子育て・子育ちを考えた家づくり「子供の可能性を決めつけない」

スポンサーリンク
ピットリビング

今回のテーマは

子育てと子育ちにフォーカスをあてます

 

家というハコが与える影響は絶大です

私はそう思っています

 

家と共にお子様が育っていきます

その住まいがどういう形態であるかは

今後の成長において重要です

 

色々なオーナー様の住まいと家族を見てきて

私自身の子育てをふまえたうえで

現時点の意見をまとめたいと思います

 

特にお子様がおられない状態で

住まいを検討される方は必見です!!

想像だにしないことが沢山起こります(笑)

 

スポンサーリンク

子供の可能性

まずは家づくりするにあたって

過保護に考えがちになるということです

 

親が勝手に子供の心配をしてしまいます

  • 通学が遠いのではないか?
  • 子供部屋が小さくて大丈夫か
  • 友達を呼べないのではないか
  • 段差は危なくないか
  • 個室が絶対欲しくなるだろう
  • 南向きの部屋にしてあげたい

等々の気持ちは様々かと思います

 

そのお気持ちはとても分かります

子をおもう親の本能です

否定する気持ちもありません

 

ただ子供たちの可能性は凄いです

我々が想像している以上にたくましいです

 

我々が想定している遊び方を超えてきます

我々が勝手にラインを決めてはいけません

 

〇〇が当たり前だから

それを子供に押し付けるのは良くないです

 

お子様は真っ白な状態です

生まれてきてから得れる情報は

我々が与える情報のみです

 

うまれもっての性格も多少あるかもですが

育った環境は絶大だと思います

 

私自身覚えている部分と

覚えていない部分は多々あります

 

決して恵まれた家庭環境とは思いませんが

大事に育ててもらったおかげで

今があると思っています

 

両親には本当に感謝しています

自分が親の立場になってこそ分かります

 

小・中・高とまわりの環境も恵まれてました

そういった人との出会いの連続によって

今の私があると思っています

 

つまりは住まいを考えることは

子育てや子育ちを考えることに直結します

 

どんな家であっても子供にとっては実家です

帰れる家があるのはありがたいことです

 

私の実家もボロボロですが(笑)

子供たちはそんな家に行きたがります

 

家が綺麗とか汚いとかではなく

子供が育む住まいを考えたいです

 

 

 

家づくりで考えること

ここからのパートは

少しでも考え方をゆるく持ってもらう為に

子供目線にできるだけ立って

住まいにおいて言えることを書きます

 

この意見すら

まだまだ固定観念に縛られてるかもです。。

 

 

 

 

段差を楽しむ

段差=悪

バリアフリー=善

みたいな風潮がまだまだあります

 

段差の無い住まいが最高だ!!

それが全てではないと思います

 

子供達からすると

段差はとても楽しい遊び場です

色々な居場所にもなります

 

 

 

ちょっとした段差であっても

テーブルとして使うこともできます

ジャンプする踏み台になることもあります

 

 

 

 

背もたれにしたり

腰掛けて座ったり

おままごとをしたり

 

くぼみスペースは落ち着きます

人間の本能的な感覚です

 

 

 

 

扉は無くてもお昼寝できます

畳だと気持ちよさそうです

 

 

 

 

ちょっとした段差も机になります

 

階段をちょっとオープンにするだけです

そんな工夫で居場所が一つ増えます

(酔っぱらいは要注意です(笑))

 

 

 

 

 

過去担当して一番の刺激を受けた実例です

 

詳しくはご紹介できませんが

色々な固定観念がぶっ飛んでます

そこが素敵すぎます

 

この住まいを通して

これからどのようにお子様が育たれるか

本当に楽しみな住まいとなっています

 

また何年後かに

ゆっくり訪問したいと思います

 

 

 

四季を感じる

四季を感じれることは豊かです

 

お庭や窓からの景色によって

四季を感じれたら最高です

 

 

 

 

寒いのは嫌いな方ですが

たまに降る雪景色は好きです

 

なぜか無性にテンションあがりますね(笑)

 

 

 

 

嫌いな冬が終わって

これから芽吹こうとする新芽

 

こういった力強さを感じるのも

四季を感じる一つです

 

みんな頑張って生きてることを実感できます

 

 

 

 

フレキシブルに使えるように

子供部屋を部屋としての機能ではなく

  • フリースペースとして
  • キッズコーナーとして
  • 来客が泊まるスペースとして
  • 室内干しスペースとして

等々の色々な使い方ができるように

扉を開放できるようにするのもアリです

 

閉鎖的に個室を沢山つくらずに

できる限りフレキシブルに!!

