家づくりの外観の印象に大きく影響する屋根形状と屋根勾配について

スポンサーリンク
外観について

公式LINEをスタートしました!!

【登録無料特典】

①要望整理チェックシートプレゼント

②家づくり攻略動画無料配信

③家づくりの知識アップ&レベルチェックゲーム(ブログで学んだ知識で挑戦してみてね♪)

登録はコチラのボタンから

今回はまだふれていなかった

屋根形状と屋根勾配についてです

 

どんな外観がいいかと聞かれても

どんな種類があるか分からないはずです

 

なので今回は屋根にフォーカスをあてて

一通りご紹介したいと思います

 

外観にご興味おありの方は

是非ともご覧くださいm(__)m

スポンサーリンク

家づくりをするにあたって

屋根が家づくりに与える影響は絶大です

 

屋根勾配や屋根形状によっては

街に与える印象も大きく変わります

 

圧迫感を与える屋根もあれば

街に対して優しい屋根形状もあります

 

自分だけ良ければいいと思うのも一つですが

街にどのように佇むかを考えるのも

個人的には大事なことだと思っています

 

自分の家だけを考えずに

まわりの雰囲気も考慮したうえで

全体像をイメージしてみましょう

 

 

 

 

屋根形状と勾配の種類

皆様が思っている以上に

色々な種類があります(^^;

 

平屋の場合や二階建ての場合等

それによって与える印象は違います

 

昔はこんなに種類はありませんでした

 

商品力が豊富になった今

色々な選択が可能です

 

 

 

 

フラット屋根

いっとき流行った屋根形状です

 

シンプルでスクエアーな外観は

無駄がなくて美しいフォルムです

 

 

 

 

 

設計事務所でフラットにすると

さらにスッキリした印象です

 

注意すべき点として

  • 軒が短いので外壁が汚れやすい
  • 雨漏れのリスクが高まる
  • メンテ費用が高い
  • メンテサイクルが短い

等々見た目が格好いい分

その分のリスクもあります

 

特徴を理解したうえで

フラット屋根を選びましょう

 

当社は以前は防水保証が20年だったので

今は初期保障が30年になったので

フラット屋根でも提案しやすくなりました

 

大手ハウスメーカーの保証について 気を付けるべきポイント
先日の記事に関連して 今回も重要な項目となります 保証に関するお話です 大手ハウスメーカーの建物は高いです その分メンテ費用が安かったり 保証が長かったりします 「じゃあ大...

 

 

 

 

フラット+勾配屋根

フラット屋根と一部勾配の混合です

これもいっとき流行しました

 

 

 

パッと見はフラット屋根に見えますが

実は奥側に勾配屋根があります

 

見え方や見せ方によっては

フラット屋根っぽく見せれます

 

 

 

 

 

奥側に勾配屋根がチラッと見えます

 

実際の道路側からの目線では

ほぼフラット屋根に見えるかもしれません

 

 

 

 

 

勾配部分は2,5寸勾配なので

かなり緩やかな印象です

 

昔は5寸勾配しかなかったので

かなりとんがった印象でした

 

2,5寸は優しい印象なので

個人的には好きな勾配です

 

 

 

 

 

角度によってはフラット屋根に見えます

この辺りも見せ方次第です

 

 

 

 

 

 

平屋の場合のフラット+片流れです

片流れ部分は5寸勾配です

 

立面図で見ると微妙ですが

たち上がるといい感じです

 

当時も図面段階では

矢印みたいと言われていましたが

実際建つと格好いいです

 

 

 

 

寄棟2,5寸勾配

私の中でのマイブームです

このパターンが一番軒を出せます

 

屋根勾配が緩くて

軒が長いとそれだけでいい感じです

 

 

 

 

平屋との相性も抜群です

 

軒が深くて水平ラインが強調されて

佇まいとしても良い雰囲気です

 

家づくりにおいて失敗・後悔しがちな自転車置き場について
今回のテーマは地味ぃ~なお話です(笑) ですがとぉーっても大事なお話です 住宅営業同士で自宅の会話をしていると 大体の営業が失敗したなぁと思う点 それが自転車置き場なのです(^^; ...

 

 

 

 

 

周囲ぐるっと軒が深いので

車を降りてからのアプローチになったり

自転車置き場になったり

敷地を有効的に使えます

 

 

 

 

 

二階建てになってもいい感じです

 

屋根勾配が緩いので

まるで一枚の板がのってるようです

 

和風にも見えますが

モダンな印象も与えてくれます

 

 

 

 

 

 

天井高を低くすれば

重心の低い素敵なプロポーションに

 

家づくりにおいて天井高は高ければいいというものではない
今回は家づくりにおいて 誤解されることが多い内容です 「天井高が高い=良い」ではないということ 天井高が高いことを 全否定する内容ではございません ケースバイケースです 全てにおい...

