インテリアを考える上で室内から見た窓の見え方を意識する点

スポンサーリンク
インテリア

今回はインテリア目線から見た

窓に関する内容です

 

間取り相談を受けていると

結構真っ先に気になる点です

 

案外考えられていなので

この記事をきっかけに

意識して欲しいと思います!!

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

家づくりをしていると

間取りばっかりに意識がいきます

 

そこについている窓なんて

きっと後回しです

  • 後で打ち合わせするもんだろう
  • プロに任せておけば大丈夫だろう

この考えは超危険です!!

 

なぜならば

窓の提案に対するレベル差が激しいからです

 

逆に窓を突き詰めて考えてくれる人は

他の細かな部分も考えてくれます

 

窓のつめが甘い担当者は

他の細かな部分も微妙でしょう

 

それくらい窓一つで

その人の力量が伝わってきます

 

どういった点を気を付けるべきか

順番に説明していきます!!

 

よくある事例

まずは相談を受けていて

よく見受けられる傾向です

 

お客様の方でも

気付けるレベルになりましょう!!

 

そんなに難しくない点も多いです

写真付きで解説していきます!!

 

 

色んな種類の窓を取りがち

相談者の方の承諾を得て

実際のパースを添付させて頂いてます

 

間取りは別として

これを見て何か思われますか?

 

敷地の向こう側がどうこうは別として

色んな種類の窓を取りすぎです

 

 

こちらのパースも含めると

LDKを見渡すと4種類の窓があります

壁が散らかって見えがちです

 

インテリアを考える前に

壁がデザインされていません

 

美しい空間や

視線が気持ちよく抜ける空間は

壁がしっかりデザインされています

素材がしっかりと引き立ちます

 

注文住宅に失敗しない為の室内の壁をデザインする手法について
今回の記事内容は 玄人が意識している内容です 間取りを考えるうえで 壁をきれいにつくったり 壁をどう見せるか 何のこっちゃ!? そう思われる方も多いと思います ど...

 

 

例えばこの実例は

二階リビングで中庭に向けて窓があります

 

奥側の窓は掃き出し窓ですが

開閉できないようにしています

(中庭に転落しないように)

 

 

中庭から見ると不思議な感じです

 

ですがバルコニーの窓と合わせる為に

室内から見える窓を統一しています

 

それぞれ違う窓が見えてくるよりは

コチラの方が統一感がでます

そのくらいこだわるのです

 

室内からどう見えるのかを

ストイックに想像してみて下さい!!

 

 

ラインがずれている

悪い例の資料はないですが

窓のラインを意識して下さい

上下左右のラインがでてきます

 

吹き抜け等を介して

垂直方向に窓が見えてくる場合

色んなラインを揃えて下さい

室内からの見え方が違います!!

 

この辺は初歩的な内容ですが

案外できてない提案も見受けられます。。

 

幅やリズムが違う

窓にはリズムがあります

 

きちんと考えられた窓というのは

リズミカルに窓がとってあります

  • 等間隔に窓枠があったり
  • 幅が均等だったり

ですが実際の間取りを見てみると

2mの窓と1,5mの窓が隣り合わせに。。

こんな初歩的な窓の御法度も散見されます

 

窓のリズムを奏でて下さい(笑)

 

 

勝手口が見える位置にある

これも絶対ダメなわけじゃないですが

個人的には気になるレベルの話です

 

室内側を見渡した時に

勝手口が丸見えなパターンです

 

気にならない方はいいですが

個人的には気になります

 

そもそも勝手口不要派ですが

どうしても必要な場合は

死角部分に取りたいところです

 

勝手口は必要か?メリット・デメリットとお勧めの間取り
今回は勝手口にフォーカスあてます!! 皆様勝手口は欲しいですか?? おそらく家づくりを始めたばかりなら 「勝手口=あってあたりまえ」 くらいの感じな方が多いイメージです しかしながら 私が...

 

室内から考える窓のポイント

今回は窓のパートです

外観というよりは中から意識です!!

 

これが自然とできれば

外観の窓も勝手に整います

 

注文住宅で意外と考えられていない家の顔・ファサード面について
今回の記事内容は 家づくりにとって大事なコトです ファサード面って聞いたことありますか? これを意識しきれてない家が多いです こっちから見たらイケメンだけど。。。 よく見える横顔が。。。 ...

 

窓の種類を減らす

シンプルに考えるとすれば

窓の種類を減らしましょう

これだけでも印象は変わります!

