注文住宅の平均延床面積と【小さな家】でも快適に感じるポイント

スポンサーリンク
家づくりの勉強

今回の記事内容は

家の大きさに関するお話です

 

どこのエリアで建てるかや

家族構成によって変わるので

答えはありません

 

私が家づくりをしている

兵庫県内での感覚になります

ご興味ある方はご覧下さいm(__)m

 

スポンサーリンク

家づくりするにあたって

皆さん大きな家が欲しいですか?

何坪の家が建てたいですか?

 

私は小さな家が大好きです(笑)

 

これだけ伝えると

語弊があるように聞こえるかもです

 

家の大きさにお金をかけるよりは

家の質にお金をかけたいということです

生活の質にお金をかけたいということです

 

  • 毎日肌に触れる床材
  • 毎日目にする壁
  • 毎日手のふれる手すり
  • 毎日使うキッチン
  • 毎日家で吸う空気
  • 毎日窓から見えるお庭

 

延べ床面積にお金をかける位なら

これらの質にお金を投じたいのです

 

あくまで私の価値観なので

共感頂ける方だけで大丈夫です

 

もしもこの記事を読むことによって

考え方が変わってくれたら嬉しいです

 

関西圏の平均の大きさ

私が働いている兵庫エリアでは

大体110㎡前後の家が多いです

坪数で言うと33坪前後位です

 

家の単価が上がっている影響もありますが

昔と比べると小さくなってるかもです

 

家族3人~4人の単世帯だと

100㎡(30坪)がちょうどいいと思ってます

(これも個人の主観です(^^;)

 

それ以上は私の中では大きい家です(笑)

 

できるだけ無駄をそぎ落として

質の部分にお金をまわしたいところです

 

えらそうに言いながら

我が家は120㎡あります。。(^^;

 

今建てるならば100㎡にして

もっと質の部分にお金をかけます

  • 二階の床材を無垢にしたり
  • 外壁を吹き付けにしたり
  • 室内の壁をヌリカベにしたり
  • 外構にもっとお金をかけたり

大きさにお金をかけなかったら

いくつか叶えれています

(後悔です。。。)

 

これから家づくりされる方は

今一度大きさと向き合って下さい

質と大きさを天秤にかけてみて下さい

 

小さな家のメリット

ここからは完全に

私の主観と私の主張です

 

皆様にコチラ側に来て欲しいので

小さな家の魅力を伝えます!!

 

都心部で建ててる方からすると

30坪でも大きいわい!!!

と怒られそうですが。。。m(__)m

 

隣家への日当たり

小さな家はお隣さんにも優しいです

当然のことですが

  • 隣家への圧迫感の緩和
  • 隣家への日当たりがよくなる
  • 敷地に対して窮屈に見えない
  • まちなみとしてみた時の佇まい

この項目に関してはデメリット無しです

ただただお隣さんおもいの家です

 

 

重心の低いプロポーション

見上げる背の高い建物は

けっこうな圧迫感を感じさせます

 

法律さえ侵さなければ

自分の家さえ良ければいい

 

これも一つの考え方ですが

生活の質も高まったうえで

隣家の方にも配慮できたら最高です

 

重心の低い背の低い建物は

佇まいがお上品です

(そう見えるのは私だけ!?)

 

背高のっぽな佇まいは

上手にデザインしないとブサイクです

 

家づくりのコストダウンを考える上で二階の天井高をどう考えるか
今回の記事内容は 二階の天井高についてです 地味ぃ~な内容に思うかもですが 皆様のお財布に直結するかも!? どういうことだと思った方は 最後まで見てやって下さいm(__)m 家...

 

コスパが良い

小さな家はコスパがいいです

  • 掃除する範囲が少ない
  • 光熱費が安い
  • 固定資産税が安い
  • メンテ費用が安い
  • 維持費が安い
  • 防蟻処理費用も安い
  • モノを少なくしようとする

またまたいいことづくめです

 

コロナ到来によって

更に無駄を省いていきたいところです

余計な出費を控えていきたいところです

 

これからの家づくりは

よりミニマムにつくることを勧めます

固定費や維持費を極力抑えましょう

 

現役ハウスメーカー営業マンが意識しているコスパの良い建て方
いきなりですが 私のオーナー様は 比較的安く建てておられます 他の営業マンからもよく言われますが なぜこれだけの仕様でこの金額なのか? 何か特別なことをしているのでは!? みたいな疑いをかけられま...

 

天井高の建具が使える

変に天井高を高くして

窓や室内の建具が届いていない。。

そんな家を沢山見てきました

 

天井の高い商品を世の中に出す前に

窓や建具も合わせて開発すべきです

 

高くすりゃいいってもんではありません

 

 

建具や窓のおさまり方で

家の見え方は全然違ってきます

 

この実例が2700の天井高で

この窓の高さだったらどうでしょうか?

 

せっかく軒裏まで吹き付けにして

天井面を室内とつなげているのに

この窓で分断されてしまいます。。

 

天井高2200~2300位にすると

天井高までの窓や建具が多いのです

 

家づくりにおいて天井高は高ければいいというものではない
今回は家づくりにおいて 誤解されることが多い内容です 「天井高が高い=良い」ではないということ 天井高が高いことを 全否定する内容ではございません ケースバイケースです 全てにおい...

