公式LINEで家づくり攻略動画とチェックシートを無料プレゼント!

【総まとめ】照明計画に後悔&失敗しない為の重要ポイント13選

こんにちは!!ファンタジスタ藤本です。
家づくにおいて照明計画はとても大事なポイントにも関わらず、イメージがしにくい&提案者もハイレベルな提案ができる人が少ないです。

つまりは、皆様自身がしっかりと勉強して体感して理解した上で選択していかないといけません。過去の家づくりで得た知識をこの記事に詰め込みましたので、皆様の照明計画にお役立て下さい♪



目次

照明提案に潜む闇を理解すべし

照明計画が成功しにくいのには沢山の理由が重なっているコトを理解しておきましょう!!

【お客様側の心理】
■暗いより明るい方がいい
■イメージがわかない
■この量で足りるか不安
■とりあえず多めにつけておこう
■担当者に暗いと言われたら従うしかない

【提案者側の心理】
■クレームは避けたい
■明るすぎてクレームにはならない
■お客様が不安そうだからつけておく
■暗いと言われるのは嫌だ
■無難にしておいた方が安心
■わざわざお客様に抗ってまで押し切りにくい

こういったお互いの心理が交差して、かなりの高確率で無駄な照明をつけすぎ&おしゃれとは程遠い照明計画につながっていきます。そんな提案を過去に沢山見てきました。

あわせて読みたい
【照明計画の闇】暗いかも?老後が心配?感じた時にお勧めの手法 おはようございます!! 遅くなってましたが ワクチン二回目を接種しました   昨日は完全にダウンしてましたが 二日目は復活しました!! 快調にブログ書いていき...


照明計画に失敗しない為のポイント13選

私自身も沢山の家づくりを経験してきたり、2010年に自宅を建てて住んでみたりの経験があるからこそ、お客様にも自信を持って提案できるようになりました。

これから家づくりされる方にとってはブログを読むだけでは難しいかもですが、見ないよりは見た方が理解は深まると思いますので、図面を見ながらチェックしていって下さい♪


1、まずは間取りの骨格が重要!!

大前提として間取りがキマッてないと照明だけではキツイです。。!!

色んな方からご相談を頂きますが、めちゃくちゃ違和感を感じます。。照明提案以前の部分がひっかかるのです。

ベースの間取り(骨格)がきちんと整ってないと、素敵な照明計画にはつながっていきません。


【照明計画がキマりにくい特徴】
■無駄な凹凸がある
■エアコンの位置が微妙
■窓の取り方が雑
■綺麗な壁がない

こういった特徴の間取りになっているケースが大半です。美しい照明計画の住まいは、骨格である間取りも美しいのです。

あわせて読みたい
失敗しないオシャレな照明計画にする為に意識すべきポイント10選 おはようございます!! ついにセミが鳴きだしました 夏到来って感じですね♪ 私の大好きな季節です   ということで本日の記事内容は 照明計画のポイントです  ...


2、綺麗な壁面を残すコト

光は綺麗な壁面に反射されます!!

インテリアや照明計画を考えるにあたって、美しい壁面の存在がかなり重要になってきます。綺麗な壁面を意識的につくっていきましょう!!


【壁面を汚しがちなモノ】
■不要な窓
■別の場所でもいいスイッチ&コンセント
■色や素材の違う幅木
■高さのバラバラな建具
■素材や種類の違う建具
■エアコン
■デザインされてない収納扉

実に沢山のトラップが存在するのです。。これら全てを配慮しつくした先に、究極の照明計画とインテリアが存在します。美しい壁をデザインしましょう!!

あわせて読みたい
注文住宅に失敗しない為の室内の壁をデザインする手法について 今回の記事内容は 玄人が意識している内容です   間取りを考えるうえで 壁をきれいにつくったり 壁をどう見せるか     何のこっちゃ!?   そう思...


3、余計な窓は取らない

照明と関係なさそうに見えてめちゃくちゃ関係してます!!

色んな間取りを見る機会がありますが、ほぼ100%の割合で、この窓なくてもいいのになぁと感じる間取りが多いです。

間接照明や壁を照らす照明の際に、余計な窓がない、綺麗な壁面を照らすのが鉄則です!!