 

 

 

 

 

 

 

寄棟屋根のいいところは

四方から見てもかっこうぃーことです

 

どこから見てもいい感じです

そして四方に軒も深くまわります

 

コスト的にも安いのが寄棟です

(外壁の量が少ないので)

 

寄棟でオシャレに建てるのが

個人的なマイブームです

 

 

 

 

寄棟4寸勾配

2,5寸に比べると

屋根勾配が少しきつくなります

 

道路側から見上げると

殆ど屋根は見えない印象です

 

 

 

 

 

軒を深く出すと

同じく水平ラインが強調されます

 

2,5寸よりは短いですが

それでも十分深い軒です

 

 

 

 

 

インナーバルコニーと合わせれば

軒裏がより強調されて見えます

 

 

 

 

 

軒裏を深く見せることによって

家の印象が大きく変わります

 

 

 

 

 

 

4寸勾配の平屋になると

随分印象は変わります

 

2,5寸では瓦がのせれませんが

4寸以上になるとのせれます

 

平屋で太陽光を搭載する場合は

瓦一体型のソーラーにできます

 

屋根部分が結構見えてくるので

どの組み合わせにするかは悩みます

 

 

 

 

 

寄棟5寸勾配

昔から定番の屋根勾配です

5寸勾配の家が一番多いでしょうか

 

瓦ものせれますし

安定の屋根形状と勾配です

 

 

 

 

 

片流れ2,5寸勾配

片流れにおいても

勾配が与える印象は大きいです

 

外壁の量も変わってくるので

5寸勾配に比べると安くつきます

 

 

 

 

 

 

 

 

片流れ4寸勾配

2,5寸勾配に比べると

少し急勾配です

 

見る角度によっては

外壁のおでこの量が多く見えます

 

 

 

 

片流れ5寸勾配

我が家を建てた時は

5寸勾配の選択肢しかありませんでした。。

 

2,5寸が当時にあれば

間違いなくそうしています(^^;

 

 

 

 

ご覧の通りおでこが広いです

 

この角度から見る我が家は

正直ダサイのです!!!!

 

それは分かってはいましたが

やはりあまり見たくありません(笑)

 

このおでこの分の小屋裏があればいいですが

コスト削減の為にやめました。。。

 

今は後悔しております

全くこの屋根を活かせておりません

 

 

 

 

 

切妻2,5寸勾配

切妻屋根にも2,5寸勾配があります

 

昔はこれも無かったですが

今は本当に自由になりました

 

優しくおじぎした外観等

ソフトな佇まいが演出できます

 

 

 

 

 

切妻4寸勾配

先ほどよりも勾配が急です

 

軒を短くする時と

長くする時で印象が違います

 

 

 

 

 

切妻の妻面の向きを変えると

佇まいの印象も変わります

 

和モダンな印象の佇まいです

 

 

 

 

 

下屋と合わせて利用しても

和モダンな印象になります

 

下屋の水平ラインも演出しています

 

 

 

 

 

 

切妻5寸勾配

平屋の5寸勾配の切妻です

 

鉄骨等の商品によっては

屋根勾配が限定されます

 

この辺りのできるできないに関しては

事前に確認しておきましょう

 

 

 

 

 

洋風なご要望にも対応できます

テイストとしては少ないですが

かわいらしい外観です

 

 

 

 

切妻6寸勾配

今ある商品の中では

一番勾配がきついです

 

小屋裏を利用する場合とか

あえてとんがった感じにする場合とか

6寸勾配にすることがあります

 

 

 

 

 

ヒカキン似設計士の自宅は

倉庫っぽい外観を希望していたので

あえての6寸勾配です

 

 

 

 

 

倉庫フェチからすると

たまらないそうです(笑)

 

 

 

 

 

気を付けるべき点

こんなに沢山あっても

どう選べばいいか分かりません!!

 

きっとそうなるでしょう

その際のいくつかポイントがあります

 

 

 

 

軒の出をどこまで出したいか

軒を沢山出したい場合は

屋根勾配を緩くして

瓦ではない素材を選択することになります

 

そもそも瓦が絶対の場合は

屋根勾配が限定されます

 

軒の出を優先したい場合は

2,5寸がお勧めです

 

軒の出がもたらす住まいのゆたかさについて
今回は私が注目している 軒の出について語ります!! 建築する立場としては 重要視している軒の出ですが 家づくりを始めた方からすると 軒の出?くらいの感じが大体です(^^; でも軒の...

 

 

 

 

 

どんな家の外観にしたいか

細かく決めるのは難しいので

  • 和風がいいのか
  • モダンがいいのか
  • ナチュラルがいいのか
  • シンプルがいいのか
  • 和モダンがいいのか
  • スタイリッシュがいいのか
  • 洋風がいいのか

そのくらいの大きな分類で

全く問題ありませんm(__)m

 

あまり固定されるよりは

フワッとしてる方がいいです

 

ハウスメーカーはオシャレじゃない?プレハブ?自由度がない!?
今回は皆さまが思ってるかもなこと 「ハウスメーカーってダサい?」 「ハウスメーカーってプレハブ?」 「ハウスメーカーって自由度ない?」 そんなキーワードを連想される方も多いのでは 実際に様々なY...

 

 

 

 

室内の天井勾配を利用したいか

リビングの天井を勾配にしたいとか

特別なご要望がある場合は

屋根と合わせる必要があります

 

先に要望を伝える時に

その旨を伝えておきましょう

 

 

 

 

 

片流れや切妻屋根にすると

写真のような勾配天井が可能です

 

 

 

 

 

小屋裏を利用したいかどうか

小屋裏を利用する場合も

屋根形状と密接な関りがあります

 

ロフトや小屋裏が最優先であれば

ある程度勾配のある屋根にして

ふところを確保する必要があります

 

 

 

 

最初の段階で伝えておきましょう

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

屋根一つとってみても

こんなに沢山の種類があります

 

こんなに沢山あるのに

自分で選択できるはずがありません

 

ニュアンスと大枠だけを伝えて

あとはプロに任せましょう!!

 

 

 

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

    コメント