【注文住宅】間取りを考える上で家を広く見せるテクニック10選

スポンサーリンク
間取りに関して

今回の記事内容は

家を広く見せるテクニックです!!

 

安く建てたいけど

広く見せたい!!

 

そんな欲張りなあなたの為に

テクニックをまとめたいと思います!

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

最近の住宅単価は

死ぬほど高いです(笑)

 

いったいどこまで高騰するのか?

みんなでもっと安くしましょうよ(^^;

そんな気持ちになります。。。

 

しかし残念ながらそれは無理なので

うまく建てるしかありません

 

できるかぎり

無駄なコストがかからないように

無駄をそぎ落とすしかありません

 

家を小さくすると言うと

マイナスに聞こえがちです

 

そうじゃなくて

質を高める作業をしていきましょう

 

家を小さくするのではなく

生活の質を高めましょう!!

 

やりがちな間取りづくり

一般的な家づくりというか

何も考えずに家づくりをしていくと

こうなるよって話です(^^;

 

無駄な廊下をつくる

一般的な要望を伝えていくと

部屋と廊下ができあがります

 

それの何が悪いの?って言われるかもですが

小さく広く見せるには

廊下をとってる場合じゃないです

 

意図のある廊下だったらいいですが

謎の廊下なことが多いです

 

廊下だらけの家は

温度の寒暖差が室内に生じて

体への負担が大きくなるつくりになります

 

間取りを考えていくうえで廊下と玄関をどう考えるかについて
今回は間取りを考えていて思うコト 「玄関とか廊下という概念について」 この部分に対する考え方が 入社した15年前と激変しました 家を建てた10年前と変化しました 10年前の私は玄関という概念があ...

 

各部屋を区切る

最初から子供部屋を仕切ったり

独立の和室をつくったり

部屋数にこだわってつくっちゃうやつです

 

3LDKの家とか

4LDKの家的な発想のやつです

 

この部屋数を目標にしてしまうと

広く見える家にはなりません

ただの建売住宅みたくなります

 

35坪の延べ床面積あるけども

家は全然広く感じない!!

30坪の実例の方が広く感じる!!

 

これを体感頂く為に

いつも最後にあえて建売を案内します

 

見事に皆さん全員から

一番大きな建売が。。

一番小さく感じると言われます(笑)

 

土間を現代の断熱・気密住宅に取り入れることによって生まれる暮らし
今回はニッチな内容ですが 私は大好きな内容です(笑) 【現代版土間を考える!!】 ここを深堀してみたいと思います 昔の家にあったもの 今の家には関係ない そんな食わず嫌いをせずに ...

 

とりあえず仕切れる建具をとる

人間は保険をかけたがります

両方兼ねてできる方を選びがちです

捨てるという選択を選びにくいです

 

「とりあえず仕切れるように」

この言葉を言われることが多いです

 

とりあえず仕切れる畳コーナー!!

 

それが絶対ダメとは言いませんが

考え抜かれた答えですか?

絶対に必要ですか?

そう問いたくなります

 

使わない建具になってしまったり

空間をぶったぎるレールがついたり

そうなってることが多いです

(全部我が家のことです(笑))

 

家づくりにおいて無し(補強)からプラスで足していく発想について
今回は家づくりにおいて大事な思想です 最初から全てつくりきらずに 最初から全て完成させてしまわずに 必要だと感じた時に追加する発想 必要になった時がきたら追加する この考えを大事にしてほ...

 

 

照明のつけすぎ

照明つけすぎ傾向はもろにあります

おそらく9割くらいの家はそうでは?

 

何も意識せずにつくると

必ずそうなります(^^;

 

明るさの感覚は人それぞれですが

生活シーンを深く考えた上で

照明計画を考えて下さい

 

すっきりとした天井面は

広く見せる効果に影響します

たかが照明ではありません!!

