将来の建築地周囲の変化を考えた家づくりのポイント10選

スポンサーリンク
配置・敷地を読む

今回の記事内容は

建築地の周囲に対するお話です

 

これをきちんと考えておかないと

将来絶望的なことになります。。

 

今までさんさんと明るかったリビングが

ある日突然暗闇に。。。

こんなことが起こると最悪です(^^;

 

そうならない為にも

今回で勉強しておきましょうm(__)m

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

家づくりは盲目になりがちです

(恋は盲目みたいですね(笑))

 

何が言いたいかというと

現状の敷地と方位だけを見て

プランを考えるお客様と

プランを提案する担当者が多いです

 

そうした結果何が起こるかというと

  • 数年後にリビングからの景色が。。
  • 数年後にリビングの日当たりが。。

 

自分には無関係と思っておられるかもですが

普通にありえることです!!

 

そうなってしまった時のショックは

半端ないです。。。

 

実際に中古の住宅を買った社員が

その体験をされました(^^;

 

今まで明るかったリビングが

真っ暗になったそうです。。

皆様はならないようにしましょう!

 

周囲を考えるポイント10選

どのようなことに気を付けるべきか

ポイント10個をまとめます!

 

 

 

1、四方の状況を予想する

基本中の基本ですが

敷地の四方を確認しましょう

 

敷地に立ってみて

ぐるりと見渡してみましょう

  • 現状建っている建物
  • 更地の場合どう使われているか
  • 将来何か建ちそうか
  • 周囲の建物の窓はどうついているか
  • 周囲の建物が建て替えそうか
  • 倒れてきそうな壁とかはないか?

色んな考察をしてみましょう

 

今見えているものだけではなく

将来も見据えた周囲の見方をしましょう

 

家づくりの要望を優先せず敷地を活かすために意識すべきポイント
今回はいつも口に出してましたが 意外と記事にしていなかった内容です 「敷地を活かした住まいづくり!!」 超重要なやつです!! 下手したら一番重要かもレベルです ということでこれから家づく...

 

2、何階建てまでが建つエリアなのか

建築地の用途地域によって

エリア性によって

何階建てまで建てれるかが違います

店舗やマンションが建てれるエリアもあります

 

二階建てまでを想定していたけど

想定を上回った建物が。。。

こうなると最悪です(^^;

 

せっかくの配慮も台無しです

 

これから土地を購入する方も

案外落とし穴ですので要注意です

 

用途地域によって

土地金額は大きく変わってもきます

 

3、道路側は守られたポイント

どんな土地でも道路に接しています

 

周囲が建物に囲まれていても

どこかには接道しています

 

つまり守られた聖域なのです

そこに建物が建つことはありません

 

そこを活かさない手はありません

  • 視線の抜ける唯一の方向
  • 採光がのぞめる唯一の方向

それこそが道路面になります

方位を気にせず道路側は使いましょう

 

4、隣家の間取りを予想する

現状が畑や田んぼだからと言って

嬉し気に南に向けて大開口

 

これほんとによく見る光景なんです。。

 

そんなわけないでしょ!?

そう思われるかもですが

そんなことあるのです!!

 

建売住宅にはもっとよくあります

どこの会社とは言いませんが

最近できた大手HMの建売も

まさにこの状況でした

 

当社の建物が建ってしまったら

その建売真っ暗になりますよ。。?

 

無関係なのに罪悪感を感じます(^^;

 

南向き=窓は間違っている! 家づくりにおいて大事な窓の取り方
今回の記事は窓の取り方についてです 以前に書いた家づくりにおいて大事なコト ポイント11の中に入っていた項目です 窓について深くふれてなかったので 今回はフォーカスあてていきます 中々有...

 

 

5、一生涯抜けた方向に窓を設ける

このように大きな土地を二区画に割って

南北に分けるケースも少なくないです

 

西側道路で間口が7mしかない土地

南側の区画にも家が建ちます

 

つまり普通に考えたら

南側から光が入らないはず

東側にも三階建ての賃貸があります

 

 

南側に建物が建つ想定をして

バッチリな感じで間取りをつくりました

いつでも南側に建っても大丈夫です!!

 

室内側からの景色がほぼ変化ないように

間取りを熟考しました

 

 

お住まいされてから一年近く経って

南側に家が建ち始めました

 

予想通りの配置具合です

予想通りに建ってくれると

無駄に気持ちいいです(笑)

 

 

室内側の南面には窓をとっていないので

室内からの景色は変わりません

 

西側の道路面に開いて窓を取ったので

隣の家は映り込みません

 

ここまでプランを熟考しないと

住んだ後の景色が変わります

 

注文住宅に失敗しない為の窓の取り方【ポイント14選】について
こんかいの記事内容は 家づくりにおいて とってもだいじなことです 【窓の取り方のポイントについて】 以前にも違った角度で書いてますが そこも含めてまとめていきます ご興味ある方はご覧下さい...

