家づくりにおいて重要な担当者(営業・設計)とミスマッチな場合

スポンサーリンク
住宅営業マン

最近コメントを頂く機会が増えました

 

そこで意外と多い内容が

契約は既にしているが

 

・間取りがしっくりいっていない

・担当者に満足できていない

・契約後の態度が変わった

等々の類のご相談が多いのです

 

同業者としては

とても悲しい実態です。。。

 

せっかくの家づくりなのに

不安や不満を抱えながら行っている

理想的な状態ではありません

 

今回の記事ではその辺りについて

ふれていきたいと思います

 

私が日ごろアドバイスしているのも含めて

一度まとめてみました

ご興味ある方はご覧くださいm(__)m

 

 

スポンサーリンク

家づくりのパートナーの役割

まずはいえづくりのパートナーが

どれだけの役割を担っているかです

 

どこで建てるかを悩みがちですが

案外個人が与える影響が大きいです

 

それが注文住宅の特徴です

 

車のように

決まった商品があって

全て同じモノではありません

 

人と人が掛け合わさって

一緒につくっていくものです

その可能性は無限大∞です

 

 

 

 

パートナーは最重要

いつも言ってますが

 

家づくりはどこで建てるかよりもダレと建てるかです!!

 

家づくりの最重要事項です

この入り口さえ成功すれば

本当に成功したようなものです

(大げさではなく。。。)

 

家づくりの良し悪しの大半は営業マンによって決まることについて
今回は家づくりにおいて 「営業マンの役割は超重要!!」 という内容について語っていきます 自分自身が現役住宅営業マンです 自分が優秀だとは思いません(^^; こうあるべきだという気持ちを持ちなが...

 

 

 

担当者の好みが反映される

人と人が行う作業なので

当然個人の好みがもろに出ます

 

所詮は人間なので

自分好みのものを提案してしまいます

私自身の提案も偏りがあると思います(笑)

 

図面やお住まいを見ると

誰が担当したか大体わかります

(これほんと(笑))

 

家づくりに担当者(営業マン・設計士)の好みはもろに反映される
今回はふと思ったことです 私が日頃よく使う言葉として どこで建てるかも大事ですが ダレと建てるかはもっと大事なお話 それに関連する内容として 家づくりにおいて 営業や設計の好みがもろにでてきます ...

 

 

 

 

紹介される設計が変わる

営業マンによって

紹介する設計士も変わってきます

  • とりあえず依頼して担当決めてもらう人
  • 自分で担当者を指名する人
  • 相性のいい担当者とする人
  • 頼みやすい人に依頼する人

これも結局は人間なので

その営業のさじ加減一つなのです

 

 

 

 

スタッフのモチベーションが変わる

営業マンは総指揮監督です

みんなの中心となる存在です

 

総指揮監督が上を向いていると

スタッフみんなも上を向きます

 

みんなのモチベーションが上がると

全てお客様に返っていきます

 

 

 

契約までの流れが変わる

営業マンによって

契約までの進め方は色々です

  • 構造を語るのが得意な担当者
  • プラン提案が得意な担当者
  • まわりから固めていく担当者
  • 根回しが上手な担当者
  • 実例案内が好きな担当者(私(笑))

この担当者によって

お客様が歩んでいく道が変わります

 

家づくりの物語が変わります

 

契約までの間取り作成は誰が作成しているのかと意識すべき点
今回の記事は 私はすべての「注文住宅」というものは設計士さんとマンツーマンでやり取りして作っていくものだと思い込んでいた部分もあり、営業マンが間取りは衝撃でした。 その辺、誰かアンケ取ってまとめページ作ってくれると今後の家づくりされ...

 

 

 

 

契約後の増額が増える

先ほどから結局人やん!!

みたいな話が続いてますが(^^;

この議題も結局それです。。。

 

契約前に何を標準とするか

それも営業のさじ加減一つです

 

・キッチンを概算80万円でみるのか

・概算150万円でみているのか

・きちんとショールームを案内するのか

 

ここも人によって違います

会社によってではありません

 

なので契約時の見積もり精度に関しても

担当者次第となります

 

注文住宅の契約後に増額になりやすい項目ベスト10について
最近お問合せ内容にて 見積もり内容が適正かについて 質問されることがありました お客様の気持ちになれば 当然不安になる事項だと思います 全ての選択肢を知らない中で ・担当者が勧める仕様で本...

 

 

 

 

担当者同士の相性も重要

業務に従事してると感じますが

「個」の力がいくら凄くても

相方との相性が悪ければ

お客様へ良いものは提案できません

 

足を引っ張りあってしまったり

せっかくの力を抑え込んでしまったり

これは実際によくあることなんです

 

勿体ないですね。。。

 

住宅営業マンと設計士の相性がお客様の注文住宅に与える影響について
今回は私が日ごろ感じていることです お客様サイドからは あまり分からないことでしょう 営業マンと設計士の相性についてです 個人的にはこの影響力は絶大です 人と人が行う共同作業ですので 相性...

 

 

 

 

間違ったことはハッキリ言う

お客様は家づくりにおいては

そこまでの経験がありません

 

夢は沢山ありますし

不安も沢山あります

 

なのでおかしなことを言っていたら

時には正すことも重要です

ハッキリと言うことが大事です

 

「その選択はイケてませんよ!!」と

 

 

イエスマンはこれから淘汰されます

 

家づくりで選択に迷った時は信頼できるパートナーに任せるべし
先日ご契約後の打ち合わせの際 お客様から印象的なお言葉を頂きました 「基本的には自分達のセンスは信じてません」 「これがいいと言ってもらったのは任せます」 日頃からそう言わせようとはしていません ...

 

 

 

 

同じ坪数や金額でも違う建物に

いつも思いますが

同じように3000万円の建物なのに

なんでこれだけクオリティが違うのか。。

 

同じメーカーの部材を使って

同じ条件で家づくりしているのに

どうしてここまで差がでるのか。。

 

結局は担当者のレベルです

 

コンパクトな家でも広く豊かに住まう為の奥行感を演出する方法
今回の記事内容は日頃とても意識してます ですが家づくりをされる方にとっては あまり意識されてないことです 他社で見てきた同じ30坪の家なのに 「なぜか今回の30坪は広く感じる」 そんな経験をされ...

 

 

 

 

家づくりの道しるべになるべし

何にお金をかけるべきなのかや

何を重視するべきなのか

お客様の道しるべになる必要があります

 

そこをしっかりしてあげないと

お客様はマイホーム迷子になります

 

しっかりとした軸のある指針で

お客様を導いてあげましょう

 

家づくりにおいて限られた予算をどの部分にコストをかけるべきか
家づくりにおいて予算は限られています (ほぼ大半の方が) その限られた予算をどこにあてるべきか 皆様も非常に悩まれる項目かと思います 我々も同じくとても悩む項目です 生活や住まい方を豊かにする為...

 

 

 

 

ミスマッチな場合の行動

営業マンの大事さはよくわかった

 

でも自分の担当者はそうじゃないとか

自分とは相性が合わないとか

人間なのであると思います

仕方のないことです

 

その場合にとる選択肢は

大きく3つかと思います

 

妥協してそのまま進める

というのは選択肢に入れてません!!

(あえて。。)

 

 

ご縁が無かったとあきらめる

この選択をされた方も多いかもです

 

営業マンは会社の看板です

ある意味それが商品です

 

ここと相性が合わなかったら

ご縁が無かったんだと。。。

そう思うのも一つでしょう

 

人生は一期一会です

私も人のご縁は大事にしたいです

 

必要としてくれる人には

全力を尽くしたいです

 

時によっては

ご縁と割り切るのもありでしょう

 

 

 

 

営業担当を変えてもらう

担当者とは合わないけども

商品やデザインは気に入っている

そういう場合は

遠慮せずに担当チェンジしましょう!!

 

ここに遠慮や情は不要です

今はそういう時代です

会社もそういう考え方に変わってます

 

そのお客様にとって

どの人選が一番なのか

 

営業マンは必ずしも一人でなくてもいい

そういう感覚に変わってきています

 

我慢して家づくりを続けるよりも

言いにくくても担当を変えましょう

 

家づくりにおいて重要な役割がある良い住宅営業マンの定義とは
最近とても考えさせられてます 「良い営業マンの定義って何だ??」 最近ありがたいことに このブログやその他SNSを通じて 「良い営業マンを紹介してほしい」 「外構や間取りの相談にのってほしい」 ...

 

 

 

 

設計担当を変えてもらう

設計にも同じことが言えます

 

設計士の役割は大きいです

最初に出されたプランが微妙であれば

何回修正を加えたところで

自分の要望通りにはなりますが

期待値を超えた住まいにはなりません

 

時間の無駄です

早い段階で判断しましょう

 

このご時世チェンジはありです

 

選ばれし優秀な設計士の証であるチーフアーキテクトとは?
今回は当社の指標ではありますが 選ばれ士優秀な設計士の証である 「チーフアーキテクト」についてです 名前は聞いたコトあるかもですが 実態が一体何なのか? 誰でもなれるわけではないのか? 営...

 

 

 

家づくりをされる方へ

これから家づくりをされる方へ

アドバイス的な内容です

 

三井ホーム施主様である

まつこさんも言われています

 

施主の立場になったからこそ

知り得た実情です

これからの方に伝えたいメッセージです

 

 

 

どのタイミングで担当が決まるか?

どのタイミングで

どのようにして担当者が決まるのか

この仕組みを理解しておくのは大事です

 

チェンジする手間も省けます

 

注文住宅への影響が大きい営業マンはどのタイミングでどう決まるのか
今回の記事は 知っていて家づくりを始めるのと 知ってなくて家づくりを始めるのとでは 大きな差がうまれる項目です!! 「営業マンがどのタイミングでどう決まるか」 この内容に関しての情報です ...

 

 

 

 

大事なことを後回しにさせない

営業マンや会社によっては

  • 契約してからでないと提案しない
  • 契約してからでないと土地探ししない
  • 間取りはいくらでも変更できる
  • 内装はどこでもおしゃれにできる

みたいなことを言って

構造面の強さだけをアピールして

まずは契約しようという人もいます

 

構造も大事ですが

家づくりはバランスが大事です

 

大事なことを後回しする人は

私は信用できません。。。

 

「どこで建ててもオシャレな内装にはできますので」は真っ赤な嘘
今回の記事は 営業マンの十八番トークです まさか騙される人はいないと思いますが 万が一これから検討される方の中で 言われたことがあったり 信じてしまいそうな方がいるとまずいので 念のため記事にして...

 

 

 

 

初回提案の印象が全て

個人的には初回が全てと思ってます

「まずはたたき台で」

なんて言ってる時点で終わりです。。。

 

初回提案に全力がつまっています

ここでときめかなかったら

今後も良くはなっていきません

 

要望通りにはなりますが。。。

120点や200点にはなりません

 

残念っ!!!!

早い段階で見極めていきましょう

 

注文住宅における設計士のファーストプランの意図と重要性について
今回は設計士が一番もえる瞬間 そうです!!! ファーストプランのタイミングです 提案する側もされる側も ドキドキの瞬間ですね そしてこのファーストプランこそが 超重要だと思っていま...

 

 

 

 

契約後の流れも理解しておく

契約の位置づけや

契約後にどうなっていくのか

理解されていない方が多いです

 

説明不足なのが悪いですが

理解しておくべき内容です

 

こんなはずじゃなかったを無くすためにも

契約後も理解しておきましょう

 

注文住宅における契約から契約後の打ち合わせを経ての流れについて
今回は契約後にフォーカスをあてます 無事に契約はしたけども これからどんな流れになるの?? 契約後のコストアップは大丈夫かな? まだまだ不安ですよね。。 この記事を書こうと思ったきっかけ...

 

 

 

 

他人任せもダメ

人のせいにばかりするのも✖です

 

全ての事象は自分が招いています

その位の気持ちでいましょう

 

そして自分自身も努力して

情報収集や勉強しましょう

 

いくら設計が優秀でも

お客様の頭がガチガチだったら

良い住まいになっていきません

 

家づくりの固定観念を取っ払え!家づくりの当たりまえ体操
今回はちょっとコメディーなタイトル 家づくりの当たり前体操です!! 家づくりをしていると 色々な固定観念に襲われます そしてそのまま流されることが多いです これはお客様に限らず 提案する側...

 

 

 

 

相談する相手も重要

不安になる気持ちは分かります

意見を求めたくなる気持ちも分かります

安心したくなる気持ちも分かります

 

ですがそこの求め方も間違うと

ただの多数派に流れる結末や

自分らしさのない選択になります

 

誰に意見を求めるかは

案外重要です

 

不安になる家づくりにおいて誰にどのように意見を求めるべきか
家づくりは人生において 一大イベントです 殆どの方が買い替えがきかないうえに 大金となるので不安な気持ちになります 故に大変悩まれる方が大半です そんな心理状況に陥った時に どのように判断...

 

 

 

 

積極的に出会いを求める

人のせいばかりにせずに

自分のアンテナをはるのも大事です

 

アンテナをはっていると

良い出会いの確率も上がります

 

設計士で家づくりが決まる! 自分達に合った設計士と出会う方法
家づくりの大半は営業マンで決まる!! 常々そう言っております その営業マンがバトンをつなげる相手 それが設計士になります!! 契約までに営業がプランすることもあれば 設計士が登場してくれるパター...

 

 

 

 

営業マンにもタイプがある

営業マンにはタイプがあります

結局は人間です

 

血液型によって傾向があるように

(私は血液型診断信じる方です(笑))

営業マンにも大まかなタイプがあります

  • 契約がエクスタシーなタイプ
  • 家づくりが好きなタイプ
  • お金に興味があるタイプ
  • トークが上手なタイプ
  • 口下手なタイプ
  • 展示場べったりタイプ

どれがいい悪いではないですが

自分の担当者が

どのタイプかは理解しておきましょう

 

住宅営業マンのタイプを紹介 自分に合ったタイプはどのタイプ?
営業マンには色々なタイプがいます 常々言っておりますが 所詮はみんな人間です 個性豊かな人の集団です 営業マン一人ひとり個性があります そして家づくりの場合 その営業マンの個性が大...

 

 

 

 

 

立場は対等

お金を支払う立場なので

ついつい傲慢になりがちですが

家づくりは対等だと思います

 

請負契約になるので

契約する側もリスクを背負います

 

一緒に家づくりしたくない方とは

こちらからも断ることだってあります

 

私も合わない時や

私が担当じゃない方がいい場合は

距離を置くか別の担当を紹介します

 

家づくりにおける営業マンとお客様の立ち位置と関係性について
今回の記事は家づくりにおいて 営業マンとお客様の立ち位置と 関係性についてです この記事を書こうと思ったきっかけが 私がTwitterで交流している ハイムオーナーの八郎さんのラジオです! ...

 

 

 

 

SNSを介してつながれる

便利な時代になりました

 

今までは展示場が窓口でしたが

今はSNS等を通じて

良い担当者を紹介してもらったりできます

 

私がつなげたご縁で

実際に家づくりがスタートした方もおられます

 

紹介するのもプレッシャーですが

飛び込みで展示場に行くよりは

格段に可能性は高いです

 

SNSでつながる人と人 良い家を建てたいお客様と良い営業マン
今回の記事で94記事目です!! もうすぐ節目の100記事目を迎えれそうです これも応援してくださっている 皆様のエネルギーのおかげですm(__)m 4月15日からコロナ自粛を利用して開始 約50...

 

 

 

 

要望の伝え方も重要

担当者への要望の伝え方も

案外重要な要素です

  • マッチ
  • ベター
  • ベスト

をしっかりと家族内で話合って

その内容を伝えましょう

 

全て叶えてほしいで伝えると

敷地を活かしてない

へんてこりんな家になります

(ご用聞きな営業マンが多いのが事実)

 

家づくりを成功させる為の上手な要望の伝え方
今回は家づくりを開始される方にとって 意外と重要な内容です そして殆どの人が全く意識はしない内容です 「家づくりの要望の上手な伝え方」 これは提案する我々にとっては とても感じるポイントです ...

 

 

 

 

住宅営業の方へ

このブログは案外

住宅営業マンの方も見ています(笑)

同じ会社の人間も見ています(^^;

 

 

今回の内容は

そういった同じ立場の人に対しても

発信したい内容と現状です

 

こうやってSNSが発達して

情報発信できるようになったので

全国のお客様がこの情報に触れれます

 

今まで点でしかできなかった私の動きが

全ての方に伝わります

 

つまりは全ての営業マンが

私自身とも比較されるということです

(私も他の人の情報と比較されます)

 

コメントを頂くお客様からも

そういう内容が多いです

 

  • 俺のお客様だとか
  • 接客していいお客様だったとか
  • 登録しているからとか

もうそんなこと言ってる時代じゃないです

 

お客様から選ばれる人間かどうか

担当者として信頼されるか

お客様の為になれる人間なのか

今一度その価値が必要です

 

 

 

要望通りが全てではない

要望通りしかできない営業に

もはや価値はないと思います

 

AI様が発達してきて

そのポジションは奪われるでしょう

 

商品説明はロボットで十分です

(今でもiPadが説明してくれてます)

 

ロープレして商品説明して

それだけを磨いていても

これからの時代は生き抜いていけません

 

お客様のご要望をそのまま間取りにしていくとコスパが悪い建て方になる
今回は家づくりのコスパについてです 大体の方が予算オーバーになってしまいます ご要望をそのまま形にすると コスパの悪い建て方になります ほぼ100%予算オーバーになります。。 ・なので何かを変化...

 

 

 

 

お客様の可能性を決めつけない

・この人はセンスがないとか

・オシャレじゃないからとか

・予算がないからとか

 

お客様の可能性を

勝手に決めないで欲しいです

 

欲しいと思ったら決めますし

お客様の知らない世界があります

 

扉を開けてみたら

案外よかったこともあります

 

注文住宅を提案する側がお客様の可能性を勝手に決めつけるな!!
いつも施主力が大事と言ってますが 今回は目線を変えて 提案する側のスタンスの重要性です 提案する側がお客様の可能性を決めるな! 勝手に決めつけた提案をするな!! というお話です お客様がこ...

 

 

 

 

施主力を育てるのは営業です

良い家が建つかどうかは

お客様が本来持っていた力もありますが

施主力をいかに育てるかが大きいと思います

 

それを一番できる立場なのが

営業マンの役目です

 

元々センスがいい人でないと

オシャレな家ができないと言うなら

それはあなたの力量不足です。。。

 

いい家づくりをする為に施主が意識すべき力「施主力」について
今回は超絶メンタル的なお話です 私が常日頃強く意識しているやつです そう!!! 「施主力」についてです!!! 家づくりの成功には施主力は必須です むしろこれさえあれば 家づくりは成功すると...

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

何やら話が膨らんでしまいましたが

言いたいことを

つらつらと述べましたm(__)m

 

あくまで私の主観ですので

賛同できない部分もあるかもです

 

家づくりは一通りではないので

それでいいと思います

 

とにもかくにも

担当者は大事なので

担当者選びに全力使って下さい

言いたいことはそれが一番です

 

家づくりを楽しみながらしましょう

苦しみながら悩みながらは✖です

 

自分の気持ちに正直に!!

 

 

目指せ10位以内!!!!!!!

応援とポチっとお願い致しますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

皆様の応援が地味に励みになってますm(__)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

計画中ランキング

 

 

皆様の建築エリアにおいて
良い営業マンを紹介してほしい方は
気軽にコメント下さいm(__)m

その他お勧めの建築会社や工務店に対するお悩み等
客観的にアドバイスいたします
何なりとご相談下さいm(__)m

 

お問い合わせはコチラ

    コメント