 

小さな家を広く見せるには

細部まで丁寧につくる必要があります

 

【注文住宅】プラン相談を受けた際に気になる照明計画ポイント8選
最近自分が担当した意外の 色々な図面を見る機会が増えてきました 元々図面チェックは大好きなので とても興味津々です その度に大半の図面において 気になることがあるのです。。 それが今回の記...

 

カーテン開けれない窓をつくる

私の統計では

8割から9割くらいの家が

カーテン閉まりっぱなし状況です

 

日頃家を見るのが趣味です(^^;

気付いたら家を見ています。。

 

家を見わたしてみても

みんな当たり前のように。。。

カーテン閉まってるぅ。。。

ってなります(^^;

 

これって当たり前なんでしょうか?

私は当たり前にしたくない項目です

 

 

家を広く見せるテクニック10選

では本題である

広く見せるテクニックについてです

いつも意識している事項ばかりです!

 

1、視線の抜けを意識する

ちょっとした抜けをつくるだけで

空間の印象は大違いです

 

暴力的な実際の広さよりも

テクった広さの方が

提案する側としても嬉しいです(笑)

 

この家が30坪しかないんですか!?

 

これは最高の誉め言葉であり

エクスタシーを感じます(笑)

 

 

廊下と居室の先に設けた窓

 

天井までの引き戸にして

扉を開けっぱなしにするとこうです

 

毎日通過する廊下こそ

丁寧につくりたいものです

 

天井にも照明をつけてないので

杉の無垢材が強調されます

 

 

2、天井までの窓を設置する

広さの認識は

いろんな角度からされています

 

本当に全ての積み重ねによって

広いと感じることができます

そのうえで窓のサイズや高さも大事です

 

昨今は天井高さ選手権ぎみなので

窓のサイズがおいついていません(^^;

 

結果的に微妙な空間バランスになったり

広く感じない事態が生じます。。

 

 

天井までの窓をつかうことで

スッと視線が抜けていきます

 

地味なことですが

見比べると全然違います!!

 

家づくりにおいて天井高は高ければいいというものではない
今回は家づくりにおいて 誤解されることが多い内容です 「天井高が高い=良い」ではないということ 天井高が高いことを 全否定する内容ではございません ケースバイケースです 全てにおい...

 

 

3、視線の行き止まりをつくらない

廊下をつくって

天井まで壁でふさいで。。

とりあえず扉をつくって。。。

もう視線の行き止まりだらけです!!

 

逆に扉でしきらず

天井もつなげれたら

空間に奥行き感がでます

視線の行き止まりもできません

 

 

視線が自然とスッと抜けていくこと

広く感じるうえでは大事なことです

 

必要な建具なら仕方ないですが

極力無駄な建具は省きましょう!

 

お金の無駄づかいです(笑)

(ちなみにこれも我が家のことです(^^;)

 

コンパクトな家でも広く豊かに住まう為の奥行感を演出する方法
今回の記事内容は日頃とても意識してます ですが家づくりをされる方にとっては あまり意識されてないことです 他社で見てきた同じ30坪の家なのに 「なぜか今回の30坪は広く感じる」 そんな経験をされ...

 

 

4、壁を連続させてつなげる

ちょっとしたテクですが

これも印象が大きく変わります

目の錯覚を利用したトリックです

 

お金はかかりますが

家を小さくした費用によって

質を高めることが可能です

 

 

さらに天井までつなげちゃったら

なお最高です♪

 

さらにさらに床もつなげましょう!

デッキの素材感も重要ですよ!!

 

注文住宅に失敗しない為の室内の壁をデザインする手法について
今回の記事内容は 玄人が意識している内容です 間取りを考えるうえで 壁をきれいにつくったり 壁をどう見せるか 何のこっちゃ!? そう思われる方も多いと思います ど...