 

 

 

一階の間取りに関してもそうです

 

仕切れる畳コーナーもいいですが

フレキシブルにオープンな感じも◎です

 

家づくり初期によくある要望 畳コーナーは本当に必要か?
今回は家づくり初期段階において 大半の方が要望にあげられる 「畳コーナーについてふれていきます」 なぜこの記事を書こうと思ったかというと 先日不動産業者さんを 当社の実例に案内する機会がありまし...

 

 

 

 

土にふれる

子供たちは土が大好きです

 

昨今の環境下では

中々土に触れる機会が減っています

 

家のお庭もコンクリートまみれにせずに

土の部分を残しておきましょう

 

子供たちは喜びます

雑草が嫌だからといって

全てを除去するのはさけましょう

 

 

 

 

生き物にふれる

生き物に触れるのはいいことです

命の尊さをそこで学びます

 

ウンコやオシッコや病院等

苦労は絶えませんが。。。

総じて良い影響を与えてくれます

 

 

 

老後ゆっくり犬を飼う予定でしたが

少々早まりました(笑)

 

子育ちにはとても良い効果だと感じています

 

住宅営業マンの自宅紹介 ワンちゃんとの暮らし編
住宅営業マンの自宅紹介🏠 収納編 ディテール(デザイン)編 照明、スイッチ、コンセント編 家具編 お庭編 池づくり編 が終了しました 本日はワンちゃんとの暮らし編です ...

 

 

 

 

親が虫を見て嫌な顔をすると

子供も全く同じ反応をします

 

親がトカゲをカワイイと触ると

子供も同じように触ります

 

 

 

 

セミがこわいと言えば怖がるし

普通にさわればそんなことありません

 

 

 

 

水にふれたり

生き物を身近に観察したり

感性が豊かになると思います

 

 

 

 

記念を残す

子供が小さい時の記憶は

あまり覚えていません

 

どんな時にどんな風に家づくりされたのか

写真や手形等で残しておきましょう

子供たちにとっては良い思い出です

 

 

 

余白をつくっておく

お子様が小さいうちは

できるだけの余白が欲しいです

 

何せ予想できないことが多発します(笑)

我が家もダイニング無しでスタートしたので

ラグを敷いてここが居場所でした(^^;

 

床はかためなので

何か敷くと安心です

 

ダイニングテーブルを置かない場合のメリット・デメリットについて
今回は家具シリーズです 特にダイニングテーブルに注視します まずは「あって当たり前」から疑いましょう だからといって 無しを推奨するつもりはないです 我が家自身10年間無しできましたが 1...

 

 

 

壁で遊ぶ

綺麗なカベをつくっていると

壁がギャラリーに変身します

 

時には壁を使ってもらうのもアリです

ずっと綺麗に保つ必要はありません

 

 

 

壁の遊び方は様々です

色々と挑戦してみて下さい

 

【9月の選べる3枚セット】送料無料 ウォールステッカー花 ウォールステッカー 木 偽窓 今月 人気 飾り 大きなサイズ 大きい シール ステッカー 装飾 北欧 かわいい インスタ映え おしゃれ はがせる壁シール 男前 カフェ風 専門店

価格:1,500円
(2020/9/9 09:03時点)
感想(40件)

 

 

子供部屋をコンパクトに

子供部屋の大きさに決まりはありません

 

昔のような大きな勉強机も減りました

そもそも個室で勉強する子も減っています

 

そうなると寝るだけになります

 

勿論受験勉強中とかは

子供部屋で勉強する子もいるでしょう

 

私は部屋が広くて日当たりが悪かったので

めちゃくちゃ寒い部屋でした(笑)

 

コンパクトですぐあったまる部屋もありです

かえって落ち着くかもです

 

その感じ方は子供によっても違うし

親の勧め方によっても変わります

 

肯定的にとらえるのか

否定的にとらえるのかの違いです

 

 

 

人が集まる家

私が地味に意識していることです

 

人が集まる家にしたい

子供たちに色々な人と会わせたい

その積み重ねと経験が

人格を形成する手助けになります

(私の意見です(笑))

 

なのでできる限り

人を呼びやすい家にしたいです

人が呼びたくなる家にしたいです

 

 

 

一緒に作業する

家を完成させきらずに

一緒につくる作業をしたいです

 

お子さまも一緒になって

モノづくりをしたいです

 

 

 

 

手に持っているモノが気になりますが

イベントは飲む口実にもなります(笑)

 

 

 

一緒に芝生をはったり

一緒に気を植えたり

 

そのお庭への愛着も増します

 

 

 

 

残った端材等を利用して

DIYするのも楽しいです

 

