【注文住宅】現居の間取りや現状を見てもらうことによるメリット

スポンサーリンク
家づくりの勉強

おはようございます!!

視聴者様からのリクエストを頂いて

書いた記事を見て頂いた感想が

あまりにしっくりきたのでご紹介します(笑)

 

その記事はコチラです↓↓↓

ときめく間取り・プランとは?要望通りの間取りなのにしっくりこない
おはようございます!!最近朝日がのぼるのが早いからなのか4時前後に目が覚めます(老化なのか(笑)!?)ということで本日の記事内容は視聴者さんから希望されたネタです!!この質問を見てぬおおおおお!!ってなりました(笑)どういうことか...

 

ときめきました!

満足よりも感動!!

なんか、ストンと腑に落ちました

私が、「ここをこうしてー、こっちをこうしてー」( ..)φ

と、図面を引き始めた時点で

そのプランの伸びしろはほぼゼロなのかも。。

こういった感想を頂きました!!

(ありがとうございますm(__)m)

でもその通りだと思って

私も腑に落ちました(笑)

 

ということで本日の記事内容は

現居の間取りや現状を見てもらった方が

家づくりうまくいきやすいよ!!

そんなお話でございます!

 

何のこっちゃ!?

そう思わずにまぁ見て下さいm(__)m

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

家づくりを行っていくにあたって

駆け引きや隠し事はしない方がいいです!!

これはお互いにとって言えることです

 

複数社競合させて検討すると

必ず生じてきがちなコトですが。。(^^;

 

  • 腹をわって話す
  • 自分達のありのままを見てもらう
  • 心から相手を信頼する

こういったポイントはとても大事です

自分たちの本気や本心は相手に伝わります

 

相手を大事にすると

必ず自分達にも返ってきます!!

 

何事もそうなのかもしれないですが

家づくりに関しては特に意識して下さい!!

(ほんとに大事なコトですよ!!)

 

 

よくある家づくりパターン

まずはいつも通り

よくある家づくりパターンからです(笑)

熟読者はもう分かるよね(^^;

 

 

型にはまったニーズ調査

はいきましたっ(笑)!!

  • LDKは何畳欲しいですか?
  • 和室はいりますか?
  • 子供部屋は何畳欲しいですか?
  • 何LDK欲しいですか?
  • ☆〇♪%&。。。。(笑)

これが世の中の当たり前です(^^;

 

こういう聞き取り方の先には

当然型にはまったプランが出てきます。。

 

それがいいという方はOKですが

どうせならとびきりの家にしたいですよね

(そう思うのは私だけか!?)

 

どんな風に家づくりしていきたいかは

家づくり始める前に考えておきましょう!

 

 

上辺の聞き取り

  • 本当にお客様に興味を持って聞き取るのか
  • ビジネスライクにサラッと聞くのか

この二つは大違いです!!

 

今回の記事内容には

ちょっと関連してくる内容ですね

 

本当にその人(お客様)に興味がわくと

色々と深く知りたくなります

 

その人の見てる景色や世界観を

共有できた方がいい家づくりにつながります

 

お客様とは深く深くお付き合いしたいので

私は契約前からすぐ飲みに行っちゃいます(笑)

(賛否両論あると思いますが。。(^^;)

 

ときめく間取り・プランとは?要望通りの間取りなのにしっくりこない
おはようございます!! 最近朝日がのぼるのが早いからなのか 4時前後に目が覚めます (老化なのか(笑)!?) ということで本日の記事内容は 視聴者さんから希望されたネタです!! この質問を...

 

 

目的がいい家づくりではなく契約

悲しいですがこれが現実です。。

 

なんでか結構不思議なんですが

業としてる営業マンが多いです

(もちろん家売るのが仕事ですが。。)

 

契約で絶頂(エクスタシー)を迎えて

そこでゴールしてしまうパターンです(^^;

 

会社の仕組み上色々とあるかもですが

悲しい現実でございます。。

 

せっかくの注文住宅なのにご用聞きな間取りがでてくることが多い訳
日常の業務において 他社さんの間取り提案を含め 様々な提案を目にする機会があります それを見る度に 私はもったいないなぁ~と思います。。 完全に私の価値観での気持ちです 万人には当てはまら...

 

 

今の暮らしを見てもらうメリット

お客様に興味を持って

いい家づくができる担当者と出会った!!

その妄想の上話を進めていきましょう(笑)

 

 

思い切って

ありのまんまを見てもらいましょう!!

そういうお話でございます(^^;

 

恥ずかしい部分も全て見せて下さい!!

(そんな私はおバカちゃんです(^^;)

 

言語化できてない部分が見える

お客様のお住まいに伺うと

言葉で聞いてなかった情報が

わんさか転がっています!!