【余計な窓の特徴】

■カスミ窓にしないといけない場所
■何となく取ってそうな窓
■カーテン閉めっぱなしになる窓
■隣家の影になる窓
■窓の向こう側は建物しか見えない窓

これらに該当してしまっている場合は、取らなくてもいい不要な窓であるコトが多いので要注意です!!不要な窓はデメリットしかありません。。

あわせて読みたい
【注文住宅】意味のない窓は思い切ってとらないことも時には重要 今回の記事内容は ある視聴者の方からの 相談内容にちなんだ話です   一言でいうと 無駄な窓とりすぎですよ!!って話です (提案者側に言ってますので(笑))  ...


4、天井面を美しくキープすべし

まずはこの意識を強く持ってみて下さい!!

天井面を綺麗に仕上げると、空間のクオリティーが格段に上がります♪

天井面に無造作につけられたシーリングライト(UFO)やダウンライトは異物位にまで思えたらベストです!!


【天井面を綺麗にするメリット】

■素材感が際立つ
■インテリアが映える
■居心地が良くなる
■開口部に意識が集中する
■光が綺麗にまわる

他にも言葉では表現しにくい、独特の空気感みたいなのがあります。過去に体感してきた素敵な空間は皆、天井面が美しかったです。

あわせて読みたい
【照明計画】天井面を美しく保つことによるメリット7選について おはようございます!! 急に寒くなったので 色々と冬支度に変更中です(;^_^A 夏が終わって冬が来た気分です(笑)   ということで本日の記事内容は 照明計画に関...


5、照明の色味の違いを理解すべし

照明には色んな色味があるのをご存知ですか!?

シーンや用途によって照明の色味を使い分けた方が効果的になります!!


【電球色 オレンジ色の光】
■居心地が良い灯り
■LDKとかによく使う
■厚化粧になりがち
■家からもれる灯りも素敵

【昼白色 青白い光】
■色が識別しやすい
■集中力アップ
■化粧場や勉強する場所に

【昼白色 上記の色の間の光】
■間を取りたい人におすすめ
■実際に体感して決めるべき

このように色味には色々な特徴があります。色をスイッチで変更できる器具もあるので、色んな用途に応じて切りかえたい方にはおすすめです。

あわせて読みたい
【照明切り替え機能】照明を電球色・温白色・昼白色にするか!?   おはようございます!! 本日も在宅ワークです♪ ほんっとうに良い時代になりました 今に生きれて幸せです(笑)   ということで本日の記事内容は 照明の色...


6、不安だからと言ってとりあえずつけない

つけるかどうか迷ってる場所は不要なケースが多いです!!

過去の経験上、ここ何となく暗そうだからつけとこうかなぁ〜と感じる場所は、結局使わない照明の確率が高いです。


【つけるかどうか迷ったらつける!!】ではなくて、【つけるかどうか迷ったらつけない!!or将来配線!!】がオススメです。

住んでみて暗く感じたら照明をつけるか、スタンド照明でカバーするコトも可能です。

あわせて読みたい
【照明計画の闇】暗いかも?老後が心配?感じた時にお勧めの手法 おはようございます!! 遅くなってましたが ワクチン二回目を接種しました   昨日は完全にダウンしてましたが 二日目は復活しました!! 快調にブログ書いていき...
あわせて読みたい
【注文住宅の落とし穴】コンセント計画に失敗しない為に注意すべきこと おはようございます!! 昨晩は私以外お出かけしていたので 晩御飯(おつまみ)を自分でつくりました!! と言ってもぶち込んだだけです (アヒージョ最高です♪)   &n...


7、ダウンライトの取り扱いに注意

どちらも同じダウンライトです!!違いが説明できますか!?

違いが理解できてる人は読み飛ばしてもらって大丈夫です!!

一般的によく提案されているのは上の方のダウンライトになります。斜めから見上げると案外眩しいです。下の方はグレアレスダウンライトになります。


【通常のダウンライト】
■斜めから見上げると眩しい
■家具等の素材感が際立たない
■光が全体的に拡散する

【グレアレスダウンライト】
■直下をかなり照らす
■金額は少し高い
■斜めから見上げても眩しくない
■光は拡散しない
■家具等の素材感を強調してくれる

こういった特徴の違いがあるので、シーンによって使い分ける必要があります。上手に使い分けるコトが照明計画成功の鍵を握ります!!