 

色んな種類の窓をつけると

室内側から見ても散らかります

 

統一感もありません

光の漏れ方も美しくありません

 

 

窓の種類は少なくて2種類

多くても3種類~4種類くらいでしょうか

 

もちろん用途や目的に応じて

死角部分なら気にしなくていいですが

 

見える部分は気にしましょう

窓の種類を意識するだけです

 

室内を見渡した時に

窓の種類が同じだと統一感がでます

 

間取りを凝視するのではなく

室内を見渡してみてください

 

そこにどんな窓があるのか

それだけでも綺麗に見えます

 

単純なことです!!

でもそれが案外できていません。。

 

注文住宅に失敗しない為の窓の取り方【ポイント14選】について
こんかいの記事内容は 家づくりにおいて とってもだいじなことです 【窓の取り方のポイントについて】 以前にも違った角度で書いてますが そこも含めてまとめていきます ご興味ある方はご覧下さい...

 

 

幅を統一する

2mの窓なら2mで統一する!!

それだけでも統一感が出ます

 

我が家は2m×3枚の窓が

南北にそれぞれついています

 

両脇は開閉できる窓で

真ん中はフィックス窓です

この2mの等間隔のリズムが素敵です

 

種類だけじゃなくて

幅もできれば合わせましょう

 

これも簡単なことですが

案外できていません。。。

(なぜだ!?)

 

 

フィックスと開く窓を駆使する

窓=開閉ではありません

窓の役割は色々です

 

景色を見るだけの役割であれば

開閉できなくて結構です

  • 網戸もつきませんし
  • 間の桟がありません

スッキリ見えて掃除も楽です

(金額は高くなりますが。。)

 

しっかりとした風通しが確保できていれば

フィックスの窓も活用しましょう

窓の目的を再考しましょう!!

 

 

アクセント部分に窓を取らない

これもよくやりがちなんです!!

 

窓が少ないと不安になるので

とりあえずとっちゃいがちです

 

無いよりあった方がいい

そんな精神になりがちです

 

せっかくお金をかけたアクセント壁に

窓がくると勿体ないです

 

壁が引き立ちません

施工もしにくいだけです

 

お金をかける綺麗な壁は

穴ぼこ(窓)をあけないで下さい!

 

家づくりに失敗しない為のアクセントクロスを採用する際の注意点
今回はちょっとした小ネタです ですがあなどっていると 出来上がった後に。。。 アクセントで失敗したじゃない!! そうならない為に 気を付けるべきポイントについて 実例写真を交えながら紹介し...

 

隣家に向けて窓を取らない

これもよくやりがちです

 

間取り図だけでは分かりませんが

隣家がどんな状況なのか?

将来建つ可能性はないか?

 

窓に映り込むのが隣家だと

その窓を取る意味がほぼ無いです

 

カーテン閉めないといけない窓もです!

時には壁にする勇気が必要です!

 

将来の建築地周囲の変化を考えた家づくりのポイント10選
今回の記事内容は 建築地の周囲に対するお話です これをきちんと考えておかないと 将来絶望的なことになります。。 今までさんさんと明るかったリビングが ある日突然暗闇に。。。 こんなことが起...

 

窓上の小壁に注意

窓を天井までとると

視線がスッと抜けていきます

 

ここに小さな壁が生じると

そこで目線がストップします

 

ちょっとしたことですが

これも印象が変わります

 

天井高を低くすると

天井まで到達する窓が使いやすいです

 

天井高を高くして

プロポーションの悪い窓に。。。

こんな提案もよく目にします。。。

 

窓をどう演出するか

視線がどう抜けていくか

こんな考え方も大事です!!

 

家づくりにおいて天井高は高ければいいというものではない
今回は家づくりにおいて 誤解されることが多い内容です 「天井高が高い=良い」ではないということ 天井高が高いことを 全否定する内容ではございません ケースバイケースです 全てにおい...

 

実例紹介

少ないのを競ってるわけじゃないですが

窓の種類が2つしかない実例です

 

実例紹介編13 壁一面の吹き抜けとシースルー階段のある住まい
実例紹介編13作目です🏠 この原稿を書いている5月4日は 私の誕生日であります 別にどうということはないのですが 家族からよりいち早く 母からおめでとうのラインが(笑) これまで健...

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

窓一つとってみても

とても深い世界があるのです。。

 

いくらインテリアにお金をかけても

窓がデザインされていなければ

空間は洗練されません。。。

 

空気感の漂う空間には

考え抜かれた窓の存在があります!!

今一度窓を考え抜いて下さい!!!

 

 

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    壁紙にあきた方にお勧め
    (ウォールステッカー)

    ソファーを置かずに
    ビーズクッションを置く暮らし

    無印の後付け可能な
    収納の箱

    コメント