 

自分のことって

案外言語化して相手に伝えるのが難しいです

 

自分のことを分かっているつもりでも

人から見たら違う風に見えたりとか

よくあることですよね(^^;

(私は自分のことを真面目な人間だと思っています(笑))

 

こういったお客様の家で感じた気付きは

家づくりにとても良い反映につながります

 

だからバンバンさらけ出して下さい(笑)!!

 

【注文住宅】家づくりの要望を伝える際に大きなテーマを決めるべし
要望の伝え方は大事ですよ!! いつもそんな話をしています 今回はそこをもう少し掘り下げます あれこれ考えると 小難しいと思いますので シンプルに考えてもらえたらと思います 家づくりする...

 

 

インテリアの雰囲気が伝わる

口でモダンがいいだとか

シンプルがいいとか言ってても

そもそも人によってその定義も色々です

オシャレな家にして下さい!!

そう言われても

オシャレの定義すら違います(^^;

 

そういう意味で今のお住まいを拝見すると

好みのインテリアが伝わりやすいです

 

ちょっとした置いてる小物にも

その人のセンスや好みはにじみ出てきます

(私にはそのセンスがありません(^^;)

 

ありのまんまを見てもらいましょう!!

 

 

潜在的なニーズの発掘

家づくりにおいて

自分でも気づかない自分に気付くことは

感動の家づくりにおいて大事です

 

そういったヒントになるのが

やはり今の暮らしの中にあります!!

 

その暮らしを我々が感じることによって

お客様にとってはこんな暮らし提案がいいのでは?

そういう発想につながるわけです!!

 

想像通りの暮らしの住まいではなく

想像を遥か超える宇宙的な住まいにしたいです(笑)

(意味不明。。(^^;)

 

 

型にはまらない暮らしの提案ができる

家づくりをしていると

ついつい型にはまりがちです

  • 普通は〇〇だから
  • これはこうするべき
  • 〇〇が当たり前
  • TVはついてて当たり前

 

ただの紙に書かれたお客様の要望だと

こういった型に当てはめようとしてしまいます

 

これでは新しい何かは生み出せません!!

 

今の暮らしをさらけ出すことによって

新しい暮らしを手に入れましょう!!

 

【欲しい家】ではなく【欲しい暮らし】を探すための家づくり手法
今回の記事は 暮らし方にフォーカスあてます! 【人】と【暮らし】 家づくりの本質的な部分です 家づくりはある種人生です 今回はこの辺りに関して 少し深堀して考えてみたいです ...

 

 

収納量のイメージが湧く

現居の物の量は人によって違います

 

これで収納タップリですよ!!

私がそう思っていても

お客様の物の量が遥かに上回ることもあります

 

物を捨てれない人も多いです

(私のことです(^^;)

 

ミニマムな力を手に入れるのも大事ですが

現状の物の量を把握することも大事です

 

【注文住宅】ミニマリストな考え方は住まいの暮らしを豊かにする
皆様ミニマリストですか!? 私は違います!!(^^; でもなりたいなぁって思います ミニマリストは色々得だと感じます そしてそして!! 家づくりにおいてもそうなんです!! ミニマリストが最...

 

 

お客様の生活イメージがわく

人の生活スタイルって

結構想像と違うことが多いです

 

いつもは自分中心に考えがちなので

え!?

こんな風に生活されてるんですか!?

けっこうそんなシーンに出くわします

 

自分にとって当たり前の暮らしは

他人にとっては当たり前ではないことが多いです

 

現居を見させてもらうと

お客様の生活イメージがわいてきます

 

その生活にふれていると

いいプラン(暮らし)ができる時があります

神が降臨してくるのです(笑)

 

【注文住宅】要望をできるだけ少なく伝えることのメリット
今回の記事内容は 私が色々なオーナー様を見てきて 良い家づくりをされておられる方の 共通点であるポイントです 「伝えている要望が少ない」 「要望を言ったが叶えていない」 こんな方が意外と多いのです...

 

 

提案する広さ感覚がつかめる

人が育ってきた環境によって

広さに対する感覚は様々です

 

4畳で十分すぎると感じる人もいれば

8畳じゃないと狭いと感じる人もいます

 

過去に育ってきた環境であったり

その人の持つ感覚による部分が大きいです

この感覚に触れることもまた大事です

 

間取りを考える上で寝室や子供部屋にそこまでの広さが必要か!?
今回の記事内容は 子供部屋や寝室の広さについて これについては 入社してから随分考えが変わりました 今もなお考えが深化しています またまた今回も答えはないです 共感できる部分だけ盗...

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

まずは担当者を招く気になりましたか(笑)?

 

こんなコロナな情勢なので

家に招くのは。。。かもですが

 

自宅の写真を撮って

担当者に提供するだけでも違います

 

 

先日お客様から頂いた写真ですが

この情報だけでも沢山つまっています

 

自分たちのことをできる限り伝えて

素敵な家づくりにつなげていって下さいね!!

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    コメント