 

 

 

 

お子様のおもちゃをつくってあげるのも◎

 

てづくりのおもちゃはありがたみがでます

お金出して買うのとはまた違います

 

 

 

 

吹き抜けでつなげる

子供の感受性を高めるには

吹き抜け空間も大きいと思います

 

空間の把握能力というか

当たり前の幅が広がるというか

 

吹き抜け空間で育つと変わると思います

家族同士のつながりも増えます

 

 

 

 

収納も居場所

これは子供ができるまで想定外です(笑)

 

収納は子供にとって

立派な居場所になります

 

かくれんぼする時は大体収納です(笑)

収納の使い方も∞ということになりますね

 

子供たちにとっては

このスペースも二階建てのおうちです

 

コストダウン対象!?子供部屋や寝室の収納建具が必要かについて
今回は居室の収納建具の必要性です!! いきなり何だと思われるかもですが 常々思っていることがあります。。。 その気持ちをここで伝えたいと思います あくまで個人的な意見ですので 共感頂ける方のみご...

 

 

 

 

部屋を最初から仕切らない

子供さんが小さいご家庭や

まだお子様がおられないご家庭は

部屋無しからスタートしてもいいと思ってます

 

大げさに聞こえるかもですが

マジ本気で思ってます(笑)

 

その価値観を押し付けはしませんが

共感頂ける方は大変嬉しいです

 

将来的に部屋にすればOKです

間取りを考えるうえで子供部屋の取り方をどうするかについて
今回の記事内容は 子供部屋についてです!! これに関しては答えはありません 価値観と考え方と教育観によります 自分が育ってきた環境も大きいでしょうか 我々大人が思っている以上に 心配してい...

 

 

 

 

お庭がある

子供はソトがなんせ好きです

 

コロナがきてからというもの

ソトも満足に行けなくなりました

 

そんな時に自宅にお庭があれば

かなりの気分転換にもなります

 

部屋の中で動画漬けにならずに済みます

 

 

 

 

気分転換にお庭に出るだけで

子供たちは無邪気に遊んでくれます

 

悪いコトばっかりしますが。。(笑)

 

 

 

 

 

敷地的にお庭が難しい場合は

バルコニーを利用するのもありです

 

もっとクオリティーを高めれば

立派なお庭になることでしょう

 

 

 

 

実例紹介

今回のテーマに関連する

実例を添付しておきます

 

 

子供部屋が超コンパクト

建築を愛する男(鈴木氏)設計事務所(SQOOL)の実例を取材
今回は設計事務所の実例紹介です!! 以前に取材させて頂いた SQOOL設計事務所の鈴木さんです コチラの記事がまだの方は 先にコチラの記事を見て下さい👀 鈴木さんとお話し...

 

 

部屋ゼロからスタート

実例紹介1 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウス
実例紹介シリーズ 記念すべき第一弾です🏠 (本日の実例テーマは) 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウスです🏠 小さな家で 豊かに暮らす 大手ハウスメーカーでも 2000万円台で...

 

実例紹介編12 ドマニワのある開放的なコートハウス
実例紹介編12です!!!シリーズ1から熟読頂いている方は私が言いそうなことも分かってきたのではないでしょうか今回も同じ流れでいきます🏠今回のお住まいはドマニワのある開放的なコートハウスですコートハウスとは塀や...

 

 

ピット畳がある住まい

実例紹介編16 ピット畳スペースと階段下を有効活用した住まい
実例紹介編16邸目です!! 本日のお住まいは ピット畳スペースと 階段下を有効活用した住まい🏠です ピットリビングで フローリングのお住まいはありました 今回はそのフローリ...

 

実例紹介編14 分譲地北東角地に建つ 明るく開放的な住まい
実例紹介14邸目です!! 今回のお住まいは 分譲地北東角地に建つ 明るく開放的な住まいです🏠 色々な土地は見てきましたが 北東角地は初めてですね🏠 今回はどんな建て方でしょ...

 

実例紹介編8 ピット畳を中心に家族の居場所がある家
実例紹介シリーズ 色々な実例がでてきました🏠 今回は第八弾です!!! 今回のお住まいは ピット畳を中心に 家族の居場所がある家です 最近ピットリビングと言って ...

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

少しは世界観が広がると嬉しいです

少しは固定観念がなくなると嬉しいです

 

こういった部分は

子育てしてみないと分かりません

家を建ててみないと気付きません

 

これから建てられる方は

先輩方の意見を沢山聞いてみましょう

 

営業マンのトークよりも役立ちます(笑)

 

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

お問い合わせはコチラ

    コメント