 

 

5、お庭と床の高さをそろえる

さきほどネタバレさせちゃいましたが

床をつなげるのも大事です

 

このデッキがあるのとないのと

デッキが樹脂のタイプかどうかで

つながり感は大きく変わります

 

とくにデッキの質感は

けっこう盲点ですので気を付けて下さい

 

 

 

デッキだけでなく

つなげかたは色々あります

 

床から一段下げた部分を

お庭とつなげる方法もありです

プランによりけりですね

 

家の中で一番気持ちいい場所・室内と室外をつなげるポイント5選
今回は気持ちいい場所特集です!! 「家の中にいて気持ちいと思える場所」 「家の中でソトを感じれる場所」 「ソトみたいなウチ」 「ウチみたいなソト」 こういった境界線が曖昧な居場所は とって...

 

 

6、天井をつなげる

ちょっとしたことなんですが

印象は全然ちがいます!!

 

この見えそうで見えない感じ

何となく雰囲気を感じるやつ

たまらなく好きです(笑)

 

 

奥ゆかしいというか

何と表現していいか分かりませんが

 

全貌が見えないけども

チラチラ見えてる感じがいいです♪

 

平面的な広さよりも

奥ゆかし広さの感じが好きです

 

家づくりにおいて部屋を広く見せる為に天井をつなげる技について
日頃から家はコンパクトでいい むしろコンパクトがいいと思っています ですがそれと狭く感じる家とはまた別です コンパクトなのに広く豊かに感じる住まい そういった住まいを目指しています 30坪しかな...

 

 

7、吹き抜けで上下階をつなげる

平面的や長さ的に無理ならば

縦で攻めるしかありません!!

 

敷地形状は様々なので

その土地に合わせて

どの方向性でいくかです

 

二階から一階を感じれたり

一階から二階を感じることができたら

家中使い倒してる感覚になります

とてもお得な家の感じ方です

 

一階と二階が分断されると

家を使い切ってない感があります

(これまた我が家の話。。。(^^;)

 

吹き抜けや階段を利用した上下階をつなげる工夫やポイント
皆様が間取りを考える際に 基本的には1階と2階を分けて考えます 勿論それが当たり前と言われたらその通りです そして私もその考えで自宅をつくりました 今の住まい方は上下階完全分離です 家の...

 

8、天井面と壁面をきれいにつくる

結局全部大事なんかい!!

って感じですが。。。

結局全部大事なんです(^^;

 

全部丁寧につくらないと

質の高い空間なんてできません

広くなんて感じません。。

 

 

建売に圧迫感を感じるのは

いろいろガチャガチャしてるからです

 

天井もガチャガチャ

建具もガチャガチャ

色んなラインが揃ってない

 

空間として美しくないからです

配慮して建てた建売が完成しました!!

 

 

9、カーテンの開けれる暮らし

このポイントはデカいと思ってます

 

カーテンに閉ざされたハコに暮らすか

 

視線が抜けて

外部を感じることができるハコに暮らすか

 

この差は大違いです

息がつまりますね

 

 

外部や外気を取り込むことは

家の可動域を大きく広げてくれる感じです

 

外までが我が家のような感覚

お庭もリビングのような感覚

 

これが感じることができたなら

無限の広がりを感じることができます

 

【注文住宅】家を建ててカーテンを開けて暮らす為のテクニック8選
今回の記事内容は いつも口酸っぱく言うてるやつです カーテンの開けれる暮らしを!! 別に閉まっててもいいよ。。 そう思われる方は読まなくてもOKです せっかく家を建てるのであれば ...

 

 

10、家の長さを強調する

長さも広さです

敷地の特徴が細長いだったら

それを活かすべきです

短所は長所です!!

 

この壁に

ホクロのような窓をとっちゃダメです!

 

長さを強調する時は

きれいな壁をつくりましょう!!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

結局は全部こだわらなあきませんが

何も考えずにつくっちゃうと

いかにガチャガチャしちゃうかです

 

しかし世の中の家の大半が

そこまで考えられていません

 

広さを科学することは大事です

偶然広く感じることはありません

 

ちょっとでもお得感がでるように

小さな工夫を積み重ねましょう!!

 

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    壁紙にあきた方にお勧め
    (ウォールステッカー)

    ソファーを置かずに
    ビーズクッションを置く暮らし

    無印の後付け可能な
    収納の箱

    コメント