 

いかに無駄を省けるか

家を小さく抑えようとすると

必然的に無駄を省く必要があります

 

自分たちにとって何が大事なのか

考えるきっかけにもなります

 

そうして絞り込まれたお住まいは

無駄のない質の高い住まいになります

 

【廊下や仕切りのある33坪の家】

【無駄を省いた30坪の家】

 

おそらく!!

どちらがいい感じに見えるかというと

私は【無駄を省いた30坪の家】だと思います

 

体感には個人差あるかもですが

無駄を省いたお住まいは素敵です

 

注文住宅に二階トイレは必要か!?無くすことによってできること
今回は家づくりにおいて 案外悩むポイントです 「二階にトイレをとるかどうか」 地味に悩みますよね(^^; これに関しては正解はないので 断定的な記事にはなりませんが 色々なケースを想定して...

 

家づくりにおいて一畳の大きさを大事にすれば間取りは豊かになる
今回は福岡ツアーで得た学びを 更に深堀りして落とし込みます タイトルにある通り 「一畳に可能性を感じました」 え!? 一畳って結構色々できるやん!! ...

 

 

広く見せる工夫をしようとする

小さな家を建てる場合は

広く見せる工夫を考えます

 

そもそも大きな家であれば

その工夫はいりません

 

小さな家を小さく見せない工夫

この部分が質を高めてくれるのです

 

「この家30坪とか信じれない!!」

これは最高の誉め言葉です

 

そう言われる家の細部には

提案者のこだわりが詰まっています

沢山の目の錯覚を利用しています

 

コンパクトな家でも広く豊かに住まう為の奥行感を演出する方法
今回の記事内容は日頃とても意識してます ですが家づくりをされる方にとっては あまり意識されてないことです 他社で見てきた同じ30坪の家なのに 「なぜか今回の30坪は広く感じる」 そんな経験をされ...

 

 

優先順位から考える

小さな家を連呼してますが

別にいくらでもお金があれば

ここまで固執する必要はありません

 

限られた予算で建てる場合には

優先順位をつけるべきです!!

 

注文住宅でまず最初に直面する理想と現実とのギャップについて
家づくりをスタートすると 殆どの方が直面する理想と現実 これが生じるのは仕方のないことです 無限にお金があればいいですが そんな方は殆どいません。。 つまりは 理想と現実のギャップを埋めな...

 

大きさにお金をかけるかどうか

今まで窮屈な家に住んできて

大きさに絶対の条件がある

こんな場合は大きさにかけていいと思います

 

ですが以下の場合は要注意です

  • 間取りに無駄な廊下がある
  • 使うかどうか分からない部屋がある
  • 兼ねることができるスペースがある

これらにお金をかけることによって

質の部分にお金をかけれていないのであれば

そぎ取る作業も必要です

 

そのスペースの必要性がいかほどなのか

その大きさが必要なのか

今一度考えてみて下さいm(__)m

 

外構費用のかけ具合

外構費用はしっかりかけて下さい

下手したら家以上に重要です

 

概算100万円とか150万円とか少なすぎです

ですが実際の提案者はそうしがちです

 

そのままいけると思っていたら

大間違いです!!

 

自分たちの中での優先度合いをあげて下さい

何度も言います!!

外構は大事です!!!

しっかりとお金をかけて下さい!!!!

 

内装の質感にお金をかける

ツルツルの床材に

ペタペタの白いクロス

 

それが悪いとは言いませんが

豊かだとも思いませんm(__)m

 

毎日俺んち気持ちえぇわぁにはなりません

(私ならば。。)

 

それが例え60坪の家だとしても

何も嬉しくありません

 

30坪でも本物素材をふんだんに使った

質の高い空間で過ごしたいです

 

このような考えが深まったのは

一冊の本との出会いが大きいです

 

 

家を建てる方だけでなく

提案側にも読んでもらいたい本です

 

大事なエッセンスが詰まっています

小さな家がもっと好きになります

 

 

実例紹介

私が考えている

30坪よりも更にコンパクトハウスです

 

コンパクトハウスには

魅力が凝縮されています

 

小さいことが悪く見えません

小さいという条件があるからこそ

豊かさが備わっています

 

21坪の土地に19坪のお住まい

21坪の狭小地に建つ延床面積19坪の豊かな住まい「無床の家」
今回の実例紹介はぶっ飛びです!! 私がスゴイわけでもなんでもないですが 当社スタッフには怪物が沢山います(笑) 私が今も辞めずに楽しめているのは こんなスゴイ人たちのおかげです 今回のお...

 

40坪の土地に24坪の住まい

実例紹介1 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウス
実例紹介シリーズ 記念すべき第一弾です🏠 (本日の実例テーマは) 大手ハウスメーカーで建てる ミニマムローコストハウスです🏠 小さな家で 豊かに暮らす 大手ハウスメーカーでも 2000万円台で...

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

小さな家が好きになりましたか(笑)

 

なってなかったら

私の力量不足です(^^;

 

無理に小さくするわけではなく

無駄を省くだけで構いません

 

その作業でうまれたお金で

他にお金をかけて下さいm(__)m

 

結局総額は同じですが

生活の質は高まるはずです!!!

 

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

 

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

     

     

    お勧めの書籍

    家は大きさではなく質です

    大きさにお金をかけると

    生活の質が落ちてしまいます

    この本には大事なことが書かれています

    壁紙にあきた方にお勧め
    (ウォールステッカー)

    ソファーを置かずに
    ビーズクッションを置く暮らし

    無印の後付け可能な
    収納の箱

    コメント