あわせて読みたい
【照明計画の落とし穴】思考停止でダウンライトを並べる照明の危険性 おはようございます!! 昨日はプチ贅沢してきました(笑) オーナー様から教えて頂いた 美味しいウナギのお店に行きました   おいしそうでしょ!? めっちゃ美味...
あわせて読みたい
【照明計画】グレアレスダウンライトの特徴と実際に使ってみて おはようございます!! 昨日オーナー様宅にて 夜の照明動画を撮影してきました   そこで採用した グレアレスダウンライトが優秀だったので 皆様にご紹介します &n...


8、居室や廊下は失敗しがち

適当に決めがちなのが居室と廊下照明です!!

我が家もしっかりと失敗したからこそ言えるポイントです^^;

油断してこんな感じかなと思って決めてしまうと、大抵暮らしてみながら眩しくて後悔しがちです。。


【居室の照明】
■普通のダウンライトは見上げると眩しい
■寝るだけなら案外天井は無しでもいける
■スタンド照明を活用すべき

【廊下の照明】
■夜寝る前に眩しい光は不要
■フットライトだけでよかったりする
■ダウンライトを多めにつけがち

以上が失敗しがちなポイントです。つけすぎ傾向や、案外なくてもよかったとなりがち注意です!!

あわせて読みたい
【注文住宅】注意してないと後悔しがちな居室と廊下の照明計画 今回の記事内容は 実例案内の時に 私のオーナー様からも言われることです   そのたびに もっとつきつめて提案すべきだった。。 そう後悔することが多いです  ...


9、意外と不便なセンサーライト

センサーライトって聞くと便利なイメージありますよね!?

センサーライトは使う場所によっては大変便利なのですが、使う場所を間違えると、ついてほしくない時に反応したり、夜中に眩しく照らされたりしがちです。


【センサーライトが注意な場所】
■トイレ(夜中眩しい)
■玄関(間取り上玄関通る場合にいちいち反応する)

【センサーライトがあってもいい場所】
■夜に駐車する場所
■防犯で威嚇(いかく)したい場所

他にもまだまだあるかもですが、夜の実際のシーンをじっくりとイメージしてからつけるようにしましょう。

あわせて読みたい
センサー付き照明とセンサーライトの意外な落とし穴とポイント おはようございます!! 最近は娘一人と寝るのが定着してます 21時台に寝ることになるので 自然と早く目が覚めます。。   ということで本日の記事内容は センサー...


10、スタンド照明をうまく活用しましょう

スタンドはインテリアにもなるし重宝します♪

とりあえず天井面に多めに照明をつける位であれば、グッと我慢してスタンド照明を後で追加しましょう。

案外明るさ確保ができますし、隅に置いて壁や天井を照らせば明るさと奥行き感が確保できちゃいます♪


【スタンド照明の注意点】
■想定したコンセント位置にする
■スイッチとコンセントを連動させておくと便利

暗そうかもと不安になる場所には、後でスタンドが置けるようにコンセントをつけておきましょう。

あわせて読みたい
【注文住宅の落とし穴】コンセント計画に失敗しない為に注意すべきこと おはようございます!! 昨晩は私以外お出かけしていたので 晩御飯(おつまみ)を自分でつくりました!! と言ってもぶち込んだだけです (アヒージョ最高です♪)   &n...


11、外灯計画は意外な盲点

外灯計画によってお庭の印象は大きく変わります!!

上の三つでどの雰囲気が好きですか!?何を照らしてどう演出するかによって、夜のお庭や室内の雰囲気が大きく変わります。

上級者のテクニックにはなりますが、取り入れるコトが出来たら夜の家時間の質が高まります♪


【一番上のお庭照明】
■手前のスポットライトから植栽を壁面に向けて照らす(塀や軒裏に影が強く映りこんでいる印象)

【真ん中のお庭照明】
■壁→スポットライト→植栽の順番で設置してあり、スポットライトから植栽を照らして、植栽の緑が一番上のよりも綺麗に感じます。

【一番下のお庭照明】
■建物側にスポットライトをつけて、植栽やお庭の床面を照らしています。地面が光を受けて、お庭全体が広く取り込まれています。

同じ外灯をつけるにしても、付け方によって大きく印象が変わるので、それぞれの目的や間取りによってきちんと熟考しましょう!!

あわせて読みたい
家づくりにおいてあまり考えられない屋外照明(外灯)について 今回は屋外の照明についてです   室内側の照明計画については 提案する側も皆さまも一生懸命です   そしてソトはノーマークになりがち。。 外構計画も後回し...


12、間接照明をうまく活用すべし

間接照明が主照明として活躍してくれます!!