 

 

7、隣家を配慮した建て方をする

自分だけが良けりゃいい

 

それはそうなんですが

どうせなら隣家の方にも気持ちよぉ~く

住んで頂きたいものです

 

向こうの家のリビングの窓があるのに

あえてそちらに向けて窓をとる

なんてことは絶対にしないように!

 

まちにもご近所さんにも優しいお住まいを

できる限り意識しましょう

 

写真のような白いハコだと

ある意味ご近所様には優しいです

 

家づくりにおいて後悔しない為に考えるべき配置計画のポイント
今回の記事は配置に関する内容です 一度建てると配置は変更できません 配置を失敗すると色々連動してきます 失敗は許されないわけです 配置に関する固定観念を壊せるように 柔軟な配置計画が考えれるよう...

 

8、信頼できるパートナーに任せる

お客様自身であれこれ考えるのは

ある程度限界があります

最終的には担当者に任せましょう

 

その際に見極めるポイントとしては

  • プランだけを提案しない担当者
  • 敷地からしっかりプレゼンする人
  • 将来の隣地まで考えてくれる人
  • 南向きだけにこだわらない人
  • ダメはダメと言ってくれる担当者

このあたりをしっかり提案してくれるか

判断材料に使って下さいm(__)m

 

家づくりで選択に迷った時は信頼できるパートナーに任せるべし
先日ご契約後の打ち合わせの際 お客様から印象的なお言葉を頂きました 「基本的には自分達のセンスは信じてません」 「これがいいと言ってもらったのは任せます」 日頃からそう言わせようとはしていません ...

 

9、中庭を設ける

一番確かなのは

中庭をつくってしまうことです

 

コストはかなりかかりますが

ある意味自分の世界をつくってしまえます

 

隣に何が建とうが

自己完結できるプランです

 

建て込んだ旗竿地等では

かなりの威力を発揮します

 

中庭空間をつくるための主なパターン5選を紹介
今回は少しニッチな部分です ですが個人的には重要な項目です 「中庭の壁のつくりかた」について 外部からの視線を遮る塀は欲しいです できるだけカーテンを開けて暮らしたいです その為には目隠...

 

10、実際の家を見に行く

まぁ~たやってきました(笑)

そろそろくどいでしょうか(^^;

それでも言い続けます!!

 

展示場は敷地を考えずつくっています

実際の建物は敷地を考えてつくっています

 

その考えこまれた実例を体感すると

お客様の家づくりレベルが

Level5位から

   ↓

Level70位までに上がります

急にレベルアップできるのです

(私の実例案内レッスンを受けたらの話ですが)

 

まるで別人になります

この作業は必須なのです!!

 

家づくりに失敗しない為に実例見学の際に見るべきポイント10選
今回の内容は私がいつも推奨している 実例見学時において 見るべきポイントについてです これを意識してみるのと ただ漠然と見学するのかでは 雲泥の差が生じてきます 是非とも参考にして頂き ...

 

実例紹介

隣家を特に考慮して

間取りを考えた実例です

いつも案内している実例です

 

ブログでは臨場感まで難しいですが

ニュアンスは伝わると思います

 

中庭型の実例

中庭とビルトインガレージを取り込んだ中庭コートハウスの実例
今回の記事は実例紹介です!! 皆様の憧れの部分がつまってます!! ビルトインガレージに カーテンを閉めなくても暮らせる 中庭を合体しています 兼ねることによるメリットが沢山です 希少な実例...

 

40坪の土地に建つ小さな中庭をつなげて最大限に豊かに住まう家
今回は実例紹介です!! 40坪のコンパクトな土地に建つ 小さな中庭のある30坪未満の建物です 決して大きな土地ではなく 建物も大きくはありません ですが豊かに住まう為の工夫が満載です ...

 

旗竿地の中庭実例

実例紹介3 悪条件の旗竿地に建つ 90㎡の明るく豊かな住まい
実例紹介シリーズ 第二弾が終了しました 承諾頂いた実例を 可能な限りご紹介していきます🏠 では早速第三弾です!!! 今日のテーマは 旗竿地という 悪条件の敷地において ...

 

南が建つと想定した実例

実例紹介編17 長さを広さに感じさせるシースルー階段のある住まい
コロナ自粛も解除になり ようやく写真撮影した分の 写真データをゲットできました ということで久々の実例紹介です!! 今回は人気校区での計画でしたので コストを抑える為にあえて細長い土地を ...

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

現在間取り検討中の方は

まずは周囲を見渡してみて下さい

図面を持って現地に行ってみて下さい

 

空き地に向けて窓をとってませんか?

きちんと将来の対策ができていませんか?

将来真っ暗になる建売を検討してませんか?

 

暗くなっていいのであれば別ですが

そんな人はほぼいないと思うので

将来を見据えた家づくりをしましょう!

 

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    壁紙にあきた方にお勧め
    (ウォールステッカー)

    ソファーを置かずに
    ビーズクッションを置く暮らし

    無印の後付け可能な
    収納の箱

    コメント