通りいかないこともあります

 

初期に完成希望時期を伝えた上で

社内の工事枠を抑えるのも必要です

 

  • ローンの承認が条件
  • 契約が条件
  • 打ち合わせ完了が条件

会社によって条件は様々です

 

全てゴールからの逆算によって

家づくりを進めましょう

ボーっとしてたら過ぎ去ります。。

 

注文住宅における契約から契約後の打ち合わせを経ての流れについて
今回は契約後にフォーカスをあてます 無事に契約はしたけども これからどんな流れになるの?? 契約後のコストアップは大丈夫かな? まだまだ不安ですよね。。 この記事を書こうと思ったきっかけ...

 

 

6,来た波には乗れ!!

一言でまとめるとこうです(笑)

うまく波乗りしましょう!!

 

一つでもバランスを崩してしまうと

波乗り失敗です。。

 

契約解除したくなるか

契約後にトラブルになります。。

 

そうなってしまうと

家づくりそもそもが楽しくなくなるので

心地よく波乗りして下さい

 

ウッドショックやコロナの影響を加味して家の契約はいつすべきか
今回の記事内容は 最近巷では話題沸騰中の 時事ネタをふまえたうえで いつ家を契約すべきなのか? いつ家を建てるべきなのか? この二点についてです またまた今回も私の推測になりますので ...

 

 

家づくり真っ最中の方へ

色々言ってきましたが

焦って契約だけはしないように!!

これだけは重々伝えておきます

 

焦って契約した先には

その金銭以上のリスクが待ち構えています

 

いつも言ってますが

家づくりはエンターテイメントです!!

 

その家づくりが楽しくなくなってしまうと

お金どうこうの騒ぎではありません

 

そんな人を沢山見てきているからこそ

そんな方の相談が意外と多いからこそ

あえてお伝えしておきます

 

どうかどうか

慎重に積極的に動いて下さい

 

【注文住宅】家づくりを成功された方の共通点について考える
最近オーナー様宅を取材しています ルームツアー動画を撮影する為に 各オーナー様宅をまわっています どのお住まいも どのご家族様も キラキラしていてとても素敵です その際に感じた共通点があり...

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

これでやるべきことは見えましたか?

 

9月末まで残された期間はわずか。。

その時間をどう過ごすか

誰を信じて託すかによって

皆様の未来と人生が変わります

 

大げさに聞こえるかもですが

それこそが現実です!!

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    コメント