天井面をスッキリさせたいけども暗いのは嫌。。という方にとって間接照明があれば解決しやすいです。


【間接照明の際の注意点】
■取り方によっては埃がたまる
■クロスの隙間が目立ちやすい
■おさまり方によって印象が違う
■少しコストは高い

施工者や詳細図面によって間接照明の効果も大きく変わるので、やりなれてない施工者だと不安です。

あわせて読みたい
積水ハウスチーフアーキテクトが考える詳細図面と施工者とのやり取り おはようございます!! 今日の夕方はいよいよT様のプラン提案 H設計士がどんなトークするのか!? 観客として楽しみです(笑)   ということで本日の記事内容は 視...
あわせて読みたい
【照明計画】間接照明を採用する際に注意すべきポイント8選 おはようございます!! 現在ブロガーの方達とズームしながら 作業会なるものに参加しています   同じ志を持った方々と オンラインで作業するのも面白いです ひた...


13、ラインや灯数を揃える

基本中の基本なのに案外できてないポイントです!!

暗そうと感じる場所にポチポチと照明をつけていくと、室内全体の空間を見渡してみるとバラバラに点在することになります。

それによって夜の見た目の印象が大きく変わるので、配慮してつけるようにしましょう。


【ダウンライト設置で気を付ける点】
■灯数を合わせる
■設置するラインを揃える

このたった二点をきちんと実施するだけでも、夜の見た目の印象が大きく変わるのでマストです!!

あわせて読みたい
【照明計画の落とし穴】思考停止でダウンライトを並べる照明の危険性 おはようございます!! 昨日はプチ贅沢してきました(笑) オーナー様から教えて頂いた 美味しいウナギのお店に行きました   おいしそうでしょ!? めっちゃ美味...



これから家づくりされる方へ

これだけ読んでも、きっと自分達はではどうしていいか分からなかったり、担当者に言ったら「暗くなるけど本当に大丈夫ですか!?」って言われたりされがちです。

それを押し切ってまで自分の感覚を突き進めれる方は少ないので、それが失敗した安心を見たオシャレじゃない照明計画につながります。

不安だから実際にイケてる照明計画になっているか意見が欲しいという方は、下記ボタンの公式LINEに登録頂き、コメントや資料送って頂けたらと思います。


机上の打ち合わせよりも体感すべし!!

今回の内容を熟読しただけでは、きっとそこまで完璧に反映できないです。私自身も色んな実例を体験してきたからこそ自信を持って提案ができます。

皆様がすべきは、今回の内容を頭に叩き込んだ上で体感するコトす。過去に投稿した大光電機さんのショールームでは、今回解説した内容のほぼ全てを体感するコトができます。照明計画を考える人は必見です!!

あわせて読みたい
照明計画迷子にオススメ!大光電機(DAIKO)ショールーム体験記 こんにちは!!ファンタジスタふじもとです。今回は照明計画にお悩みの方にとって、超絶有益な施設の体験をしてきたのでシェアしたいと思います♪この施設に行けなくても...


まとめ

ポイントをおさらいします!!
まずは照明計画はイメージがしにくい上に、提案者の心理としても安全を見すぎた提案になりがちというコト。その上で

①骨格となる間取りが大事
②綺麗な壁面を残すコト
③余計な窓は取らない
④天井面を美しくキープすべし
⑤照明の色味の違いを理解する
⑥不安だからとりあえずつけない
⑦ダウンライトの取り扱い注意
⑧居室や廊下は失敗しがち
⑨意外と不便なセンサーライト
⑩スタンド照明をうまく活用
⑪外灯計画は意外な盲点
⑫間接照明をうまく活用すべし


全て大事なポイントになるので、一つ一つ図面を見ながらチェックしてみて下さい。


【過去の照明関連動画】

【私のブログや動画に共感頂ける皆様へ】

これから家づくりされる方で

ファンタジスタのサポートを受けたい!!

良い担当者や建築会社を紹介して欲しい!!

そう思って下さる方は

下記リンクより詳細をご覧下さいm(_ _)m

画期的な仕組みを作りました!!

ファンタジスタ藤本と担当者探し&...
ファンタジスタ藤本と担当者探し&家づくり 元大手ハウスメーカー住宅営業マン【ファンタジスタと担当者探し&家づくり】ただ単に紹介するだけではいい家づくりにならない!?自分自身も家づくりに携わりたい!!そんな思...
ブログランキングにも参加してます!!

応援がてらにポチッと押してね

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる